読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

疫病神捕物帳

疫病神捕物帳
電子書籍版
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 318
販売開始日 2018/01/13
ファイル形式 epub

呑太の元に殺しの報が届いた。高利の金貸しが刺し殺されたという。五人の手先たちを駆使した聞き込みの結果、呑太にとって大恩ある岡っ引・銀造の孫娘の名が挙がった。衆人にはその冷酷かつ非常なお調べのためか“疫病神”と忌み嫌われる呑太だが、今は亡き銀造にだけは義理を欠いたことはない。恩人の孫娘――鬼の如き呑太の眼が光を増す(人を信じない男)。名匠渾身の傑作時代小説集。(『疫病神呑太』改題)

笹沢左保関連作品

徳間文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    御納屋侍 伝八郎奮迅録 594円
    作家 長辻象平
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/12/11

    時は元禄四年、親の代から浪々の身である鮎貝伝八郎は、竪川沿いの長屋に住む貧乏暮らし。そんな伝八郎の長屋に、突然初老の武家が訪ねてくる。尾張藩の家老稲葉主膳と名乗ったその男は、伝八郎を尾張藩で召抱...

  • 新着!
    砂塵燃ゆ (1~3巻) 926円
    作家 横山信義
    出版社 中央公論新社
    レーベル C★NOVELS
    販売開始日 2018/12/10

    “砂漠の狐”ことロンメルは、灼熱のアフリカに降り立った。要衝エル・アラメインを目指す独アフリカ装甲軍の前に、英軍歩兵戦車マチルダが立ちはだかる――新ロンメル伝説誕生!

  • 赤ひげ診療譚 (1~2巻) 216円
    作家 山本周五郎
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2018/12/07

    江戸時代、小石川養生所。長崎で修行した医師・保本登と、赤ひげとの対立と葛藤。やがて赤ひげの治療に対する熱き思いを知る。

  • おんなの城 751円
    作家 安部龍太郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    女には女の戦い方がある! 結婚が政略であり、嫁入りが人質と同じだった戦国時代。各々の方法で城を守ろうとした4人の女城主がいた。 美濃国・岩村城を守る信長の叔母珠子。能登国・七尾城で息子・畠山義...

  • 天下人の茶 720円
    作家 伊東潤
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2018/12/04

    絢爛豪華たる安土桃山文化の主座をしめていた茶の湯。その文化を創出した男・千利休と現世の支配者となった豊臣秀吉との相克は、利休が秀吉に切腹を命じられたことによって終わりを告げた。果たしてこの争いの...

  • 千姫 おんなの城 600円
    作家 植松三十里
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文芸文庫
    販売開始日 2018/11/30

    母・お江との別れ、夫・豊臣秀頼と姑・お茶々とのつかの間の幸せ。豊臣・徳川の絆となろうとした千姫の、波瀾万丈の生涯を描いた力作。

  • 関ヶ原 659円
    作家 岡田秀文
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2018/11/23

    天下の覇者・豊臣秀吉が死去したことにより起きた豊臣家の内紛。秀吉の恩に報いようと西軍をまとめる石田三成と、天下への野望を持つ東軍の徳川家康が激突。世に名高い関ヶ原の合戦を、秀吉の正室・寧々の視点...

  • 天璋院と和宮 570円
    作家 植松三十里
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2018/11/23

    幕末激動の時代。揺れ動く徳川将軍家の妻となった二人の女性、天璋院と和宮。彼女たちの波瀾万丈の人生と活躍を描いた歴史小説。

  • はやぶさ与力 飛翔剣 572円
    作家 藤村与一郎
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック時代文庫
    販売開始日 2018/11/17

    かつては南町の敏腕与力...いまは怪しい身代わり稼業。

  • 外道斬り 影法師殺し控 572円
    作家 和久田正明
    出版社 コスミック出版
    レーベル コスミック時代文庫
    販売開始日 2018/11/17

    人でなしは許せない!闇にはびこる悪退治。罪を犯した三人の運命が織りなす、情け無用の闇仕置き!

  • 安政三天狗 713円
    作家 山本周五郎
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2018/11/16

    鵜殿甲太郎は、吉田松陰の密命を帯び、尊皇討幕運動のさきがけとして陸奥に向かった。さらにもう一つの使命も託されている。甲太郎を仇として追う弟妹、同じく隻眼の少年剣士金太、さらに歴史を裏から操る山奥...

  • 憂き世店 松前藩士物語 616円
    作家 宇江佐真理
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2018/11/09

    鎖国体制がゆらぎはじめた江戸末期。浪人となった相田総八郎とその妻なみは、江戸・神田三河町の裏店に移り住む。個性豊かな長屋の住人たちや共に帰封を願う元松前藩士たちとの、貧しくも温かい暮らしを、丹念...