読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

「ない仕事」の作り方

「ない仕事」の作り方
電子書籍版
価格 724円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 208
販売開始日 2018/10/06
紙書籍版 取り扱い中

「仏像ブーム」を牽引してきた第一人者であり、「マイブーム」や「ゆるキャラ」の名付け親としても知られるみうらじゅん。とはいえ、「テレビや雑誌で、そのサングラス&長髪姿を見かけるけれど、何が本業なのかわからない」「どうやって食っているんだろう?」と不思議に思っている人も多いのでは?

本書では、それまで世の中に「なかった仕事」を、企画、営業、接待も全部自分でやる「一人電通」という手法で作ってきた「みうらじゅんの仕事術」を、アイデアのひらめき方から印象に残るネーミングのコツ、世の中に広める方法まで、過去の作品を例にあげながら丁寧に解説していきます。

「好きなことを仕事にしたい」、「会社という組織の中にいながらも、新しい何かを作り出したい」と願っている人たちに贈る、これまでに「ない」ビジネス書として話題となり、ロングセラーを続ける本書がいよいよ文庫に。

文庫版オリジナル企画として、「スペシャル対談 糸井重里×みうらじゅん」も掲載。

みうらじゅん関連作品

文春文庫関連作品

  • 孟夏の太陽 880円
    作家 宮城谷昌光
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    為政者の徳とは何か。 現代にも通じる王と宰相の関係を描く長篇! 古代中国・晋の宰相として国を支え続けた趙一族の盛衰を、 歴史と運命への透徹した視点をもって描いた初期の傑作長篇。 中国春秋時代...

  • サイレンス 801円
    作家 秋吉理香子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    一気読み必至の偏愛サスペンス。 婚約者が雪深い孤島で突然失踪......、故郷の島には恐ろしい“秘密”があった。 深雪は婚約者の俊亜貴を連れ、故郷の雪之島を訪れる。結婚してありふれた幸せを手に...

  • カブールの園 750円
    作家 宮内悠介
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    シリコンバレーで起業した30代後半、日系3世の女性レイ。 80年代アメリカの小学校時代に周囲から受けた壮絶ないじめの後遺症を今も抱えながら、黒人の同僚とコンビで自社製品のプレゼンに駆り出される日...

  • 赤毛のアン (1~4巻) 770円850円
    作家 L・M・モンゴメリ 松本侑子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    美しいプリンス・エドワード島で愛されて成長していく少女アン。幸福感あふれる名作の日本初の全文訳。 訳文は、お茶会のラズベリー水とカシス酒、アンの民族衣裳、スコットランドから来たマシューの母など...

  • 殺し屋が解く日常の謎 801円
    作家 石持浅海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    「安心・安全のシステムで、殺し屋、やってます」 殺し屋が解く〈日常の謎シリーズ〉開幕 コンサルティング会社を営む男、富澤允。 彼には裏の仕事があった。 650万円の料金で人殺しを請け負う「殺し...

  • 怪盗 桐山の藤兵衛の正体 八州廻り桑山十兵衛 770円
    作家 佐藤雅美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/01/04

    悪は必ずしも悪ならず。 思いがけない事件の結末が胸を打つ! 消息を絶っていた盗賊「桐山の藤兵衛一味」。 再び動き始めたのはなぜか。 時代に翻弄される人々への、十兵衛の深い眼差しが胸を打つ。 ...

「エッセイ・雑学」カテゴリ