読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

私の少年時代

私の少年時代
電子書籍版
価格 1045円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2016/07/08
紙書籍版 取り扱い中

黄金時代――著者自身がそう呼ぶ「光りかがやく子ども時代」を飾らない筆致で回想する作品群。オリジナル編集のエッセイ集。飛行船、夢遊病、昆虫採集、替え歌遊びなど、エピソード満載の思い出箱。

澁澤龍彦関連作品

  • サド侯爵の生涯 新版 1540円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/09/30

    『悪徳の栄え』の著者、サディズムの祖として知られるマルキ・ド・サド。この公序良俗に対決しつづけたフランス貴族の生涯を、誕生から性的醜聞、幽囚生活、孤独な晩年まで描ききる。無理解と偏見に満ちたサド...

  • 快楽主義の哲学 612円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    人生に目的などありはしない‐‐すべてはここから始まる。 曖昧な幸福に期待をつないで自分を騙すべからず。 求むべきは、今、この一瞬の確かな快楽のみ。 流行を追わず、一匹狼も辞さず、世間の誤解も恐れ...

  • エロティシズム 858円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    「快楽の欲求」に動かされる「人間の性的活動」。その狂気の世界を渉猟し冒険した軌跡。

  • 少女コレクション序説 748円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    「可憐な少女をガラス箱にコレクションするのは万人の夢であろう」。多くの人々が「少女」に抱いた情熱にまつわる思索。

  • エロス的人間 748円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    「太古の闇のなかの恐怖をそのまま現代に持ってきたかのような、社会生活をおびやかす暗い力」エロティシズムへの考察。

  • 高丘親王航海記 784円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/10/02

    澁澤龍彦没後30年。遺作となった伝説の傑作幻想小説が、いま新たな装いで! 平城天皇の皇子に生まれ、嵯峨天皇即位すると皇太子に立てられるも、父上皇と天皇との諍い(薬子の変)により廃された高丘親王...

河出文庫関連作品

  • 魚の水(ニョクマム)はおいしい 食と酒エッセイ傑作選 968円
    作家 開高健
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/26

    「大食の美食趣味」を自称する著者が出会ったヴェトナム、パリ、中国、日本等。世界を歩き貪欲に食べて飲み、その舌とペンで精緻にデッサンして本質をあぶり出す、食と酒エッセイ傑作選。

  • 非色 990円
    作家 有吉佐和子
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/19

    待望の名著復刊!戦後黒人兵と結婚し、幼い子を連れNYに渡った笑子。人種差別と偏見にあいながらも、逞しく生き方を模索する。アメリカの人種問題と人権を描き切った渾身の感動傑作!

  • さざなみのよる 660円
    作家 木皿泉
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/19

    小国ナスミ、享年43。息をひきとった瞬間から、彼女の言葉と存在は湖の波紋のように家族や友人、知人へと広がっていく。命のまばゆいきらめきを描く感動と祝福の物語。2019年本屋大賞ノミネート作。

  • 世界の見方が変わる「数学」入門 858円
    作家 桜井進
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/12

    地球の大きさはどうやって測った? そもそも「小数点」とは? 「集合」が現代に欠かせない理由とは? ......素朴な問いから、知られざる女性数学者の生き様まで、驚きに満ちた数学の世界へ案内します。

  • 論語物語 880円
    作家 下村湖人
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/05

    論語を短い物語にするユニークな手法で、80年以上読み継がれてきた超ロングセラーが、大幅に読み易くなってよみがえる。全ての現代人にとって座右の書となる論語入門の最高峰。解説=齋藤孝。

  • JR品川駅高輪口 814円
    作家 柳美里
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2021/02/05

    全米図書賞を受賞しベストセラーとなった『JR上野駅公園口』。受賞作と同じ「山手線シリーズ」として書かれた河出文庫『まちあわせ』を新装版で刊行。居場所のない少女の魂に寄り添う傑作。

「エッセイ・雑学」カテゴリ