読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

クラシック リバイバル 日本名城紀行2

クラシック リバイバル 日本名城紀行2
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 594円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 272
販売開始日 2018/02/23
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

文豪たちが描いた日本の「名城紀行」第2弾。

1977~78年に小学館より発刊された「探訪日本の城」シリーズに掲載された作家の紀行文の復刊。

第2巻は更科源蔵、三浦朱門、土橋治重、笹沢左保、陳舜臣、藤原審爾、江崎誠致、戸川幸夫、大城立裕の9名の文豪たちが個性豊かに描く日本各地の名城紀行。

視点も作家により様々で、ガイドブックとはひと味もふた味も異なる城案内となっている。史料をベースにまとめる作家もいれば、自分や家族とのかかわりから展開していく作家もいて、実にバラエティに富んでおり、時間が経っても色あせない名文揃いである。有名な城ばかりではなく敢えて地味な城を選ぶ作家もいて、城マニアにもお勧めの一冊。

シリーズ作品

  • クラシック リバイバル 日本名城紀行3 井上ひさし/著 武田八洲満/著 杉本苑子/著 山本茂実/著 水上勉/著 村上元三/著 岡本好古/著 福田善之/著 青地晨/著 594円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/04/27

    文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ。

    試し読み 試し読み
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行4 長部日出雄/著 五味康祐/著 尾崎秀樹/著 戸部新十郎/著 永井路子/著 邦光史郎/著 神坂次郎/著 北条秀司/著 田中千禾夫/著 594円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/04/27

    文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ。

    試し読み 試し読み
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行5 今官一/著 黒岩重吾/著 井出孫六/著 藤本義一/著 南條範夫/著 田中澄江/著 豊田有恒/著 富士正晴/著 594円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/06/29

    文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ。

    試し読み 試し読み
  • クラシック リバイバル 日本名城紀行6 遠藤周作/著 井上友一郎/著 豊田穣/著 馬場あき子/著 山田風太郎/著 安西篤子/著 早乙女貢/著 赤江瀑/著 大原富枝/著 594円(税込) 5ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/06/29

    文豪たちが描く日本の「名城紀行」シリーズ。

    試し読み 試し読み

三浦朱門関連作品

土橋治重関連作品

  • 奥州藤原四代記 1300円
    作家 土橋治重
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2018/06/01

    暗躍する朝廷、源氏との確執、そして悲劇の末路......。奥州に燦然たる平泉文化を築いた父祖四代の本格的歴史小説。

  • 若き日の明智光秀 519円
    作家 土橋治重
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2018/06/01

    『明智軍記』にヒントを得、練達の作家が史実と想像力とを駆使して、新たなる光秀を描く。渾身の書き下ろし長編。

  • 楠木正成 500円
    作家 土橋治重
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/08/07

    南北朝期の知将・楠木正成。常に「誠実」を旨とした生き様、忠義の心、そして肉親や家臣への慈しみ溢れる正成の実像に迫る、著者渾身の歴史小説。

  • [新装版]真田三代記 650円
    作家 土橋治重
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2015/05/01

    関ヶ原合戦から大坂の陣、そして秀頼・幸村の意外な結末とは? 知謀・機略の限り、家康に対抗した“真田三代”の活躍を描く歴史ロマン。

笹沢左保関連作品

  • はみ出し刑事 540円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/28

    大和田正人、三十三歳。永年の夢がかない、捜査官への配属が決まったが、直情径行の性格が災いして、いつまでたっても員数外の見習い扱い。“はみ出し刑事”を自称する大和田は、自殺と判定された事件にひとり...

  • その朝お前は何を見たか 540円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/24

    携帯ラジオから流れた女子大生誘拐事件の脅迫電話。それは二年前に失踪した妻の声だった! 愛のかたちを問う傑作長篇推理。

  • 死人狩り 594円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/02/10

    バスに散弾が撃ち込まれ、27人の乗客乗員が海中に没した。犯人は誰を殺すために他の人々を巻き添えにしたのか。妻子を奪われた県警警部補・浦上の執拗な捜査が始まった!

  • 流れ舟は帰らず 木枯し紋次郎ミステリ傑作選 1200円
    作家 笹沢左保 末國善己
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2018/02/02

    三度笠を被り長い楊枝をくわえた姿の、孤独な旅人・木枯し紋次郎。彼は旅先で事件に巻き込まれる度に、名推理を披露する。ミステリと時代小説の名手が描く傑作10編を収録。

  • 魔性の誘惑 594円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/01/31

    事業家の夫に愛され、幸せな日々を送っていた亜衣子。だが、忌まわしい過去を白日にさらすパンドラの箱というべき男が出現した......。

  • 女は月曜日に泣く 594円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2018/01/31

    若き未亡人の真由子の前に現れた謎の男。男は、真由子がグァムに旅行した際に、再会を約束したという。泥酔して記憶がない真由子は、それでも徐々に男に惹かれていき......。女の業の深淵を描く傑作ミス...

陳舜臣関連作品

  • 天空の詩人 李白 1296円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    販売開始日 2017/03/24

    絶筆となった評論エッセイ「天空の詩人 李白」と、作家として忙しい日々を過ごしていた頃のほぼ未発表の詩集「澄懐集」を合わせ、漢詩という切り口で作家・陳舜臣を再発見できる一冊です。

  • 中国の歴史 近・現代篇(二) 926円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/12/09

    恵州蜂起、蘇報事件など蜂起は幾度も潰(つい)えたが、革命の花秋瑾(しゅうきん)ら留学生が先導し、湖南の黄興(こうこう)、浙江(せっこう)の章炳麟(しょうへいりん)らを核として革命の火勢は増した。...

  • 中国の歴史 近・現代篇(一) 926円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/11/11

    列強の蚕食に苦しむ清国では、甲午の役(日清戦争)の敗戦で不満が爆発。保皇派の康有為は公車上書を著し、立憲君主制を提唱する。義和団事変で8ヵ国連合軍が紫禁城に乱入し、権勢を誇った西太后も光緒帝(こ...

  • 対談 中国を考える 570円
    作家 司馬遼太郎 陳舜臣
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2016/05/13

    古来、日本と中国は密接な関係を保ってきた。だが現実には、中国人は日本にとって極めて判りにくい民族なのではないか。ぶつからないためには理解すること、理解するためには知ること――両国の歴史に造詣の深...

  • レジェンド歴史時代小説 琉球の風 上 950円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    中国・明からの使節を迎え沸き立つ17世紀初頭の沖縄・琉球王国。だが、この国の平和は幕府を後ろ盾にした薩摩によって侵されつつあった。侵攻に膝を屈するか? 独立をかけて抵抗するか? そして宗主国・明...

  • レジェンド歴史時代小説 琉球の風 下 950円
    作家 陳舜臣
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2016/04/08

    怒濤の勢いで侵攻してきた薩摩軍に琉球軍はわずかひと月で降伏。奄美諸島は薩摩に割譲され、尚寧王は日本本土へと連れ去られる。属国へと堕ちながらも、明に対しては独立国の体面を見せねばならない王国の苦悩...

藤原審爾関連作品

戸川幸夫関連作品

大城立裕関連作品

  • 小説 琉球処分(下) 832円
    作家 大城立裕
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/01/12

    処分官として派遣された松田道之が琉球に突きつけたのは、尚泰(しょうたい)王の上京、清国への朝貢禁止、明治年号の強制など独立どころか藩としての体裁をも奪うものであった。琉球内部でも立場により意見が...

  • 小説 琉球処分(上) 832円
    作家 大城立裕
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2018/01/12

    清国と薩摩藩に両属していた琉球――日本が明治の世となったため、薩摩藩の圧制から逃れられる希望を抱いていた。ところが、明治政府の大久保利通卿が断行した台湾出兵など数々の施策は、琉球を完全に清から切...

  • 対馬丸 788円
    作家 大城立裕
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文庫
    販売開始日 2015/04/10

    戦局傾いた昭和一九年八月、沖縄から本土に向かった学童疎開船「対馬丸」はアメリカ潜水艦の魚雷攻撃を受け、深夜の海に沈んだ。乗船者一六六一名、うち学童八〇〇余名。生き残った学童は五〇余名に過ぎなかっ...

  • 日の果てから 1134円
    作家 大城立裕
    出版社 講談社
    掲載誌 講談社文芸文庫
    販売開始日 2015/02/11

    1945年4月、アメリカ軍沖縄本島に上陸。凄絶な地上戦の〈地獄絵〉の中、逃げ惑う住民。刑務所も遊廓も、そこに縛られる人々も何もかも、沖縄は死の渦のなかで回転しやがて敗戦とともに浄化される。神女殿...

クラシック リバイバル関連作品