読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アンデル 2017年4月号

アンデル 2017年4月号
電子書籍版
価格 220円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/03/09

<連載長編小説>
■畑野智美「大人になったら、」(第7回)
■前田司郎「異常探偵 宇宙船」(第16回)
<連作短編小説>
■青山七恵「ジャスミン」(第12話)
■片岡義男「苦手なものはありますか」
<特別対談>
村上春樹×柴田元幸「翻訳について語るときに僕たちの語ること」

シリーズ作品

  • アンデル 2015年1月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 山下澄人/著 松田青子/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊します。心に残る個性豊かな物語をお届けします。

  • アンデル 2015年2月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第2号。

  • アンデル 2015年3月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第3号。

  • アンデル 2015年4月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第4号。

  • アンデル 2015年5月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第5号。

  • アンデル 2015年6月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第6号。

村上春樹関連作品

片岡義男関連作品

  • 窓の外を見てください 1705円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/23

    江國香織さん陶酔! 小説が発生する過程を愉しく描く、80歳の “永遠の青年”片岡義男、4年ぶりの最新長篇。

  • ミッキーは谷中で六時三十分 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/16

    記憶と言葉、男と女を描いた魅惑の7篇。今こそ片岡義男を読むべき時であることを印象づける、鮮やかに研ぎ澄まされた作品集。

  • この冬の私はあの蜜柑だ 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    都市の一角ですれ違い、向き合い、別れていく男と女の姿を、研ぎ澄まされた文章で、譜面に音楽を刻みつけるように描く魅惑の9篇。

  • と、彼女は言った 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    7人の作家を主人公に描く、「最高の小説」のつくりかた。男と女の出会いから、人生のきらめく一瞬を鮮やかにとらえる魅惑の7編

  • 万年筆インク紙 1650円
    作家 片岡義男
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/06/28

    自分の思考が文字となって紙の上に形をなす。自分の頭の中から、自分の思考をもっとも良く引き出してくれるペン、インクの色、そしてノートブックとは―。作家・片岡義男が道具から「書く」という仕事の根幹に...

  • 豆大福と珈琲 726円
    作家 片岡義男
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2019/06/28

    片岡義男には、珈琲がよく似合う。息子を連れて地元にひとり戻ってきた幼なじみと「結婚」をしないまま、新しい「家族」のかたちを探っていく表題作ほか、小説的企てにみちた「珈琲」をめぐる五つの物語。珈琲...

前田司郎関連作品

青山七恵関連作品

  • わたしの彼氏 847円
    作家 青山七恵
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/16

    美男な彼は、どうして女難続きなのだろう? 恋の理不尽と不条理を描く恋愛小説の傑作、生まれました。

  • 快楽 759円
    作家 青山七恵
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/15

    狂いゆく愛、毒される欲望、燃え尽きない孤独......。炎暑のヴェニスを舞台とする二組の夫婦の「危険な関係」。

  • ブルーハワイ 1705円
    作家 青山七恵
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/08/24

    みんながみんな、それぞれのことに夢中だ。――「あたりまえ」なんて知らない、孤独だけが「世界」を撃ち抜く!芥川賞作家が贈る、最高の短篇集!

  • 踊る星座 1650円
    作家 青山七恵
    出版社 中央公論新社
    レーベル 単行本
    販売開始日 2018/03/09

    ダンス用品会社のセールスレディが、疲労と珍事件にまみれて疾駆する! 汗と笑いにあふれた愉快な長篇小説。

  • ハッチとマーロウ 1683円
    作家 青山七恵
    出版社 小学館
    販売開始日 2017/06/16

    青山七恵が描くおちゃめな双子の物語。

  • 605円
    作家 青山七恵
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2017/04/28

    姉妹が奏でる究極の愛憎、十五年来の友人が育んだ友情の果て、決して踊らない優子、そして旅行を終えて帰ってくると、わたしの家は消えていた......疾走する「生」が紡ぎ出す、とても特別な「関係」の物語。

畑野智美関連作品

  • 南部芸能事務所 (1~5巻) 704円792円
    作家 畑野智美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/10/16

    「とにかく、お前と一緒に漫才がやりたいんだよ」弱小プロダクションを巡る愛すべき人々を誰にも書けない筆致で紡ぐシリーズ第1弾!

  • 海の見える街 737円
    作家 畑野智美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/13

    この街でなら明日が変わる。奇跡も起きる。海が見える市立図書館で働く、4人の男女を、誰も書けない筆致で紡ぐ連作中編集。

  • 大人になったら、 1760円
    作家 畑野智美
    出版社 中央公論新社
    レーベル 単行本
    販売開始日 2018/11/02

    大人は片想いなんてしないと思ってた。彼がいなくても充実していた日々が、恋をして大きく動き出す! 傑作長編小説。

  • 神さまを待っている 1427円
    作家 畑野智美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2018/10/26

    誰にも「助けて」と言えない。 圧倒的リアリティで描かれる貧困女子の現実。 文房具メーカーで派遣社員として働く二十六歳の水越愛。 派遣期間の終了とともに正社員になるはずだったが、 会社の業績悪...

  • 運転、見合わせ中 660円
    作家 畑野智美
    出版社 実業之日本社
    レーベル 実業之日本社文庫
    販売開始日 2017/04/04

    朝のラッシュ時に電車が停止! そのとき、大学生、フリーター、デザイナー、OL、引きこもり、駅員は? 突然のアクシデントに見舞われた若者6人のドラマを描く私鉄沿線・恋愛青春小説!

  • 罪のあとさき 1320円
    作家 畑野智美
    出版社 双葉社
    販売開始日 2016/09/21

    中学時代の同級生、正雄と再会した楓。正雄はかつて、同級生を殺害していた。何事もなかったかのように接する正雄。楓は、殺害した理由などを訊けないまま徐々に正雄と過ごす時間が長くなっていくが、それには...

柴田元幸関連作品