読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

辰之介虎殺剣

辰之介虎殺剣
電子書籍版
価格 484円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 287
販売開始日 2017/07/28
紙書籍版 取り扱い中

不忍池の出会い茶屋に入りびたる自堕落な侍‐‐祝辰之介は、遊び人風の見かけとはことなり、隠密組織「十二支組」の一員である。十二支組は、将軍・吉宗直々の命によって動き、属する隠密たちには、ひとりひとりに干支の呼び名が与えられていた。数年前、ある商家が賊に襲われ、金品とともに、書き付けが盗まれる。探索を恐れた賊はそのまま行方をくらましたものの、その書き付けこそが、次期将軍候補の鍵となる重要な証「三日月」であった。賊がふたたび江戸に現れたという噂を聞きつけ、さっそく十二支組が動き出す。しかし一方で、先の政争に敗れた「尾張の虎」こと守屋甚八郎も、三日月奪還の機会を、虎視眈々と狙っていた......

聖龍人関連作品

コスミック時代文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ