読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

寅右衛門どの 江戸日記 殿様推参

寅右衛門どの 江戸日記 殿様推参
電子書籍版
価格 815円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 336
販売開始日 2018/02/09
紙書籍版 取り扱い中

人情時代劇を得意とする井川香四郎氏による文庫書き下ろしシリーズ
「寅右衛門どの 江戸日記」の第5巻にして完結編。

時は老中・松平定信の頃。
江戸の長屋にフラリと現れ居候となった「自称・改易された元お大名」の与多寅右衛門が、茫洋たる立ち振る舞いと、見掛けに似合わぬ腕っぷし、どこから知恵が出てくるの?という突拍子もない奇策で、長屋にまつわる大事件、小事件を解決していく痛快人情噺......と思いきや、物語は度重なる急展開。
実は寅右衛門は越後四条藩の殿様の「影武者」であったと判明。
とはいえ殿様同様の教養と武芸を身に着けた寅右衛門の活躍は江戸の評判になり、旗本から仕官の話が舞い込んだり、元の藩からの刺客に狙われたり。
やがて幕府の大物に見込まれ、なんと幕府の「若年寄」に抜擢、それに伴い武蔵滝山藩の藩主、つまり「本物の殿様」になってしまった、というのが前回までのお話。

最終巻でも、庶民に味方し理想を語る「型破りな若年寄」ぶりを発揮する寅右衛門だが、その行く手には「改革老中」を気取りながら増税ばかりを考える出世主義の上役、財政再建の「妙手」を引っさげ幕政に食い込もうとする胡散臭い事業家、財源もなしに大胆な救民政策を打ち出す野心家の勘定奉行......と、次々に難題が立ち塞がる。
さらに江戸の子供がさらわれる誘拐事件、消えた身代金、その裏に潜む幕閣内の抗争。
寅右衛門は、長屋時代の仲間たちの助けを借りて難敵に立ち向かう寅右衛門だが、そこに謎の女の影が!?

最終巻は、謎あり、活劇あり、人情あり、恋(?)ありと盛り沢山。
落語ファン、時代劇ファン、そして硬派な歴史ファンも楽しめること間違いなし。
寅右衛門どのの物語は、大団円を迎えることができるのか?


【目次】
第一話 月夜に提灯
第二話 流雲の如く
第三話 逢魔が富
第四話 殿様推参

井川香四郎関連作品

文春文庫関連作品

  • 表参道のセレブ犬とカバーニャ要塞の野良犬 791円
    作家 若林正恭
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    第3回斎藤茂太賞受賞! 選考委員の椎名誠氏に「新しい旅文学の誕生」と絶賛された名作紀行文。 飛行機の空席は残り1席――芸人として多忙を極める著者は、5日間の夏休み、何かに背中を押されるように一...

  • 眠れない凶四郎(四) 耳袋秘帖 691円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    難事件解決後も、凶四郎はなお江戸の闇を巡り廻る 今度の魔物は一体何か? 妻殺しの一件はなんとか解決。 し かし凶四郎の不眠症は快癒しないまま、今日も暗闇の江戸の街を見回る。 奉行の根岸は闇の世...

  • 字が汚い! 750円
    作家 新保信長
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    50歳を過ぎても字はうまくなるのか? 世界初の「ヘタ字」研究にして、情熱と執念の右往左往ルポ! 自分の字の汚さに、今さらながら愕然とした著者は考えた。 なぜこんなに字がヘタなのか、50歳を過ぎ...

  • 夢で逢えたら 850円
    作家 吉川トリコ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    女芸人×女子アナ、痛快シスターフッド小説! テレビ業界のお約束も、社会の理不尽も、笑ってぶっ壊せ!! 女芸人コンビ「Hi!カロリー」の真亜子は、容姿いじりに疲れた相方の引退で、ピン芸人となる。...

  • 出世商人 701円
    作家 千野隆司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    遺されたのは借財、託されたのは店の再建 急逝した父が遺したのは借財まみれの小さな艾屋(もぐさや)。 再建を志した文吉は、荒波を乗り越え立派な商人へとなれるのか。 薬種問屋に奉公していた文吉は、...

  • おもちゃ絵芳藤 850円
    作家 谷津矢車
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    第七回歴史時代作家クラブ賞作品賞受賞作。 江戸っ子に人気を博した浮世絵。絵が好きで、絵を描くこと以外なにもできない絵師たちが、 幕末から明治へと大きく時代が変わる中、西欧化の波に流され苦闘しな...

「日本」カテゴリ