読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015

ユリイカ 2015年1月号 特集=ゴダール2015
電子書籍版
価格 1404円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 238
販売開始日 2015/12/11
紙書籍版 取り扱い中

2015年1月、ゴダール最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開!!

ゴダール初の長篇作品『勝手にしやがれ』から半世紀以上が経過し、
この度、最新3D作品『さらば、愛の言葉よ』が公開される。
ゴダール以上に映像の可能性を試し、示し続けて来た作家はいないのではないだろうか。
進化をつづける映画の巨匠、ゴダールの批評精神に迫りたい。

蓮實重彦関連作品

阿部和重関連作品

  • 阿部和重の漫画喫茶へようこそ! 2160円
    作家 阿部和重
    出版社 講談社
    掲載誌 モアイ
    販売開始日 2019/07/14

    マンガ好きの小説家・阿部和重さんが喫茶室でコーヒーを片手にマンガについてしゃべりまくる。毎月100冊近く出版される「1巻」の中から、モーニング編集部チョイスの計201冊を読み、小説家ならではの、...

  • 映画覚書vol.1 1000円
    作家 阿部和重
    出版社 CTB
    販売開始日 2018/05/18

    タランティーノからゴダール、スピルバーグ、北野武、黒沢清らを同一の地平で論じ尽くす新世紀の映画批評を電子化。 1999年から2004年に発表された49編を収録。 (単行本に掲載されている対談は収...

  • IP/NN 阿部和重傑作集 540円
    作家 阿部和重
    出版社 CTB
    販売開始日 2017/11/10

    世紀の変わり目に書かれた2つの小説が、21世紀のテロルを予言する。 「インディヴィジュアル・プロジェクション」(1997年)と「ニッポニアニッポン」(2001年)、阿部和重の代表的傑作中編2作を...

  • ニッポニアニッポン 324円
    作家 阿部和重
    出版社 CTB
    販売開始日 2017/11/10

    21世紀の始まりを告げる、戦慄のテロ文学! 地元を追い出され東京でひとり暮らしする17歳の少年・鴇谷春生(とうやはるお)は、日夜インターネットを渉猟し、トキに関する情報を集めていた。種の保存のた...

  • アメリカの夜 324円
    作家 阿部和重
    出版社 CTB
    販売開始日 2017/11/10

    「重要なのは、いつおこるともわからぬ闘争へむけて自身を鍛えぬくことだ」 文学の最前線を疾走する芥川賞作家・阿部和重のデビュー作、ついに電子化! 映画学校出身の若者・中山唯生(ただお)は、フリー...

  • インディヴィジュアル・プロジェクション 324円
    作家 阿部和重
    出版社 CTB
    販売開始日 2017/11/10

    21世紀のテロルを予言する、世紀末のアクションノベル! 東北の田舎町のスパイ養成道場・高踏塾、その解散から半年が経ったころ、元塾生たちの命が次々に危機にさらされる。渋谷の映画館で映写技師をする元...

四方田犬彦関連作品

  • ゴダールと女たち 756円
    作家 四方田犬彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/14

    B級映画への傾倒、読書量の多さ、卓抜した引用力、そして女優との交渉術......。唯一無二の天才の魅力を全角度分析!

  • ユリイカ 2015年3月臨時増刊号 総特集 150年目... 1728円
    作家 高山宏 巽孝之 柴田元幸 四方田犬彦
    出版社 青土社
    販売開始日 2015/12/11

    世界中で一番親しまれてきたファンタジーは、少年少女の愛読書というジャンルを破り、さまざまにアリス現象として全世界の隅々に広まっていった。人間の深層の様々な夢・欲望・恐怖を表わし、映像・マンガ・美...

  • 怪奇映画天国アジア 2376円
    作家 四方田犬彦
    出版社 白水社
    販売開始日 2013/11/29

    怖くなければ映画じゃない!? インドネシア、タイ、マレーシア、シンガポール、カンボジアなどの怪奇映画史、恐怖と身体の政治性、アニミズム的精霊信仰との関係を解く。渾身の書下ろし!

  • 人、中年に到る 1512円
    作家 四方田犬彦
    出版社 白水社
    販売開始日 2013/10/25

    足の速さを競う時期は過ぎた。これからは少しずつ生き方に緩やかさを与え、しだいに無為の方へと身を向けさせるべきなのだ......ありのままの思念を綴る、四方田版『随想録』。書下ろし!

牧村朝子関連作品

溝口彰子関連作品