読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ねうねう さんぽキャッツ編

ねうねう さんぽキャッツ編
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 105
販売開始日 2016/03/18

2005年、晩秋。モモがこの世を去った。モモとは小学生の頃に飼っていたウサギである。元々、家には2羽のウサギがいた。彼らを襲うことから、猫との接触は避けるようにしていた。

モモが去って1ヶ月、玄関に見知らぬ猫がいた。それが後のエマである。エマが来るようになってから、沢山の猫が家に集まるようになり、避妊去勢手術を施し、10匹は里親に出した。エマと寅之介は貰い手が見つからなかったため、家に入れた。今では宝もののような存在になっている、猫との生活を収めました。

登場人物
エマ(白黒ハチワレ/♀)
寅之介(白サバハチワレ/♂)
ビスケ(白サバ/♀)

大橋瑠利子関連作品

百葉舎関連作品

「写真集」カテゴリ