読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち

わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 1500円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2017/07/14
紙書籍版 取り扱い中

年間20万組超が離婚する現代――。ある日、子どもたちと会えなくなってしまった父親が急増している。彼らはなぜ子どもに会えなくなったのか? 男たちが歩むそれぞれの人生を、自身も当事者であるライターが描く。別れてから現在までのこの2年半の間にお会いした当事者の方々。彼らの声を集めたのが、この本である。本のタイトルを『わが子に会えない』としたが、今は会えている人、再び会えなくなった人も証言者に含めている。子どもに会えなくなった男たちとはいったいどのような人なのか。別れに至るまでにどのように出会い、子どもをつくり、そして別れたのか。そして別れた後、どんなことを思い、どのような人生を歩んでいるのか。善悪では計りきれない多くの人生、つまりはより多くの視座を伝えることで、“会えない”という現象に可能な限り接近したいと思っている。(本書「プロローグ」より)。『僕の見た「大日本帝国」』、『本で床は抜けるのか』の著者による最新作!

西牟田靖関連作品

PHP研究所関連作品

  • 新着!
    文蔵 611円660円
    作家 「文蔵」編集部
    出版社 PHP研究所
    レーベル 文蔵
    販売開始日 2019/12/06

    【特集】雫井脩介作品の魅力 ◎インタビュー 雫井脩介/全作品ガイド ほか 【新連載小説】諸田玲子「帰蝶」 【連載小説】火坂雅志「鬼神の如く」/篠田真由美「ホテル・メランコリア」/池永陽「向こうが...

  • 新着!
    シャルキュトリー フランスのおそうざい(池田書店) 1300円
    作家 渡辺麻紀
    出版社 PHP研究所
    レーベル 池田書店
    販売開始日 2019/12/06

    おうちで作れる! 楽しめる! フランス(特にパリ)のシャルキュトリーで出会える代表的なおそうざい56品とデザート6品をご紹介。

  • 新着!
    Voice (19~82巻) 713円840円
    作家 Voice編集部
    出版社 PHP研究所
    レーベル Voice
    販売開始日 2019/12/06

    安倍総理が進める「アベノミクス」の影響で円安・株高が定着。週刊誌には「安倍バブル」の言葉が躍る。日本経済はこれからどう動くのか。財政再建は大丈夫か、物価目標2%の導入で金利は上昇しないか。先行き...

  • 新着!
    月刊誌PHP 209円220円
    作家 PHP編集部
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/12/06

    2013年1月号では、女優の木の実ナナさんのインタビューをはじめ、辺境作家・高野秀行さんほかのエッセイで、つらいときの気持ちの保ち方について考えます。

  • 新着!
    パラアスリート 1400円
    作家 山田清機
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/12/06

    ビジネス、教育、家族......同じ人間として、参考になる知見が満載。他のメディアでは決して描かれないパラアスリートの素顔と本音を探る本格ノンフィクション。

  • 新着!
    墨龍賦 730円
    作家 葉室麟
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2019/12/06

    建仁寺の「雲龍図」を描いた男・海北友松。武士の子として、滅んだ実家の再興を夢見つつ、絵師として名を馳せた生涯を描く歴史長篇。

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ