読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ユリイカ 2015年9月号 特集=男の娘-“かわいい”ボクたちの現在

ユリイカ 2015年9月号 特集=男の娘-“かわいい”ボクたちの現在
電子書籍版
価格 1404円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 229
販売開始日 2015/12/11
紙書籍版 取り扱い中

メディアの中、そして街中いたるところに、<男の娘>がいる!!

〈男の娘(おとこのこ)〉――『ストップ!!ひばりくん』から『変[HEN]』、『ハヤテのごとく』...
マンガやゲーム、さまざまなフィクションに描かれてきた
“少女に見まがうばかりの少年キャラクター”に対して用いられてきた呼称は
今日、より現実的な領域におけるスタイルとしても多面的に実践されるようになっている。
コスプレなどのパフォーマンスや祝祭的な女装イベントを通して趣味と実存を彫刻していくそのありかたは、
あるいはこれまでの「女装」という行為の一面を書き換えることになるかもしれない。
源流としての神話や歴史、コンテンツに現れる表象の分析、創作者たちの対話から
〈男の娘〉をめぐるまなざしとその営為に迫る。

ふみふみこ関連作品

秀良子関連作品

幾夜大黒堂関連作品

三橋順子関連作品

  • 女装と日本人 864円
    作家 三橋順子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/16

    ヤマトタケルの時代から、著者自らが身を置いた新宿の夜の話まで、女装を軸に日本文化史を読みなおす。

  • 女装と日本人 864円
    作家 三橋順子
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社現代新書
    販売開始日 2015/03/27

    ヤマトタケルの神話、中世の女装稚児、歌舞伎の女形、江戸の陰間、現代のニューハーフ......。 なぜ私たちは性別を越えたものに心ときめくのか? "女装"を軸に日本文化史を読み直す。(講談社現代新書)