読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

空勃ち日記

空勃ち日記
電子書籍版
価格 110円(税込)
ポイント還元 1ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/12/14

ワシは毎晩息子夫婦の情事にふける声を聞き、悶々としていた。5年前に妻に先立たれ、ワシは寝床でひとり枕を抱くしかない。糖尿病のせいで勃たなくなった年寄りにも性欲はあるのだ。毎晩のように激しいあえぎ声をあげているのは息子の嫁・颯子。本当にイヤらしい女で、エロさ満天の肉体をしている。今は夏なので、露出が激しい。薄布のタンクトップからは張りのある巨乳が半分以上はみ出ていて、突起した乳首がはっきりわかる。デニムのショートパンツは切れ込みの角度がハンパではなく、太腿の付け根まで丸見えで、もはや裸同然だった。昼間はいつも2人きり。颯子は何かと甘えてきて、いつのまにか呼び方が「お義父さま」から「パパちゃん」に変わっていた。何でもOKな彼女を見て、ワシは「お医者さんごっこをしてくれないか」と提案。あっさり「いいわよ」と承諾してくれた。颯子をパンティー1枚でエアロバイクにまたがらせたワシは、白衣を着て、聴診器を持って登場。運動前に体調を見るとうそぶき、聴診器を敏感そうな乳首に当てて......。

文月芯関連作品

  • 深川みだら宵 110円
    作家 文月芯
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2021/01/22

    「おぬしの乳首形を取らせて欲しい」深川で女郎をしている“お響”は、小太りの侍から奇妙な頼み事をされた。筆を使って乳房に墨を塗り、それを半紙に押して乳首の形を写したいというのだが......。

  • みちのく妄想理容室 110円
    作家 文月芯 星恵美子
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/12/09

    明治時代に、関わった男が何人も失踪している女理容師がいた。大学教授で歴史学者の私はそんな昔話に興味を持った。そして、彼女が描かれた絵が宿場の寺にあると聞き、学会の用事ついでに訪問する。M字開脚で...

  • 開演ベル 110円
    作家 文月芯
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/05/15

    学生運動が盛んだった頃、大学生だった“僕”は、同じ演劇サークルに所属する美代子という娘に好意を抱いていた。ところが次の公演で、彼女の裸体が晒されることになり......。

  • Memories 童貞喪失 110円
    作家 文月芯 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/04/17

    櫻川桃介は心臓発作で急死した父・巳喜男の遺品から1冊のノートを見つけた。それは大学時代の青春マル秘日記だった。男子高出身で童貞だった父は、魅力的な文学女子との出会いを期待して、小説同好会に入会。...

  • みだれ髪―塩屋岬の女― 110円
    作家 文月芯
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2020/01/10

    別居中の父の家を訪ねた17歳の章雄は、予想以上に若くて綺麗な愛人・治美がいることに驚く。あいにく父は明朝まで帰ってこないという。一つ屋根の下、大人の女性と二人きりで過ごすことになった章雄は......

  • 幼なじみ 110円
    作家 文月芯
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2019/09/27

    「先生、私のアソコを診てください」倫子は幼なじみの順二の前で、脚を広げ始めた。子供の頃に遊んだ“お医者さんごっこ”を10年ぶりにやってみることになり......。

熊田正男関連作品

  • 妄想スマホ老人 110円
    作家 文月芯 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2018/05/25

    年金生活を送る独居老人のわし。楽しみと言えば、たまに訪ねてくる息子の嫁・優香と会うことぐらいだった。35歳になる女盛りの美人で、ハスキーな声が魅力的だ。わしは優香から古いスマホを譲り受けると、彼...

  • 死ぬまで悦楽 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/11/24

    沢田屋の隠居・六兵衛は50歳半ば。芸者相手に放蕩を繰り返し、狒狒爺と揶揄されるほどだった。しかし、そうなったのには理由がある。11歳から沢田屋で奉公していた六兵衛は主人に商才を見込まれ、一人娘の...

  • 夢精人日記 110円
    作家 文月芯 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2017/09/15

    年老いた加山陽三には忘れられない相手がいる。大学時代に一度も振り向いてくれなかった青田洋子だ。老人性インポテンツになった陽三は、彼女相手に夢精することを夢見て、現実と妄想を行き来する。夢の中で彼...

  • 男の快楽、女の悦楽 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/07/29

    呉服屋の後家・お幸、その娘・お恵、丁稚奉公からお恵の婿になった均兵衛。親子3人水入らずの暮らしには、悪い噂がつきまとう。なんでも、以前病に伏せっていた亭主の代わりに、うぶな均兵衛をくわえこみ、そ...

  • 偏鯛屋の女 110円
    作家 相原晋 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/04/15

    吉原の妓楼「偏鯛屋」。30代半ばの小夜はそこで遊女の教育・監督係である遣手を務めている。なにも相談してくるのは遊女ばかりではない。男たちがずっと隠してきた性癖を相談しにくるのだ。小夜はそれを聞き...

  • 見て肛門 110円
    作家 橘真児 熊田正男
    出版社 スコラマガジン
    販売開始日 2016/04/08

    営業部の月末目標を達成できて、課長代理の穴留清幸はホッとしていた。当然、酒も進む。酔っ払って意識がボンヤリしてきた。そんな時、若い女性に声をかけられる。「わたしのおしりの穴を、見てもらえませんか...

「官能」カテゴリ