読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新にっぽん奥地紀行 ~イザベラ・バードを鉄道でゆく~

新にっぽん奥地紀行 ~イザベラ・バードを鉄道でゆく~
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1382円(税込)
ポイント還元 13ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2018/07/20
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

明治11年。開国間もないニッポンに、ひとりの英国貴婦人がやってきた。
イザベラ・ルーシー・バード。

旧街道を引き馬に乗ってゆく過酷な旅路を歩いた彼女の目に、いまだ江戸の面影を残す東北、北海道の景色はどのように映ったのか――。

鉄道・歴史紀行文の名手である著者が、バードの足跡を訪ねて歩いた鉄道の旅。
彼女が見た明治期の日本を探しながら、現代日本の地方都市を歩き、人と出会い、風景と食、そして酒を堪能しつつ“近代日本”の真の姿を考える。

雑誌『旅と鉄道』誌上で16回にわたり掲載された連載ルポ、待望の単行本化。

【目次】
序章/第1章「横浜」/第2章「東京」/第3章「日光」/第4章「会津(前編)/第5章「会津(後編)」/第6章「新潟」/第7章「置賜」/第8章「上山」/第9章「秋田」/第10章「大館」/第11章「黒石」/第12章「函館」/第13章「噴火湾」/第14章「室蘭」/第15章「勇払原野」/第16章「平取」/あとがき

芦原伸関連作品

  • 完全保存版 西部劇を読む事典 1555円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2017/11/17

    映画史に黄金時代を築き、再評価が著しい西部劇の世界。 本書は「駅馬車」「真昼の決闘」「OK牧場の決闘」などの名作、 プログラムピクチャーとして大量生産されたB級・C級西部劇、 アメリカンニュー...

  • 定本 さらばブルートレイン! 1296円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2017/11/16

    隆盛を極め、そして惜しまれつつ廃止となった、ブルートレインの乗車記。 歴代ブルートレイン、全32列車の解説付き

  • 時刻表探検 1296円
    作家 芦原伸
    出版社 天夢人
    販売開始日 2017/08/11

    数字の羅列を読んで何が楽しい?『時刻表』にハマッた達人が、その魅力を解き明かす!

  • さらばブルートレイン! 昭和鉄道紀行 1566円
    作家 芦原伸
    出版社 講談社
    掲載誌 The New Fifties
    販売開始日 2017/05/19

    「銀河」「あかつき」「富士」「はやぶさ」「北陸」「日本海」「あけぼの」全行程乗車記。"走るホテル"と呼ばれた寝台特急「ブルートレイン」。誇らしげにヘッドマークを付けて日本の夜をひた走ったブルトレ...

  • 鉄道おくのほそ道紀行 週末芭蕉旅 1566円
    作家 芦原伸
    出版社 講談社
    掲載誌 The New Fifties
    販売開始日 2017/05/19

    「おくのほそ道」を鉄道でたどるドキュメント。時に青春18きっぷを使い、半年間にわたり鉄道で芭蕉の足跡を追った。ただし、自ら課した5つの条件が。1.各駅停車の普通列車で移動。2.「おくのほそ道」に...

  • 鉄道ひとり旅 郷愁の昭和鉄道紀行 1674円
    作家 芦原伸
    出版社 講談社
    掲載誌 The New Fifties
    販売開始日 2017/05/19

    懐かしい昭和の鉄道旅がよみがえる! 標津線、湧網線、名寄本線など北海道廃線づくし、函館本線C62最後の勇姿、気仙沼から田老まで5つのローカル線でたどる三陸海岸「盲腸線」めぐり、木曾森林鉄道の面影...

天夢人関連作品

「国内」カテゴリ