読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

〈卵と肉〉が糖尿病に効く!

〈卵と肉〉が糖尿病に効く!
電子書籍版
価格 1287円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2018/11/02
紙書籍版 取り扱い中

【電子版のご注意事項】
※一部の記事、画像、広告、付録が含まれていない、または画像が修正されている場合があります。
※応募券、ハガキなどはご利用いただけません。
※掲載時の商品やサービスは、時間の経過にともない提供が終了している場合があります。
以上、あらかじめご了承の上お楽しみください。


卵や肉を真っ先に食べたほうが、実は糖尿病を改善し、
肥満にもなりにくいことが判明。
筋力低下を防ぐアンチエイジング最強食材。

卵・肉=肥満・生活習慣病の元凶ではない。

卵や肉を先に食べたほうが糖尿病も改善、
肥満にもなりにくいことが判明。
中高年こそ肉を食べないと筋力が低下して、寝たきりの原因に。

肉は実はアンチエイジングの最強食材だった。

《本書の主な内容》
★粗食はダメ! 卵と肉でたんぱく質を増やして元気倍増
★糖質の多い食事は糖尿病へまっしぐら
★食後血糖値を上げないテクニック
★適度な運動とストレスのない生活習慣
★血糖値を下げて生活習慣病におさらば

栗原 毅(くりはらたけし):1951年新潟県生まれ。北里大学医学部卒業。
東京女子医科大学で消化器内科学、特に肝臓病学を専攻し、2005年同大学教授。2007年より慶應義塾大学教授。
2008年に消化器病、メタボリックシンドロームなどの生活習慣病の予防と治療を目的とした「栗原クリニック東京・日本橋」を開院。
著書は『「血液サラサラ」のすべてがわかる本』『内臓脂肪は命の危険信号』(以上、小学館)、
『「体重2キロ減」で脱出できるメタボリックシンドローム』(講談社+α新書)、
『緑茶を食べると、なぜ糖尿病や認知症に効くのか』『糖尿病の食事はここだけ変えれば簡単にヘモグロビンA1cが下がる』
『〈糖化〉ストップで糖尿が解消、肌も頭脳も若返る』(主婦の友インフォス)など多数。

栗原毅関連作品

主婦の友社関連作品

「家庭の医学」カテゴリ