読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アンデル 2018年2月号

アンデル 2018年2月号
電子書籍版
価格 220円(税込)
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/03/09

【連作短編小説】
◆片岡義男「オーガズムと自分の現在」
【連載長編小説】
◆山崎ナオコーラ「偽姉妹」(第9回)
【連載小説】
◆堀江敏幸「あとは切手を、一枚貼るだけ 8通目」
【短期連載小説】
◆広小路尚祈「ピ・ン・チ・ケ」(第2回)

シリーズ作品

  • アンデル 2015年1月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 山下澄人/著 松田青子/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊します。心に残る個性豊かな物語をお届けします。

  • アンデル 2015年2月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第2号。

  • アンデル 2015年3月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第3号。

  • アンデル 2015年4月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第4号。

  • アンデル 2015年5月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第5号。

  • アンデル 2015年6月号 朝比奈あすか/著 木村紅美/著 長嶋有/著 松田青子/著 山下澄人/著 斉藤弥世/著 220円(税込) 2ポイント(1%)
    販売開始日: 2018/03/09

    2015年1月、小社は小説誌「アンデル 小さな文芸誌」を創刊しました。心に残る個性豊かな物語をお届け。第6号。

片岡義男関連作品

  • 窓の外を見てください 1705円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/23

    江國香織さん陶酔! 小説が発生する過程を愉しく描く、80歳の “永遠の青年”片岡義男、4年ぶりの最新長篇。

  • ミッキーは谷中で六時三十分 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/16

    記憶と言葉、男と女を描いた魅惑の7篇。今こそ片岡義男を読むべき時であることを印象づける、鮮やかに研ぎ澄まされた作品集。

  • この冬の私はあの蜜柑だ 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    都市の一角ですれ違い、向き合い、別れていく男と女の姿を、研ぎ澄まされた文章で、譜面に音楽を刻みつけるように描く魅惑の9篇。

  • と、彼女は言った 1540円
    作家 片岡義男
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/14

    7人の作家を主人公に描く、「最高の小説」のつくりかた。男と女の出会いから、人生のきらめく一瞬を鮮やかにとらえる魅惑の7編

  • 万年筆インク紙 1650円
    作家 片岡義男
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/06/28

    自分の思考が文字となって紙の上に形をなす。自分の頭の中から、自分の思考をもっとも良く引き出してくれるペン、インクの色、そしてノートブックとは―。作家・片岡義男が道具から「書く」という仕事の根幹に...

  • 豆大福と珈琲 726円
    作家 片岡義男
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2019/06/28

    片岡義男には、珈琲がよく似合う。息子を連れて地元にひとり戻ってきた幼なじみと「結婚」をしないまま、新しい「家族」のかたちを探っていく表題作ほか、小説的企てにみちた「珈琲」をめぐる五つの物語。珈琲...

広小路尚祈関連作品

堀江敏幸関連作品

山崎ナオコーラ関連作品