読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

行け広野へと 【文春e-Books】

行け広野へと 【文春e-Books】
電子書籍版
価格 1800円(税込)
ポイント還元 18ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/09/07
ファイル形式 epub

2012年「行け広野へと」で短歌研究新人賞次席、2013年歌壇賞受賞。
注目の歌人・服部真里子の第一歌集『行け広野へと』(2014年本阿弥書店刊)を電子書籍化。

三月の真っただ中を落ちてゆく雲雀、あるいは光の溺死
雪は花に喩えられつつ降るものを花とは花のくずれる速度
春だねと言えば名前を呼ばれたと思った犬が近寄ってくる
八月をすぐ遠景にしてしまう日暮れの舟のしずかな離岸
遠雷よ あなたが人を赦すときよく使う文体を覚える

19歳から27歳までの8年間に作られた歌から、全289首を収録。
現代歌人協会賞受賞作。

文春e-Books関連作品

文藝春秋関連作品

  • 新着!
    なぜ日本の会社は生産性が低いのか? 950円
    作家 熊野英生
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    人気エコノミストが徹底解説! 長時間労働、ワンオペ地獄、人材に投資しない......だから給料が上がらない 「働き方」の不条理を解決するツボが丸わかり! 「生産性を高めよう」が合言葉になってい...

  • 新着!
    超絶変身!! アースカイザー (1~2巻) 500円
    作家 くぼたまこと
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春デジタル漫画館
    販売開始日 2019/01/18

    電子化につき表紙を新規描き下ろし! ヒーロー不在! “庶民派”怪人たちの可笑しくてちょっぴり切ない日常生活 世界征服を夢見ているが、部下には愛想を尽かされ冴えない暮らしを送っているべム。 「地...

  • 新着!
    昭和の東京 12の貌 1000円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    平成31年は、天皇陛下が退位して皇太子が新天皇に即位し、5月からは新しい元号になります。また、翌年には2回目の東京五輪が開催されます。一回目の東京五輪は昭和39年に開催され、それを契機に昭和後半...

  • 新着!
    平成の東京 12の貌 1000円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    平成31年は、天皇陛下が退位して皇太子が新天皇に即位し、5月からは新しい元号になります。また、翌年には2回目の東京五輪が開催されます。一回目の東京五輪は昭和39年に開催され、それを契機に昭和後半...

  • 新着!
    指輪物語 500円
    作家 くぼたまこと
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春デジタル漫画館
    販売開始日 2019/01/18

    くぼたまこと幻の未単行本化作品を電子書籍化! 「世界を滅ぼす力を持つ」という指輪を母から押し付けられた青年・TAKAO。早速手放そうとするも、何やかんやと邪魔が入って捨てられない! 一方、指輪...

  • 新着!
    承久の乱 日本史のターニングポイント 880円
    作家 本郷和人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/01/18

    『日本史のツボ』(文春新書)、『ヤバイ日本史』などで知られる人気歴史学者が、専門である鎌倉時代を舞台に、満を持して取り組んだ意欲作です。本郷さんは鎌倉時代の基本史料『現代語訳 吾妻鏡』の編者の一...

「詩・短歌・俳句」カテゴリ

  • 新着!
    詩集 風の音 324円
    作家 池尾邦子
    出版社 東洋出版
    販売開始日 2019/01/18

    さまざまな思い出が蘇ってくるような、懐かしさと寂しさと温かさとが入り混じった気持ちを想起させる。

  • 新着!
    背骨のフルート 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/01/18

    《声の力で世界を完膚なきまでに破壊して、ぼくは進む、美男子で二十二歳》と言い放ったその年に詩人は奇妙な夫妻と知る。のちに秘密警察 OGPU の工作員として働くことになるオシップとリーリャのブリー...

  • NHK俳句 俳句づくりに役立つ! 旧かな入門 1620円
    作家 山西雅子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    正しい旧かな表記の理解は、俳句実作者が乗り越えねばならないハードル。本書は「語源」というアプローチから、効率よく持続的に旧かなを攻略し、辞書的にも使える一冊。『NHK俳句』人気連載「俳句づくりに...

  • 別冊NHK100分de名著 読書の学校 若松英輔 特別... 756円
    作家 若松英輔
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/01/11

    なぜ人には詩が必要なのか? 国民的詩人・茨木のり子が遺した素朴な詩は、なぜ日本人の心に響くのか? 「詩」を感じることができれば、言葉は人生を支える糧となる。詩と出会う大切さを知ることで、自分を励...

  • 詩集 夜の声 1080円
    作家 宮本早苗
    出版社 学研
    販売開始日 2018/12/14

    大分県在住の詩人、河野俊一氏との交流を契機に詩作の世界に足を踏み入れた著者が、三十数年書いてきた作品を世に問う一冊。

  • もう会えないとわかってから 1296円
    作家 蒼井ブルー
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/12/07

    前作『君を読む』に続く、蒼井ブルーの恋愛詩集第2作。今作では新進気鋭の人気モデル・田中芽衣をイメージモデルに迎え、苦くせつない「別れ」をテーマに書き下ろします。

  • ランゲージ・ダンス 2592円
    作家 上野一子
    出版社 ふらんす堂
    販売開始日 2018/12/07

    ◆第一句集シリーズ/I 一本の虹できるまで踏むミシン 定型を守りつつ、口語を主体に、文語あり、切れ字あり、ですます調ありと、表現の実験をしているようでもある。 (序・福本弘明) ◆自選十句 ...

  • 第五インターナショナル 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1922年秋。30歳の詩人は、3年越しの大作の冒頭をイズヴェスチヤ紙上に発表し、ベルリンへ発つ。やがてディアギレフの案内でパリに入り、ピカソ、レジェ、ストラヴィンスキーらと会う。全八部と構想され...

  • ミステリヤ・ブッフ 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1917年、十月革命。「認めるか、認めないか、そんな問題は私には存在しなかった。私の革命である」。24歳の詩人は、成就したばかりの革命のために「必要なことは何でもやる」意気込みで仕事にかかり、や...

  • 一五〇〇〇〇〇〇〇 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    1920年冬、27歳の詩人は革命後二つ目の大作を書き上げる。ロシアの総人口数を表題とし、人々すべてが作者であるかのように詩人は印税を放棄し無署名での出版を企てるも、あろうことか《わるい雑誌を出す...

  • 人間 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    《そいつ/自由な人間が現れる/ほんとだよ/おれを信じてくれ!》と『戦争と世界』の終結部が告げるように、どうしても書かれねばならなかった、マヤコフスキー25歳の第四長詩。1905年の挫折した革命の...

  • 悲劇ヴラジーミル・マヤコフスキー 2285円
    作家 マヤコフスキー 小笠原豊樹
    出版社 土曜社
    販売開始日 2018/12/01

    《きみたちにわかるかな、なぜぼくが嘲りの嵐のなか、平然と、自分の魂を大皿に載せてモダンな食事の席へ運ぶのか》ラフマニノフの退屈から逃げ出したマヤコフスキーと友人ブルリュックが意気投合した記念すべ...