読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

なぜ残業を減らしたのに、会社が儲かるのか?

なぜ残業を減らしたのに、会社が儲かるのか?
電子書籍版
価格 1540円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2020/02/21
紙書籍版 取り扱い中

労働時間を公開できない会社は「ブラック企業」だ!
自律型社員を育て、会社と社員を継続的に成長させる「労働時間MBO制度」初の解説書。

▼労働時間を全社的に管理・改善する画期的手法▼

働き方改革関連法案の成立によって、法律的に労働時間に上限が設定されることになりました。
そのため、各企業では労働時間問題への対策に関心が高まっています。

一般に労働時間対策というと、「変形労働時間制」や「残業の申請制」、「ノー残業デー」の導入といった制度やルールの変更など、小手先のテクニックに終始してしまいます。
ただ、「働き方改革」で問われているのは、労働時間を改善するための抜本的な対策です。

そこで本書では、労働時間を全社的に管理・改善するための手法として、「労働時間MBO制度」の導入を提案します。
これは、労働時間に数値目標を設定して、それを部門ごと、個人ごとにブレイクダウンして管理することで、会社としての数値目標を達成する手法です。

この制度を導入することで、「自分で考え自分で行動する社員=自律型人材」を育成することができ、管理者のマネジメントスキルも向上することが期待できます。
さらに、このような取り組みの成果を社員に公開することで、経営の透明性が高まり、社員のモラールやモチベーションが高まり、優秀な人材の確保や定着につながります。
このノウハウを、あなたの会社でもぜひお役立てください。

クロスメディア・パブリッシング(インプレス)関連作品

「企業・組織論」カテゴリ