読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

メンチカツの丸かじり

メンチカツの丸かじり
電子書籍版
価格 711円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 256
販売開始日 2018/08/03
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

メンチカツ、すき焼き、昆布茶......シリーズ第三十八弾!

コロモで囲まれ、油で揚げられ、団結を深めた肉たちのミッシリ感。
あのサイズには、意地と面子がかかっていた! 今回も大満腹!

メンチカツはコロッケよりも立場が弱い。
不公平だと思う。
メンチカツ一個をほぐしたら何十個分のコロッケが作れると思ってんのかッ――
真面目なメンチカツの報われなさを嘆き、
健康の敵として疎まれる角砂糖への恋心を募らせ、
見栄でラーメンスープをちょい残しする自分に煩悶。
大好評の食エッセイ第38弾!

解説・小宮山雄飛

東海林さだお関連作品

文春文庫関連作品

  • 新着!
    耳鼻削ぎの日本史 1201円
    作家
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    「ミミヲキリ、ハナヲソギ......」日本中世の猟奇的風俗の謎に迫る! なぜ「耳なし芳一」は耳を失ったのか。なぜ豊臣秀吉は朝鮮出兵で鼻削ぎを命じたのか。史料博捜と耳塚・鼻塚の現地踏査の結果、日本...

  • 新着!
    快楽主義の哲学 600円
    作家 澁澤龍彦
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    人生に目的などありはしない‐‐すべてはここから始まる。 曖昧な幸福に期待をつないで自分を騙すべからず。 求むべきは、今、この一瞬の確かな快楽のみ。 流行を追わず、一匹狼も辞さず、世間の誤解も恐れ...

  • 新着!
    クチュクチュバーン 540円
    作家 吉村萬壱
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/26

    ある日突然、世界のすべてが変わる。 蜘蛛女、巨女、シマウマ男に犬人間......地球規模で新たな「進化」が始まる。 小説界を震撼させた、芥川賞作家の驚異のデビュー作。 解説・椹木野衣

  • 黄昏旅団 851円
    作家
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/15

    “他人の人生”を歩く青年・グンが見た驚異の風景。 ありえない世界を歩きぬけ! 極限のロードノベル。 人生の大半を路上で過ごしてきた、ろくでなしの青年・グン。 妻・娘ともに施設に入所した檜山優作...

  • 米中もし戦わば 戦争の地政学 1000円
    作家 ピーター・ナヴァロ 赤根洋子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    「トランプ政権の教科書」と言われた衝撃の書が文庫化! 米中貿易戦争を仕掛けた異色の大統領補佐官が説く、米中軍事衝突の可能性。トランプの対中戦略の狙いは、全てこの本から読み取れる。 解説・飯田将史

  • 眠れない凶四郎(二) 耳袋秘帖 680円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/04/10

    妻を殺された土久呂凶四郎は、不眠症に悩まされながらも夜専門の同心として夜な夜な町を巡回する。 除夜の鐘が鳴る大晦日の日もまた、江戸を探索していた。 ゴーンと鳴った鐘の音にしばし聞き惚れた土久呂だ...

「エッセイ・雑学」カテゴリ