読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

メロスのようには走らない。 -女の友情論-

メロスのようには走らない。 -女の友情論-
電子書籍版
価格 1440円(税込)
ポイント還元 14ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 205
販売開始日 2018/11/24
紙書籍版 取り扱い中

暮らし、健康、子育て、恋愛、結婚
独身と既婚の間の溝、年を重ねるにつれて広がる経済力の差、
見た目の美醜格差、女友だちに抱く優越感、劣等感、嫉妬...。
北原みのりの書き下ろしエッセイ!「女友だち」の新しいカタチ。

おしゃべりで、自由で、ときどきぶつかる私たち。
独身と既婚の間の溝、年を重ねるにつれて広がる経済格差、
見た目の美醜格差、女友だちに抱く優越感、劣等感、嫉妬...etc.
それでも、男には絶対に見出せないものが、女の友情にはある。

<目次>
【第一章 女友だちと恋愛】
結婚-----------------結婚していく女友だちへ
美醜-----------------直視するには残酷な現実
三角関係-----------友情は男によって引き裂かれるか?
男---------------------男友だちとセックス神話
恋愛-----------------その恋愛どうなの? と言いたくなる時
孤独-----------------女友だちが結婚する理由

【第二章 女友だちと社会】
仕事I----------------女友だちとの仕事
仕事II---------------女友だちが上司や部下になった時
経済-----------------友情はお金によって引き裂かれるか?
選択-----------------私が生きなかったもう一つの人生
女社会--------------「女どうし」は陰湿か?

【第三章 メロスのようには走らない。】

【第四章 女友だちと人生】
老後-----------------おひとりさま、の女友だち
加齢-----------------美魔女が教えてくれた加齢への道
子どもー--------------子どもを持つ女、持たない女の間
別れー----------------女友だちとケンカしますか?
闘いー---------------- 年上の女性たちの闘い方

あとがきに代えてー--女友だちと毒婦たち

北原みのり関連作品

  • 性と国家 864円
    作家 北原みのり 佐藤優
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2016/12/16

    なぜ日本軍「慰安婦」問題は解決しないのか? 沖縄基地問題の真の意味は? 日本がロリコン天国である理由とは‐‐‐? 日本の「性」にまつわる時事問題から普遍的ジェンダー論まで。最先鋒フェミニスト×...

  • 奥さまは愛国 1210円
    作家 北原みのり 朴順梨
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2015/02/20

    いま日本で、愛国の思想を持ち、活動に関わる女性が増加している。 彼女たちの動機は何か、社会に望むものは何か。フェミニストと元・在日韓国人がそれぞれの視点でルポルタージュする。 いま、この国では、...

  • 現代の肖像 小島慶子 108円
    作家 北原みのり 戸澤裕司
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/06/13

    2010年、冠番組「小島慶子 キラ☆キラ」が好調のなかTBSを退社、“女子アナ”の看板を捨てて“ラジオパーソナリティー”を名乗った。心の中には、ラジオに救われた一人の少女が、いまもすんでいる。

  • 現代の肖像 春名風花 108円
    作家 北原みのり 今村拓馬
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新聞出版
    販売開始日 2014/06/13

    0歳から芸能界で仕事を始め、3歳でケータイをあやつり、9歳のときにツイッターを始めた。そのつぶやきを待つ人は十数万人。小学6年生にして容赦のない罵りにさらされながらも、毅然と立ち向かい、それゆえ...

  • 毒婦たち 1210円
    作家 上野千鶴子 信田さよ子 北原みのり
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2013/11/29

    なぜ女は殺し、殺されたのか?東電OLから「平成の毒婦」木嶋佳苗まで、頻発する〈女の事件〉を私たちが語り直す。その底にある女と男をめぐる社会の矛盾と闇、女たちの絶望と希望とは。

  • 毒婦。 木嶋佳苗 100日裁判傍聴記 907円
    作家 北原みのり
    出版社 朝日新聞出版
    販売開始日 2013/02/08

    ブスをあざける男たち 佳苗は、そんな男たちを嘲笑うように利用した。「週刊朝日」で話題沸騰の著者、渾身のレポート

ワニの本関連作品

「妊娠・出産」カテゴリ