読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

静かな炎天

静かな炎天
電子書籍版
価格 754円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2016/09/23
紙書籍版 取り扱い中

有能だが不運すぎる女探偵・葉村晶シリーズ第4弾。
苦境にあっても決してへこたれず、ユーモアを忘れない、史上最もタフな探偵の最新作。
〈甘いミステリ・フェア〉〈サマーホリデー・ミステリ・フェア〉〈風邪ミステリ・フェア〉〈学者ミステリ・フェア〉〈クリスマス・ミッドナイトパーティー〉など、各回を彩るユニークなミステリの薀蓄も楽しめます。
好評の「富山店長のミステリ紹介ふたたび」も収録。
解説は大矢博子氏。

【目次】
「青い影~7月~」......バスとダンプカーの衝突事故を目撃した晶は、事故で死んだ女性の母から娘のバッグがなくなっているという相談を受ける。晶は現場から立ち去った女の存在を思い出す
「静かな炎天~8月~」......かつて息子をひき逃げで重傷を負わせた男の素行調査。疎遠になっている従妹の消息。晶に持ち込まれる依頼が順調に解決する真夏の日。晶はある疑問を抱く
「熱海ブライトン・ロック~9月~」......35年前、熱海で行方不明になった作家・設楽創。その失踪の謎を特集したいという編集者から依頼を受けた晶は失踪直前の日記に頻繁に登場する5人の名前を渡される。
「副島さんは言っている~10月~」......元同僚の村木から突然電話がかかってきた。星野という女性について調べろという。星野は殺されており、容疑者と目される男が村木の入院する病院にたてこもっていた。
「血の凶作~11月~」......ハードボイルド作家・角田港大の戸籍抄本を使っていた男がアパートの火事で死んだ。いったいこの男は何者なのか?
「聖夜プラス1~12月~」......クリスマスイブのオークション・イベントの目玉になる『深夜プラス1』初版サイン本を入手するため、翻弄される晶の過酷な一日を描く。

若竹七海関連作品

文春文庫関連作品

  • 新着!
    夏の雷鳴 わるい夢たちのバザールII 950円
    作家 スティーヴン・キング 風間賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/22

    花火合戦に挑んだ酔っ払いの末路とは―― 新たなる黄金時代を迎えた「恐怖の帝王」が短編小説の才能をみせつける短編集その2。 滅びゆく世界を静かに見つめる二人の男と一匹の犬――悲しみに満ちた風...

  • 新着!
    マイル81 わるい夢たちのバザールI 1100円
    作家 スティーヴン・キング 風間賢二 白石朗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/22

    その車に近づいちゃダメ! 恐怖の帝王キングの短編集 廃墟となったパーキングエリアに駐まる1台の車。不審に思って近づいた者たちは―― キング流の奇想炸裂の表題作。この世に存在しない作品が読める...

  • 出世商人 701円
    作家 千野隆司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    遺されたのは借財、託されたのは店の再建 急逝した父が遺したのは借財まみれの小さな艾屋(もぐさや)。 再建を志した文吉は、荒波を乗り越え立派な商人へとなれるのか。 薬種問屋に奉公していた文吉は、...

  • 字が汚い! 750円
    作家 新保信長
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    50歳を過ぎても字はうまくなるのか? 世界初の「ヘタ字」研究にして、情熱と執念の右往左往ルポ! 自分の字の汚さに、今さらながら愕然とした著者は考えた。 なぜこんなに字がヘタなのか、50歳を過ぎ...

  • 野ばら 880円
    作家 林真理子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    宝塚の娘役・千花 名門一族出身のライター・萌 花の盛りのように美しい娘たちに忍び寄る、翳(かげ)りの季節 絢爛と頽廃。林真理子文学の名作! 「私たちって、ずうっと不幸にならないような気がしない...

  • 眠れない凶四郎(四) 耳袋秘帖 691円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    難事件解決後も、凶四郎はなお江戸の闇を巡り廻る 今度の魔物は一体何か? 妻殺しの一件はなんとか解決。 し かし凶四郎の不眠症は快癒しないまま、今日も暗闇の江戸の街を見回る。 奉行の根岸は闇の世...

「日本」カテゴリ