読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

信頼の腰痛・脊椎治療 ‐寝たきりリスク「ロコモティブシンドローム」を回避する! (希望の最新医療シリーズ)

信頼の腰痛・脊椎治療 ‐寝たきりリスク「ロコモティブシンドローム」を回避する! (希望の最新医療シリーズ)
電子書籍版
価格 869円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 128
販売開始日 2016/11/18
紙書籍版 取り扱い中

これからは、「筋肉量が寿命を決める」と言っても過言ではない時代である。周囲の人に「急に最近何か姿勢が悪くなったみたい」と言われたら、要注意!
最近特に増えている「成人脊柱変形」は、年相応の加齢による変化かな...と放置してしまいがちだが、背骨が曲がり始めると、筋肉で支えきれなくなり、6カ月から1年くらいで急激に悪化する場合があるので、専門医への受診が必須だ。
現在、75歳以上の人のほぼ3人に1人は、要介護認定者となっているが、要支援・要介護になる人の25%は運動器の障害で、脳卒中や痴ほう症より多い。
超・高齢化社会の中、寝たきりの未来にまっしぐらにならないために、本書紹介の『ノルディック・ウォーキング』をはじめ、筋力をつけて、いつまでも生き生き健康な人生を送ろう!
インタビューした久野木順一医師(日本赤十字社医療センター・整形外科センター長)は、脊椎外科手術のスペシャリストである。だからこそ、どうしたら手術しないで済むか、自分の足でずっと歩き続けることができるかなど、明快な解答が返ってきた。
腰痛の原因は15%しか分からないというデータがまことしやかにささやかれるが、優れた脊椎整形外科医は、痛みの原因9割以上を特定できるという。
骨盤と背骨のバランスは個人で違い、整形外科分野は想像以上にオーダーメイド治療を必要とし、名医は個人差を見極めることができる。整形外科分野で、何を指針としたら良いのか、その核心を聞いた。
平成19年に日本整形外科学会が提唱した言葉「ロコモティブシンドローム(ロコモ:運動器症候群)」は、加齢に伴う筋力の低下や関節や脊椎の病気、骨粗しょう症などにより運動器の機能が衰えて、要介護や寝たきりになってしまうなど、そのリスクの高い状態を表す言葉である。
寝たきりリスク7つのチェックポイントとは?
車椅子の人でも、指導を受ければ、手術せず歩けるようになる場合もあるという「ノルディック・ウォーキング」も紹介する。

桜の花出版取材班関連作品

桜の花出版関連作品

「家庭の医学」カテゴリ