読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

放課後の名探偵

放課後の名探偵
電子書籍版
価格 630円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 254
販売開始日 2018/09/21
ファイル形式 epub
紙書籍版 取り扱い中

高校生活も残りあとわずかとなった秋、姉への依存症を克服した中葉悠介は、蜜柑花子と初めて出会った屋上でのひとときを楽しんでいる。そんな学校生活のなかにもトラブルは潜んでいた――。体育の授業前の更衣室で中葉が落とした物から、知らぬ間に想定外のトラブルへと繋がっていく「ルサンチマンの行方」。ミステリ研究会部員が思い描く理想のダイイング・メッセージの定義「オレのダイイング・メッセージ」など、犯人(?)側視点から描いた全4編。蜜柑花子の鋭利な推理と、高校生らしいあわただしくも爽やかな日々を描く。

市川哲也関連作品

  • 名探偵の証明 780円
    作家 市川哲也
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2017/12/15

    若き名探偵×伝説の名探偵! 30年前に一世を風靡し、新本格ブームすらを引き起こした名探偵・屋敷啓次郎の姿と、現代のアイドル探偵・蜜柑花子の対比を描く長編ミステリ。第23回鮎川賞受賞作。

  • 屋上の名探偵 670円
    作家 市川哲也
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2017/01/27

    ぼくの名探偵は、校舎の屋上にいる――無口なおさげ髪の転校生が瞬く間に犯人の名を告げる! 鮎川賞作家が新たに描く青春ミステリ。

  • 名探偵の証明 (2~3巻) 1700円1800円
    作家 市川哲也
    出版社 東京創元社
    販売開始日 2016/08/12

    もう一度輝きを――かつて一世を風靡した名探偵が、現代のアイドル探偵とともに再起をかける。“老い”という人間の宿命を、二人の名探偵を通じて活写し、名探偵とは何かを鮮烈に描いた、第23回鮎川哲也賞受賞作。

創元推理文庫関連作品

  • 白い雌ライオン 1500円
    作家 ヘニング・マンケル 柳沢由実子
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/03/08

    消えた女、爆発する家、切断された黒人の指。スウェーデンの片田舎で連続して発生する不可解な事件と旧ソ連、南アフリカとを結ぶ糸は? CWAゴールドダガー受賞シリーズ。

  • 予告状ブラック・オア・ホワイト 760円
    作家 市井豊
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/03/01

    求む、川崎市内のご近所で起こる奇妙な謎! ご当地アイドルに届いた予告状の謎など、全5編を収録。ものぐさ探偵と生真面目女性秘書が依頼人の悩みを晴らす、連作ミステリ。

  • リガの犬たち 1099円
    作家 ヘニング・マンケル 柳沢由実子
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/03/01

    海岸に二人の男の死体が流れ着いた。どうやら東欧の人間らしい。小さな港町の刑事ヴァランダーは、この国境を越えた事件に思わぬ形で深入りすることになる。好評シリーズ第2弾。

  • 退職刑事6 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    退職刑事が調べて現職刑事が寝台探偵を務めるという逆の構図で描かれ、終盤ドッキリさせられる「拳銃と毒薬」や、美恵が岡目八目ぶりを見せる「耳からの殺人」など、8編を収録。安楽椅子探偵の名シリーズ第6集。

  • 退職刑事4 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    現職退職両刑事と推理作家が、遺稿のシノプシスをもとにミステリの展開や結末を巡って文殊の知恵を絞る「あらなんともな」など8編を収録。安楽椅子探偵の名シリーズ第4集。

  • 退職刑事5 590円
    作家 都筑道夫
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/02/22

    退職刑事若かりし頃の事件「凧たこあがれ」や、五郎の妻美恵がディスカッションに参加する「五七五ばやり」、なんとも皮肉な結末に退職刑事の問題発言が飛び出す「Xの喜劇」など8編を収録。安楽椅子探偵の名...

「日本」カテゴリ