読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

赤い炎~家康側近本多正純の誤算~

赤い炎~家康側近本多正純の誤算~
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2016/02/19

天下人徳川家康の側近として権勢を誇っていた本多正純は、家康の死後、二代将軍秀忠に老中として迎え入れられる。しかし、幕閣には秀忠の信頼厚い土井利勝がいる。駿府での家康側近時代の正純はこの利勝を赤子の手をひねるがごとくに抑えつけてきたが、江戸城内での利勝はかつての利勝ではなかった。したたかな策士に成長していた利勝は、正純の正論を飄々とかわしながら、他の幕閣の声を巧みに吸収して我が意のままに政事を動かしていく。徐々に焦りを感じていく正純。行く末に不安を覚えながらも、これまでの己の行状を顧み、幕府のこれからに思いを馳せる。正純は、利勝の手腕に支えられた秀忠の狂気、キリシタン五十二名を火刑に処して平然としている冷酷な振る舞いに危険を感じる。比叡山の僧兵を焼き討ちにした信長。秀頼誕生後に養子秀次一族を処刑し、その一方で茶人千利休を自害させた秀吉。鉱山採掘に力を発揮した大久保長安の謀叛を疑い、その死後、一統を厳罰に処した家康。己の力で頂点を極めた信長、秀吉、家康の三人のそのいずれにも常人を超えた狂気が秘められていたが、その狂気は正純にとっては理で解けるものだった。しかし、策士の利勝が側近として仕える凡才秀忠が図らずも見せた狂気は正純の予測を超えた道理なき狂気だった。そんな危ない将軍でも全力で支えなければならないのが幕閣の役目なのか。理を説き正論を吐く正純に対して巧妙な罠が仕掛けられる。仕掛け人は土井利勝か、それとも家康の死後に発言力を増している老獪な大僧正天海か。最後に、宇都宮城御成御殿釣り天井事件の謎が明かされる。前作『青い瑕~天下人徳川家康の悔恨~』と併せて読むと興味と面白さが倍加する。

枯木灘夫関連作品

  • 青い瑕~天下人徳川家康の悔恨~ 440円
    作家 枯木灘夫
    出版社 島燈社
    販売開始日 2012/10/01

    妻子を殺さなければならなかった徳川家康の悔恨を縦軸に、二代将軍秀忠の側近土井利勝の心理葛藤を横軸に活写した異色時代小説。多くの人間を死なすことで生きながらえてきた家康と秀忠時代の未来を展望する利...

  • 躍る古文書~苦い確執~ 660円
    作家 枯木灘夫
    出版社 島燈社
    販売開始日 2012/10/01

    幼馴染みの2人。ひとりは日本の最高峰の大学を出て、いまは有名私大の文学部教授、専門が江戸元祿期の松尾芭蕉の研究で知られている小西。すでにテレビでも馴染みの顔になっている。もうひとりの浜木は、多様...

島燈社関連作品

  • ドクターいわくらの龍宮城探検記 770円
    作家 鈴木旭
    出版社 島燈社
    販売開始日 2019/07/12

    古代山岳祭祀遺跡の研究に半生を捧げてきた著者が挑んだ与那国島海底遺跡調査の全容を記したのが本書。ベストセラー『神々の指紋』で知られるグラハム・ハンコック氏らと協力し合いながらも、長年にわたる磐座...

  • ピラミッド黙示録 (1~2巻) 770円
    作家 鈴木旭
    出版社 島燈社
    販売開始日 2019/01/25

    日本史、世界史を問わず、歴史上の人物解析に独自の視点をもち、その明快な論理構成には定評のある著者がライフワークのひとつにしてきた古代山岳祭祀遺跡の研究。たったひとつの岩石に刻まれている謎の絵文字...

  • 静かなるボクサー 880円
    作家 稲積魁太
    出版社 島燈社
    販売開始日 2015/02/13

    圧倒的なスケールで描くボクシングを超えた究極のボクシング小説、壮大な人間ドラマ。これまでに8戦闘いながら未だKO勝ちのない高木正弘。相手を力で制する前にディフェンス技術を完璧にさせようというジム...

  • 漂流する日本人、行き詰まる人類 1100円
    作家 鰆木周見夫
    出版社 島燈社
    販売開始日 2014/03/14

    2011年3月11日の大地震大津波による福島第一原発の事故が日本人ひとりひとりにもたらした詰問――本当に原発は必要なのか。世界で唯一の被爆国日本、広島・長崎の悲惨さを知る国がなぜ、原発大国に突っ...

  • 哲学の可能性~哲学で何が救えるか? 880円
    作家 鰆木周見夫
    出版社 島燈社
    販売開始日 2014/03/14

    3・11以降の日本は、いったいどこに行こうとしてきたのだろうか。遅々として進まない被災地の復興、収束しない福島第一原発の事故処理、出口が見えない核廃棄物の最終処理問題、暴走しはじめたかに見える政...

  • 三途の川は大洪水! 660円
    作家 きくち恵
    出版社 島燈社
    販売開始日 2013/03/01

    爆笑・苦笑・憤怒・哀切......そして唯我独尊。約20年前の1992年に出版され、多くの読者の共感を呼んだ話題のエッセイ集の電子書籍化。〈いまなお違和感を覚えずに読めるもの〉〈当時の時代背景が...

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    平蔵 1801円
    作家 逢坂剛
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2020/01/24

    殿のご母堂は、ご存命なのでございますか? 悪い奴は誰も、その男の顔を知らない――。 「鬼平」へのオマージュをこめて描く逢坂版〈火付盗賊改・長谷川平蔵〉シリーズ。 長谷川平蔵は父・宣雄の庶子であ...

  • 新着!
    赤壁の宴 715円
    作家 藤水名子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    後漢末、群雄割拠の時代。中原の覇をかけ赤壁の戦いが...、孫策と周瑜の若き2人の獅子を叙情深く見事に描ききった「三国志」絵巻!

  • 新着!
    山本周五郎 作品集 (1~17巻) 110円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2020/01/24

    時代小説の名手、山本周五郎が描いた人情話の傑作集。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 新着!
    天正十年夏ノ記 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    神の座に就こうとする信長との交渉役を務めた天皇の秘書官の目を通し、未曾有の動乱期を生き抜いた天皇と公家を描く渾身の歴史小説。

  • 新着!
    軍師 官兵衛 (1~2巻) 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    播磨の田舎大名の家臣だった黒田官兵衛。織田信長の下に伺候した彼は、荒木村重と羽柴秀吉に出逢い運命を切り拓くべく秀吉に賭けた!

  • 新着!
    御家の狗 715円
    作家 岳宏一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    莫大な富をもたらした金山奉行・大久保長安、鬼謀をめぐらした本多正信・正純父子...家康の天下盗りはこの漢(おとこ)たちが支えた!

  • 新着!
    異説幕末伝 柴錬立川文庫・日本男子物語 660円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    動乱の幕末、己の意志を貫いた反骨たちの、爽快な「覚悟の人生」を、奇想天外な着想で描く。時を忘れるほどの面白さ、柴錬巷談。

  • 新着!
    夜明け前の女たち 990円
    作家 童門冬二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    幕末維新期は、女性の活躍が目覚しい時代。動乱の世をたくましく果敢に凛々しく生き、近代日本の礎を男とともに築き上げた女の群像。

  • 新着!
    はぐれ長屋の用心棒 (1~47巻) 506円671円
    作家 鳥羽亮
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    鏡新明智流の遣い手、華町源九郎は家督を息子に譲り、自由気儘な長屋暮らし。ある日なにやら訳ありの迷い子を連れてきたことから、五千石のお家騒動に巻き込まれることになる。

  • 新着!
    おれは一万石 (1~11巻) 528円671円
    作家 千野隆司
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    一俵でも禄高が減れば旗本に格下げになる、ぎりぎり一万石の大名家に婿として入った十七歳の若者が、失敗を繰り返しながらも奮闘し、家臣や領民と徐々に心を繋げて藩政を立て直してゆく。待望の新シリーズ!

  • 新着!
    照れ降れ長屋風聞帖〈新装版〉 (1~2巻) 550円715円
    作家 坂岡真
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/01/24

    日本橋魚河岸と背中合わせの、履物屋と傘屋がひしめく照降町。九尺二間の貧乏長屋に仲人稼業のおまつ、連れ子のおすずと肩寄せ合って暮らす浅間三左衛門は一見冴えない痩せ浪人だが、元は上州七日市藩士、しか...

  • 新着!
    びいどろの城 715円
    作家 白石一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/01/24

    平賀源内は、交易をめぐって幕府を無視する長崎へ田沼が送りこむ隠密。江戸時代随一の都会であった長崎をユニークに描き込む野心作。