読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

エロティシズム

エロティシズム
電子書籍版
価格 858円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 277
販売開始日 2018/03/09
紙書籍版 取り扱い中

「人間の性的活動は、動物のそれと全く違った面をもっている......つまり快楽の欲求によって動かされている」。芸術や宗教の根柢に横たわり、快楽・錯乱・狂気にまで高まるエロティシズムの渉猟。矛盾に満ちた精神世界を冒険した澁澤龍彦の軌跡。

澁澤龍彦関連作品

  • サド侯爵の生涯 新版 1540円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/09/30

    『悪徳の栄え』の著者、サディズムの祖として知られるマルキ・ド・サド。この公序良俗に対決しつづけたフランス貴族の生涯を、誕生から性的醜聞、幽囚生活、孤独な晩年まで描ききる。無理解と偏見に満ちたサド...

  • 快楽主義の哲学 612円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    人生に目的などありはしない‐‐すべてはここから始まる。 曖昧な幸福に期待をつないで自分を騙すべからず。 求むべきは、今、この一瞬の確かな快楽のみ。 流行を追わず、一匹狼も辞さず、世間の誤解も恐れ...

  • エロス的人間 748円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    「太古の闇のなかの恐怖をそのまま現代に持ってきたかのような、社会生活をおびやかす暗い力」エロティシズムへの考察。

  • 少女コレクション序説 748円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    「可憐な少女をガラス箱にコレクションするのは万人の夢であろう」。多くの人々が「少女」に抱いた情熱にまつわる思索。

  • 高丘親王航海記 784円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2017/10/02

    澁澤龍彦没後30年。遺作となった伝説の傑作幻想小説が、いま新たな装いで! 平城天皇の皇子に生まれ、嵯峨天皇即位すると皇太子に立てられるも、父上皇と天皇との諍い(薬子の変)により廃された高丘親王...

  • バビロンの架空園 968円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2017/09/01

    著者のすべてのエッセイから「植物」をテーマに、最も面白い作品を集めた究極の「奇妙な植物たちの物語集」。植物界の没落貴族であるシダ類、空飛ぶ種子、薬草、毒草、琥珀、「フローラ逍遥」など収録。

中公文庫関連作品

  • 新着!
    神を統べる者 3058円
    作家 荒山徹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/21

    崇仏派の蘇我馬子と排仏派の物部守屋が対立する、六世紀の倭国。天才と噂される少年・厩戸御子は仏典を読み漁っていた。仏教導入の切り札として、馬子から期待されていたのだ。ある日、守屋の邸を訪れた御子は...

  • ほろよい味の旅 946円
    作家 田中小実昌
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/03/31

    とくべつうまいものを、なんて考えるようでは、うまいものが食えるわけがない――。好きなものはお粥、酎ハイ、バスの旅。タマゴに馬鈴薯、市場あるき。家で、外で、旅先で。飲んで食べて、また飲んで.......

  • 追懐の筆 百鬼園追悼文集 1100円
    作家 內田百閒
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/03/31

    師の臨終に立ち会い号泣し、奇禍に倒れた友の事故の様子を丹念に取材し記し、幽霊でも良いから夢に出てこいと弟子へ呼びかける。夏目漱石、芥川龍之介、鈴木三重吉ら一門の文学者から、親友宮城道雄、教え子、...

  • 藝術のパトロン 松方幸次郎、原三溪、大原二代、福島コレ... 990円
    作家 矢代幸雄
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/03/31

    コレクションにその名を残した裕福な美術愛好家、松方幸次郎、原三渓、大原孫三郎・総一郎、福島繁太郎との交遊を回想する。松方コレクションの買い付けやモネとの交渉、仏文学者成瀬正一との思い出、原三溪邸...

  • 新着!
    神を統べる者 (1~3巻) 990円1056円
    作家 荒山徹
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/04/21

    崇仏派の蘇我馬子と排仏派の物部守屋が対立する、六世紀の倭国。天才と噂される少年・厩戸御子は仏典を読み漁っていた。仏教導入の切り札として、馬子から期待されていたのだ。ある日、守屋の邸を訪れた御子は...

  • 窓辺の風 宮城谷昌光文学と半生 858円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2021/03/24

    中国歴史小説の大家はなぜ古代中国を舞台に小説を書くに至ったのか。生い立ちから若き日の文学修業、そしてデビューまでの長い道のりを描く。書き下ろし特別エッセイ「私見 孔子と『論語』」を収録する。

「エッセイ・雑学」カテゴリ