読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

結果を出すクレーム。店、企業、役所、病院、学校、職場、もう泣き寝入りしない!30分で読めるシリーズ

結果を出すクレーム。店、企業、役所、病院、学校、職場、もう泣き寝入りしない!30分で読めるシリーズ
電子書籍版
価格 550円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/01/12

さっと読めるミニ書籍です(文章量24000文字以上 32,000文字未満(30分で読めるシリーズ)=紙の書籍の50ページ程度)


【書籍説明】

世の中が世知辛いのか、それともギスギスしているのか、とかく腹の立つことも随分あります。

苦情のひとつも言いたい場面が数多くあるでしょうが、中々勇気をもって言いにくいものです。

特に、「クレーマー」という言葉が世間一般で言われるようになりましたので、「必要以上に文句を言い、クレーマーと呼ばれたくない」と思う方もいるかもしれません。

そもそも他人に「苦情を言う」ことがためらわれる人も多いでしょう。あるいは、クレームをつけたことで、過去に大きな失敗をした経験がある方もいるでしょう。

本書は、「クレームをつけるのが苦手な方」や、「クレームをつけるとついつい感情的になってしまい、失敗してしまう」という方を対象に、
「クレーマー」と呼ばれないで済むクレームのつけ方について説明します。

また、クレームをつけるということは、場合によっては相手と全面的に争うことになりますから、訴訟を意識する必要もあります。

そういった場合の対策も説明してありますので、ぜひ、ご覧ください。


【目次】
一章「クレーマー」とは?
二章「店・企業」に対して上手にクレームを入れるには?
三章「役所や医療機関、学校などの公的な機関へ上手にクレームを入れるには?」
四章「職場にクレームを入れたい場合は?」


【著者紹介】

北影伍朗(キタカゲゴロウ)

元教師。学校現場で長年培った経験や、生徒指導を通して身に着けた様々なテクニックなどから、
生きづらい世の中を渡るための知識を少しでもお届けできればと日々願っています。

本作は、様々な場面でクレームを入れたくなることがありますが、どうすれば適切なクレームを入れることができるのか?

クレーマーと呼ばれずに済むにはどうすればいいのか? を具体的な事例を交えて紹介しています。

北影伍朗関連作品

MBビジネス研究班関連作品

「インターネット」カテゴリ