読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

アンソロジー 捨てる

アンソロジー 捨てる
電子書籍版
価格 774円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2018/10/06
紙書籍版 取り扱い中

親の遺品、夫や姑、目の前の現実......。
あなたには、捨てたいモノ、ありますか?

9人の人気女性作家が、それぞれの持ち味を存分に発揮しながら「捨てる」を題材に豪華競作!
女性作家ならではの視点で、人の心の襞をすくいとり丁寧に紡がれた9篇は、いずれも傑作ぞろい。
ミステリー、ファンタジー、恋愛、ホラー......。さまざまな女たちの想いが交錯する、珠玉の短編小説アンソロジーをお楽しみください。

大崎梢関連作品

近藤史恵関連作品

篠田真由美関連作品

柴田よしき関連作品

永嶋恵美関連作品

  • 泥棒猫ヒナコの事件簿〈新装版〉 (1~3巻) 704円770円
    作家 永嶋恵美
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/11/08

    もつれきった恋愛関係を、貴女の代わりに清算します。可愛くて、心癒されるトラブル・バスター、皆実雛子に女子人気急上昇中!

  • 災厄 605円
    作家 永嶋恵美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    少年はなぜ妊婦を狙ったのか? 信じていいのは誰なのか? 女と女の果てしない暗闇を描く、緊迫の心理サスペンス!

  • 擬態 639円
    作家 永嶋恵美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    女子大生と元ヤンキーの少女。二つの物語が交差する時、驚愕の事実が!ドメスティック・サスペンスの旗手が描く長編ミステリー。

  • 転落 550円
    作家 永嶋恵美
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    「驚愕」と「共感」の結末へいっきに誘われます。この強烈な読書体験をぜひ皆さまにも!

  • 廃工場のティンカー・ベル 1265円
    作家 永嶋恵美
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/18

    廃工場、廃線、廃校......etc.うち捨てられた6つの廃墟、廃道を舞台に、凝り固まっていた人間関係が動き出す。心に響く短編集。

  • 一週間のしごと 866円
    作家 永嶋恵美
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2018/11/30

    渋谷に置き去りにされた謎めいた子供。親や警察の手を借りず、高校生たちは事態を解決しようとするが!? 迷子を送り届ける。それだけのはず、だったのに。少年少女の波瀾に満ちた一週間。

新津きよみ関連作品

福田和代関連作品

松村比呂美関連作品

光原百合関連作品

文春文庫関連作品

  • 夏の雷鳴 わるい夢たちのバザールII 950円
    作家 スティーヴン・キング 風間賢二
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/22

    花火合戦に挑んだ酔っ払いの末路とは―― 新たなる黄金時代を迎えた「恐怖の帝王」が短編小説の才能をみせつける短編集その2。 滅びゆく世界を静かに見つめる二人の男と一匹の犬――悲しみに満ちた風...

  • マイル81 わるい夢たちのバザールI 1100円
    作家 スティーヴン・キング 風間賢二 白石朗
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/22

    その車に近づいちゃダメ! 恐怖の帝王キングの短編集 廃墟となったパーキングエリアに駐まる1台の車。不審に思って近づいた者たちは―― キング流の奇想炸裂の表題作。この世に存在しない作品が読める...

  • 出世商人 701円
    作家 千野隆司
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    遺されたのは借財、託されたのは店の再建 急逝した父が遺したのは借財まみれの小さな艾屋(もぐさや)。 再建を志した文吉は、荒波を乗り越え立派な商人へとなれるのか。 薬種問屋に奉公していた文吉は、...

  • 字が汚い! 750円
    作家 新保信長
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    50歳を過ぎても字はうまくなるのか? 世界初の「ヘタ字」研究にして、情熱と執念の右往左往ルポ! 自分の字の汚さに、今さらながら愕然とした著者は考えた。 なぜこんなに字がヘタなのか、50歳を過ぎ...

  • 野ばら 880円
    作家 林真理子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    宝塚の娘役・千花 名門一族出身のライター・萌 花の盛りのように美しい娘たちに忍び寄る、翳(かげ)りの季節 絢爛と頽廃。林真理子文学の名作! 「私たちって、ずうっと不幸にならないような気がしない...

  • 眠れない凶四郎(四) 耳袋秘帖 691円
    作家 風野真知雄
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2020/10/07

    難事件解決後も、凶四郎はなお江戸の闇を巡り廻る 今度の魔物は一体何か? 妻殺しの一件はなんとか解決。 し かし凶四郎の不眠症は快癒しないまま、今日も暗闇の江戸の街を見回る。 奉行の根岸は闇の世...