読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

医者はどうしてたくさん薬を出すのか

医者はどうしてたくさん薬を出すのか
電子書籍版
価格 486円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2017/03/10
ファイル形式 epub

日本中にあふれる医療・健康の情報、その見分け方と裏のからくりを医師が本音で語る

私の外来に、他の医療機関で大量に薬を処方された患者がやって来る。中には、一度に10錠以上飲まなければならない患者もいる。「薬が多いですね。お医者さんに文句を言わないの」と聞いても、「そんなこと言えません」と困った顔をする。どうしてこんなことになってしまったのか...。
ジェネリック医薬品は得か損か、特定健診(健康診断)に意味はあるのか、なぜ大学病院の外来は患者であふれるのか、雑誌やテレビで紹介される「日本の名医」は本当か、トクホ食品とは一体何なのか、認知症患者の徘徊は抑制できるのか、インフルエンザ予防接種は受けるべきか...etc。開業医の立場から、日本の医療・健康の問題点をズバリ指摘する。電子オリジナル作品。

●米山公啓(よねやま・きみひろ)
1952年山梨県生まれ。作家、医学博士、神経内科医。聖マリアンナ大学医学部卒業、聖マリアンナ医科大学第2内科助教授を1998年2月に退職。本格的な著作活動を開始。現在もあきる野市の米山医院で診療を続けながら、医学ミステリー、小説、エッセイ、医療実用書など、280冊以上を上梓。テレビ・ラジオ番組の監修・出演をこなし、講演会も全国で行なっている。

米山公啓関連作品

  • AI時代に「頭がいい」とはどういうことか 896円
    作家 米山公啓
    出版社 青春出版社
    レーベル 青春新書インテリジェンス
    販売開始日 2018/10/03

    「頭がいい」常識が変わった! AIが碁や将棋で人間に勝利し、多くの仕事がAIに取って代わられようとしている時代。人間らしい「頭のよさ」とは何か? どんなにAIが進歩しても必要とされ続ける「頭のよ...

  • 病魔の棲む街 486円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2018/02/02

    日常生活でよく起きる体調不良......しかしその“症状”は仕組まれたものだった!?

  • 脳がみるみる若返るぬり絵 (1~4巻) 972円
    作家 米山公啓
    出版社 西東社
    販売開始日 2018/08/07

    ★★脳を効果的に鍛えます!★★ 脳科学にもとづいた、脳が活性化する塗り絵本! 効果的に脳を鍛えることができる工夫が満載の1冊です。楽しみながら知らず知らずのうちに脳が健康になっていきます。 認知...

  • 医者を忘れて大航海 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    医者が見たワールドクルーズの意外な真実とは? 大学病院を辞めたDr.米山は、世界豪華客船の旅へ出る。楽しいはずの夢の航海が、塩辛いディナーと忙し過ぎるツアーの連続で一転、持ち前の好奇心がうず...

  • 神経内科へ来る人びと 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    “脳”を抱えた珍妙な患者さんが訪れる不思議な診察室 偏頭痛・パーキンソン病・失語症・脳梗塞・ヘルペス脳炎など、さまざまな症状の人びとが訪れる神経内科。脳や神経の治りにくい病気で悩みを抱える患...

  • 人はどうして痩せないのだろう 378円
    作家 米山公啓
    出版社 アドレナライズ
    販売開始日 2017/06/02

    体重が気になり始めた医者が8種類のダイエットに挑戦! 診療、講演、執筆を忙しくこなす現役医師。気がつけば体重の増加著しく、メタボリック症候群が気になり始めた。患者には痩せた方がいいですよと言...

アドレナライズ関連作品

「家庭の医学」カテゴリ