読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

大田舎・東京 都バスから見つけた日本

大田舎・東京 都バスから見つけた日本
電子書籍版
価格 1201円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 288
販売開始日 2017/06/22
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

もしかして、東京を「大都会」だと思っていませんか......?

気鋭の社会学者が、地上2.3メートルの
“ちょっとだけ上から目線”で綴る、東京=日本論。

バスの窓から見つけた、東京の秘密100。
小池百合子都知事との対談も収録


【東京には、こんな秘密が隠されていた!】
六本木はまるでスラム街/セーラームーンの舞台は、麻布十番/スカイツリーにはお墓が似合う/ポケモンGOが伝える悲惨な東京史/池袋は埼玉の植民地である/浅草も千住も「下町」ではなかった/高齢者だけが使える秘密の都バス年間パスポートがある/地方出身者が西東京に住む理由/新宿はかつて上野にバカにされていた/心霊を気にしていたら東京には住めない/東京の街の色は、ほとんどが看板の色だった/等

僕は数々の都バスに乗ることで、東京を「ちょっとだけ上から目線」で堪能してきた。その記録が、本書ということになる。(中略)結果、たどり着いたのが「東京のほとんどが田舎である」という仮説だ。「田舎」というのには二つの意味がある。一つは、見た目としての「田舎」。二つ目は気質や制度とし ての「田舎」だ。
(はじめにより)

◯著者プロフィール
1985年東京都生まれ。専攻は社会学。日本学術振興会「育志賞」受賞。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。内閣官房「クールジャパン推進会議」メンバー、朝日新聞信頼回復と再生のための委員会外部委員などを歴任。著書に『希望難民ご一行様』(光文社新書)、『絶望の国の幸福な若者たち』『誰も戦争を教えられない』(講談社)、『だから日本はズレている』(新潮新書)、『保育園義務教育化』(小学館)など多数。

古市憲寿関連作品

文春e-book関連作品

  • 壇蜜日記 1000円
    作家 壇蜜
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    2017-2018冬 私はあさましく品がないが幸福者だ 2018春 欲望は抑えると、脇から形を変えてはみ出てくる。 2018夏 仕事の趣は必ず顔や考え方に出てくると思っている。 2018秋 独り...

  • 跳ぶ男 1401円
    作家 青山文平
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    能でしか生きられない男と、能でしか活路を見いだせない小藩。 藩の命運をかけ、少年は舞った。直木賞作家の新たなる代表作 藤戸藩の道具役(能役者)屋島五郎の長男として生まれた剛は、幼い頃に母を亡く...

  • この先をどう生きるか 暴走老人から幸福老人へ 1099円
    作家 藤原智美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/12

    いきなり「人生百年時代」と言われても......。立ちすくむ老人予備軍に、ベストセラー『暴走老人!』の著者が、「暴走老人化」せずに孤独と向かい合う術を伝授する。 序章は、現代の神話化した「人生...

  • 幽霊解放区 781円
    作家 赤川次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/11

    赤川ミステリーの世界を堪能できる、人気シリーズの第二十七弾が登場! 宇野と夕子が旅先のレストランで食事をしていると、“死んだはずの男”から「予約」の電話が入った。 この男は、かつて地元商店街会...

  • あなたがひとりで生きていく時に知っておいてほしいこと ... 1201円
    作家 辰巳渚
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/11

    生涯に渡り「自立」の大切さを訴え、不慮の事故で急逝した著者が 最後に我が子にむけて綴った「ひとり暮らし」のバイブル ミリオンセラー『「捨てる!」技術』(宝島社)でシンプルライフブームの先駆けと...

  • 安倍官邸 VS. NHK 森友事件をスクープした私が辞... 1500円
    作家 相澤冬樹
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/01/01

    なぜ放送されないんだ! 政権を揺るがす「森友事件」の報道の最前線で活躍したNHKのエース記者が突如退職した。何があったのか? 著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司...

「国内」カテゴリ