読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

禁断の夜。彼と私と母さんと~この恋を語る術もなく

禁断の夜。彼と私と母さんと~この恋を語る術もなく
電子書籍版
価格 330円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/06/08

奥の方から、男女のくぐもった声が聞こえてきた。動悸が激しくなり、血管の脈打つ音が警告音のように頭の中で鳴り響いた。だが私の足は前に進み、リビングの奥にあるという寝室へと向かっていた。寝室のドアは開き、灯りが漏れている。ドアの隙間から寝室を覗いてみた。ベッドの中では、芳樹が女の胸に顔を埋めて抱き合っていた。芳樹の唇が女の乳首を吸いたて、女の手が芳樹の柔らかな髪を撫でた。「......母さん」芳樹は頭を下げ、女の股間の猛々しい叢に顔を埋めた。
※初出は「柔肌」(2004年11月 廣済堂文庫)です。

安達瑶関連作品

ラマン文庫関連作品

「官能」カテゴリ