読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なぜ今、シュンペーターなのか

なぜ今、シュンペーターなのか
電子書籍版
価格 1564円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2020/02/21
紙書籍版 取り扱い中

ケインズと並んで、20世紀を代表する経済学者の一人であるシュンペーター。
20代にして独自の経済理論を打ち立てたこの天才は、経済学だけではなく、
現代の経営の最重要事項である「企業家」「イノベーション」をはじめ、
「創造的破壊」といった画期的な概念を、100年も前にその経済理論の
中核として位置づけました。

その考え方はピーター・ドラッカーに継承され、スティーブ・ジョブズのような
現代世界を変えた優れた起業家によって具現化されています。

▼グローバル企業の成長原理を解き明かす「イノベーションの授業」

シュンペーターは、経済学者としては、ウィーン大学から
ドイツの名門・ボン大学を経て渡米。
ハーバード大学での教え子はサミュエルソン、ガルブレイス、ソローなど、
現代経済学における大家やノーベル賞受賞者たちを数多く輩出しました。

著者は、KFC、ペプシ、ナイキやLVMHゲランなど4社の外資系企業の
日本法人トップを務め、現在はFiNCやCreww、エアウィーヴなど、
注目のスタートアップ企業数社の経営に携わっています。

本書は、実務家としてシュンペーターの著作を読み解き、ドラッカーの
マネジメント論に継承された考え方を、クリステンセンの指摘した
イノベーションのジレンマを見事に克服したジョブズが残した足跡を、
シュンペーターの指摘した原点と対比させながら、その本質をより深く
掘り下げたものです。

今日ではマネジメントの重点が、「モノ」や「カネ」から「ヒト」へ、
管理中心からイノベーション中心へ大きくシフトしています。
そのため、かつてないほど自律的な個人の創造性が重要視されるように
なったのが今日の経済社会なのです。

本書では、シュンペーターを中心とした先人たちの足跡などをたどりながら、
「イノベーション」の本質を探ります。
いわば経営者・ビジネスパーソンに向けた「イノベーションの授業」です。

本書で、これから先の時代を見通す強力な「武器」を身につけてください。

秋元征紘関連作品

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)関連作品

「自己啓発」カテゴリ