読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

生きる~俳句がうまれる時~

生きる~俳句がうまれる時~
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 1069円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 96
販売開始日 2018/08/03
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

不登校の時間を支えたもの。

著者の小林凜は現在高校2年生。

凜は、小・中学校時代、壮絶ないじめにあい、

学校にも守ってもらえず、ほとんどの時間を不登校で過ごした。

そんな中、9歳の時「朝日俳壇」に初投稿、長谷川櫂氏の10句に選ばれる。

その後も次々と入選を続け、

11歳で出版した『ランドセル俳人の五・七・五』は、ベストセラーとなる。

現在高校生として、はじめて学校生活を楽しむ日々を送っている凜は、

本書で、孤独と向き合った小中学生の日々、

家族に支えられ、動物たちに愛情を注いだ日々を描き出した。

凜の感性を磨いた日々は11編のエッセイと79句になった。

本書を読んで、子どもの不登校を見守る母親は

「家族がこういうふうに接してあげればよいのだと知りました」

という感想を寄せてくれた。

凜を見いだした俳人の長谷川櫂氏は、

巻末に「闘う人」というタイトルで寄稿し、こう評する。

「孤立無援のただなかで凜君は俳句に出会い、俳句を作りつづけてきた。

これらの句は小さな動物、小さな植物を虐げるものへの

抗議と抵抗であることを忘れてはならない」。

子どもの心に寄り添うすべての人の心に響く1冊です。

小学館関連作品

「詩・短歌・俳句」カテゴリ

  • 新着!
    詩集 風の音 324円
    作家 池尾邦子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/01/18

    さまざまな思い出が蘇ってくるような、懐かしさと寂しさと温かさとが入り混じった気持ちを想起させる。

  • 新着!
    背骨のフルート 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/01/18

    《声の力で世界を完膚なきまでに破壊して、ぼくは進む、美男子で二十二歳》と言い放ったその年に詩人は奇妙な夫妻と知る。のちに秘密警察 OGPU の工作員として働くことになるオシップとリーリャのブリー...

  • NHK俳句 俳句づくりに役立つ! 旧かな入門 1620円
    作家 山西雅子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    正しい旧かな表記の理解は、俳句実作者が乗り越えねばならないハードル。本書は「語源」というアプローチから、効率よく持続的に旧かなを攻略し、辞書的にも使える一冊。『NHK俳句』人気連載「俳句づくりに...

  • 別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別... 756円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    なぜ人には詩が必要なのか? 国民的詩人・茨木のり子が遺した素朴な詩は、なぜ日本人の心に響くのか? 「詩」を感じることができれば、言葉は人生を支える糧となる。詩と出会う大切さを知ることで、自分を励...

  • 詩集 夜の声 1080円
    作家 宮本早苗
    出版社 学研
    販売開始日 2018/12/14

    大分県在住の詩人、河野俊一氏との交流を契機に詩作の世界に足を踏み入れた著者が、三十数年書いてきた作品を世に問う一冊。

  • もう会えないとわかってから 1296円
    作家 蒼井ブルー
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/07

    前作『君を読む』に続く、蒼井ブルーの恋愛詩集第2作。今作では新進気鋭の人気モデル・田中芽衣をイメージモデルに迎え、苦くせつない「別れ」をテーマに書き下ろします。

  • ランゲージ・ダンス 2592円
    作家 上野一子
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2018/12/07

    ◆第一句集シリーズ/I 一本の虹できるまで踏むミシン 定型を守りつつ、口語を主体に、文語あり、切れ字あり、ですます調ありと、表現の実験をしているようでもある。 (序・福本弘明) ◆自選十句 ...

  • 第五インターナショナル 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1922年秋。30歳の詩人は、3年越しの大作の冒頭をイズヴェスチヤ紙上に発表し、ベルリンへ発つ。やがてディアギレフの案内でパリに入り、ピカソ、レジェ、ストラヴィンスキーらと会う。全八部と構想され...

  • ミステリヤ・ブッフ 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1917年、十月革命。「認めるか、認めないか、そんな問題は私には存在しなかった。私の革命である」。24歳の詩人は、成就したばかりの革命のために「必要なことは何でもやる」意気込みで仕事にかかり、や...

  • 一五〇〇〇〇〇〇〇 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1920年冬、27歳の詩人は革命後二つ目の大作を書き上げる。ロシアの総人口数を表題とし、人々すべてが作者であるかのように詩人は印税を放棄し無署名での出版を企てるも、あろうことか《わるい雑誌を出す...

  • 人間 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    《そいつ/自由な人間が現れる/ほんとだよ/おれを信じてくれ!》と『戦争と世界』の終結部が告げるように、どうしても書かれねばならなかった、マヤコフスキー25歳の第四長詩。1905年の挫折した革命の...

  • 悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    《きみたちにわかるかな、なぜぼくが嘲りの嵐のなか、平然と、自分の魂を大皿に載せてモダンな食事の席へ運ぶのか》ラフマニノフの退屈から逃げ出したマヤコフスキーと友人ブルリュックが意気投合した記念すべ...