読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

呪(しゅ)の血脈

呪(しゅ)の血脈
電子書籍版
価格 486円(税込)
ポイント還元 4ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/06/08
ファイル形式 epub

好奇心が猫を殺す......この事件もちょっとした好奇心がきっかけだったのかも知れない。大学で民俗学を学ぶ宮地紀之は、諏訪信仰の野外調査のさなか、北アルプス山中で鎌が幹に打ち込まれた奇妙な神木を発見する。いけないことと知りながら、学問的興味からその鎌を木から削り出してしまう宮地。だがその行為を村人に発見されて、彼は神木に神を再び封印するための“祭”に参加させられることになってしまう。とりあえず儀式が執り行われるまでの間に、祭について調べて回った宮地は、件の村の神主の血筋をもつ高藤正哉とその妹の梓の存在を知り、連絡を取る。が、それが忌まわしき“裏”の祭りを引き起こしてしまう“出会い”になることを彼はまだ知らなかった...。
神封じ、土着信仰など、民俗学をテーマにした迫真のネオ・モダンホラー。

●加門七海(かもん・ななみ)
東京都生まれ。オカルト・風水・民俗学などに造詣が深く、怪談、エッセイ、フィールドワーク作品などを著す。最新刊は『お咒い日和 その解説と実際』(KADOKAWA)。小説に『目嚢』『祝山』『鳥辺野にて』など、エッセイ『猫怪々』『霊能動物館』『墨東地霊散歩』など多数。

加門七海関連作品

アドレナライズ関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    短篇小説集・罪悪感を減らす方法 324円
    作家 田中ノリノ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル IKAI
    販売開始日 2018/12/14

    罪悪感を減らす方法。宇宙人と戦う老婆。秘密の極上肉を出す店。毛が襲いかかってきた。殺人鏡で願いを叶えるには。

  • 隣人 内田春菊ホラー傑作選 500円
    作家 内田春菊
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春デジタル漫画館
    販売開始日 2018/12/07

    とある集合住宅で新生活を始めた共働きのカップル。夫はコピーライター、妻はスタイリスト。まわりは専業主婦ばかりらしい。最初は至極快適に思えた住まいだったが、やがてふたりの身辺に、不可解な出来事が起...

  • 千人怪談 702円
    作家 エブリスタ
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    眠れないほど怖い話を聞かせてほしい。 ホラーイベント〈稲川淳二の怪談冬フェス~幽宴~〉と小説投稿サイト〈エブリスタ〉がコラボした投稿企画=【最恐怪談コンテスト】。 全国から集まった恐怖の総数、...

  • 実話怪事記 狂い首 702円
    作家 真白圭
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「えっ?高木って死んだのか?」 同級生が次々と自殺していく...それは40年前のある出来事に由来しているらしい。――「晒し野」収録。 さらなる恐怖を求めて終わりのない取材を敢行した実...

  • 恐怖箱 屍役所 702円
    作家 加藤一
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「廊下のあれ、あまり嗅ぎ回らないほうがいいよ」 見た人は精神を病んでしまう。 真新しい市庁舎で、いったい何が...? 役所勤め、教師、警察官、自衛隊...他、公務員が明かす職場の実話...

  • 実話奇譚 奈落 702円
    作家 川奈まり子
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/11/29

    内容紹介 「口もとが犬の鼻面のように前に突出し、白目がない...真っ黒な二つの目が私を睨み付けた」~「降霊怪談顛末記~あとがきに代えて」より 徹底した現地調査から浮かび上がる恐怖! 実話怪談集...

  • 無きし日の事。「人生が足元から崩れていく」世代間の価値... 215円
    作家 藤安悠 MBビジネス研究班
    出版社 まんがびと
    販売開始日 2018/11/16

    さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ)=紙の書籍の30ページ程度) 【書籍説明】 存在しない筈の日づけの出来事を記した日記 その日...

  • 人喰観音 1750円
    作家 篠 たまき
    出版社 早川書房
    販売開始日 2018/10/31

    『幽』文学賞〈大賞〉受賞後第一作。美しくおぞましい書き下ろしホラー長篇

  • 忌印恐怖譚 めくらまし 702円
    作家 我妻俊樹
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    不気味で不思議、そして異様――炙り出されるのは日常のひび割れから滲み出す不安と恐怖の数々。 危篤となった父の病室から見えるモノ「位置」、その幽霊を見るにはあることをしなくてはいけない、でも見る...

  • 怪談奇聞 啜リ泣キ 702円
    作家 小田イ輔
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    怪談を引き寄せる、実態のないものに攻撃をされる――小田イ輔の執筆は命懸けかもしれない。今回も<引きのよさ>が暗く蠢く究極の一冊だ! 怪談なんて信じない、そんな男がふと気づいたのは...「見ては...

  • 恐怖箱 青森乃怪 702円
    作家 高田公太
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/30

    本州最果ての地、青森。あの世と繋がる霊場恐山から、神々の棲まう山野まで、雪深き国は神秘と恐怖に満ちている。 赤子の泣き声がする無人駅。だが他の者にはその声が聞こえず...「津軽の子ら」、集落で...

  • 恐怖実話 北怪道 702円
    作家 服部義史
    出版社 竹書房
    レーベル 竹書房文庫
    販売開始日 2018/10/02

    内容紹介 「耳が、とられる...! 」 M前城の耳塚に浮かぶアイヌの生首を見た男は? 摩周湖、富良野、羊蹄山の怪。札幌、函館から釧路、稚内まで怪拓者が見た最果ての恐怖! 北海道は「北怪道」。...