読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ディレイ・エフェクト

ディレイ・エフェクト
電子書籍版
価格 1300円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 184
販売開始日 2018/02/07
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

いま最も注目されている宮内悠介が、時の流れをこえて、この世界の真実に迫る!
芥川賞候補作品。

いまの東京に重なって、あの戦争が見えてしまう――。
茶の間と重なりあったリビングの、ソファと重なりあった半透明のちゃぶ台に、曾祖父がいた。
その家には、まだ少女だった祖母もいる。

昭和十九年の戦時下が、2019年の日常と重なっているのだ。
大混乱に陥った東京で、静かに暮らしている主人公に、昭和二十年三月十日の下町空襲が迫っている。
少女のおかあさんである曾祖母は、もうすぐ焼け死んでしまうのだ。
わたしたちは幻の吹雪に包まれたオフィスで仕事をしながら、落ち着かない心持ちで、そのときを待っている......。

表題作「ディレイ・エフェクト」の他、「空蝉」と「阿呆神社」を収録した驚愕の短篇集。

宮内悠介関連作品

文春e-book関連作品

  • 新着!
    戯れの魔王 1701円
    作家 篠原勝之
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/21

    甲斐駒ケ岳の山岳地帯に作業場をかまえ、鉄のゲージツ家として活動を続けてきたオレ。後期高齢者となった今は、畑に野菜を作って猿や鹿との攻防を繰り広げ、奈良のお寺から蓮の根をわけてもらい、美しい花を咲...

  • 熱帯 1500円
    作家 森見登美彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/16

    汝にかかわりなきことを語るなかれ――。そんな謎めいた警句から始まる一冊の本『熱帯』。 この本に惹かれ、探し求める作家の森見登美彦氏はある日、奇妙な催し「沈黙読書会」でこの本の秘密を知る女性と出会...

  • 熱帯 試し読み版 0円
    作家 森見登美彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/16

    11月16日に発売される『熱帯』の第一章を、まるごと試し読み!! 世紀の奇書『熱帯』に惹かれ、秘密を解き明かさんと集まった“学団”によるソウダイなる追跡劇。世界の中心に横たわる謎、その正体は―...

  • どこかでだれかも食べている 851円
    作家 オノ・ナツメ
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/16

    ひとりで食べても、だれかと食べても――。 「食べる」ことから、やさしいドラマが生まれる。 実家のロールキャベツの味、初めてはんぺん入りおでんを作った日、 願いと共に齧り付いた恵方巻、結婚を決め...

  • ニュースの“そもそも” 池上彰の「どうしてこうなった?」 1201円
    作家 池上彰
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/14

    世界の重要問題を一から解説! トランプの迷走、世界の紛争、日本政治の混迷......。様々なニュースを池上彰さんが“そもそも”から解説します。 第1章 トランプは何と戦っているのか? 第2章 ...

  • マンガホニャララ 600円
    作家 ブルボン小林
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/11/07

    前著『マンガホニャララ』をきっかけに、漫画賞の選考委員を兼任するなど業界内でみるみる出世を遂げ、漫画評の第一人者に! 新聞の四コママンガ『ののちゃん』はW杯を取り上げない? 『僕の小規模な生活...

「日本」カテゴリ