読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

モナリザの微笑

モナリザの微笑
電子書籍版
価格 486円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/05/18
ファイル形式 epub

かつてレオナルド・ダ・ヴィンチは、二枚の連作としてモナリザを描いた。一枚目は有名な「微笑のモナリザ」。そして、その対として描かれたのが二枚目のモナリザと言われている「悲しみのモナリザ」。失われた「二枚目のモナリザ」を巡って捲き起こされる危険な人物相関。虚々実々の駆け引きの末に、美の女神が微笑みかけるのは、誰なのか? フジテレビ系列にてドラマ化された長編サスペンス。「電子版あとがき」を追加収録。

●斎藤純(さいとう・じゅん)
小説家。1957年、盛岡市生まれ。FM岩手在職中の1988年『テニス、そして殺人者のタンゴ』でデビュー。1994年『ル・ジタン』で第47回日本推理作家協会賞短編部門を受賞。2005年『銀輪の覇者』(早川ミステリ文庫)が「このミステリーがすごい!」のベスト5に選出される。岩手町立石神の丘美術館芸術監督、岩手県立図書館運営協議委員などをつとめている。

斎藤純関連作品

アドレナライズ関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    魔眼の匣の殺人 1599円
    作家 今村昌弘
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2019/02/20

    「あと二日で四人死ぬ」班目機関を追う葉村と比留子が辿り着いたのは、“魔眼の匣”と呼ばれる元研究所だった。閉ざされた匣で告げられた死の予言は成就するのか。『屍人荘の殺人』シリーズ第2弾!

  • ゆえに、警官は見護る 1555円
    作家 日明恩
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/02/16

    明け方の港区芝浦のマンション前で焼死体が発見された。重ねられた自動車タイヤの中に立たせた人体を燃やすという残忍な手口は世間の耳目を集める。だが検視の結果、燃焼時には既に死亡していたこと、遺体は長...

  • リベンジ 1469円
    作家 柴田哲孝
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/02/16

    千葉刑務所を脱獄し、亡き妻の復讐と娘・萌子の誘拐事件を解決してから三年――。笠原武大は輪島で塗師として修業の日々を送り、萌子は金沢の伯父の家に下宿しながら高校に通っていた。春の雨の夜、何者かが離...

  • 贅肉 新装版 540円
    作家 小池真理子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/02/16

    才色兼備の姉と正反対の妹。しかし姉は、母の死、恋人との別離から過食に走り、見るも無惨な姿に変貌していく。そんな姉の世話をする妹は‐‐(「贅肉」)。平凡な人間の、ほんの少しの心の揺らぎが、事件の加...

  • 十津川警部 怒りと悲しみのしなの鉄道 836円
    作家 西村京太郎
    出版社 実業之日本社
    レーベル ジョイ・ノベルス
    販売開始日 2019/02/15

    警視総監誘拐の犯人からしなの鉄道線で起きた列車爆発事件の真犯人を捜せと要求された十津川警部は!? 長編トラベルミステリー

  • 百万塔伝説殺人事件 警察庁 宮之原警部 東北旅情難解ミ... 670円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/15

    岩手水沢の日高火防祭りを見物のために東京から訪れていた緒方に、見知らぬ男が突然、風呂敷包みを渡して走り去った。 一緒だった恋人の飯島晶絵は、不安になり、そんなものは警察に届けるか、ホテルか駅のコ...

  • 九州平戸殺人事件 警察庁遊撃捜査係 宮之原警部 存亡の危機 670円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/15

    熱海の錦ヶ浦に少女の絞殺死体が打ち上げられた。 発見したのは、元関東管区警察局監察官の飯森であった。 彼は、横浜の警察署の捜査係長だった宮之原の手腕を見込み、警察庁直属の捜査係に引っ張ったその人...

  • 死仮面 880円
    作家 折原一
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/02/08

    亡くなった夫はいったい何者だったのか? 奇妙な小説の世界と現実の事件が共鳴する、折原ワールド全開の長篇ミステリー! かつてDVによる離婚を経験した秋月雅代。 週末だけ同棲していた内縁の夫・十津...

  • 誰かが眠れない夜 私立探偵 伊賀光二の仕事術 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/08

    私立探偵・伊賀光二。ハードな事件によって左右の手の小指を落とされるという報復にあう。伊賀は若くて美しい女の頼みは断れない......。官能色豊かなハードボイルド探偵小説。

  • 夜の獲物 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/02/08

    8つのストーリーそれぞれにうごめいている、めくるめくエロス。 勝目ワールドの真骨頂が随所に堪能できる短編集。

  • 私を殺さないで 853円
    作家 浜口倫太郎
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/02/08

    あの大ベストセラー小説『22年目の告白 -私が殺人犯です-』の浜口倫太郎が贈る初の長篇ミステリー!

  • スクエア 横浜みなとみらい署暴対係 1652円
    作家 今野敏
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/02/08

    廃屋から発見された二つの遺体と不動産詐欺。事件の背後に見え隠れする暴力団の影。“ハマの用心棒”が地面師の正体を暴く!