読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

女だけの死体ファイル

女だけの死体ファイル
電子書籍版
価格 670円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2018/12/07
ファイル形式 epub

女性の死体について著者は語る。
女の生き様同様、女の死に様も多種多様である。
怨念を感じさせるような死体もあれば、哀れを誘う死体もある。
東京都の監察医だった著者は、亡くなった方が存命だった頃の、喜びや辛さ、せつなさにまで想いをはせる。
女の死体は、男の死体と明らかに違うことが見えてくる。

上野正彦関連作品

  • 死体との約束 756円
    作家 上野正彦
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/11/02

    東京都監察医務院の元院長の「死体は雄弁に語り、そして嘘をつかない」を信念に2万体の死体と向きあっててきた“法医学”エッセイ。 病気による“変死”や“突然死”からはじまり、殺人、事故、自殺.......

  • 死体が教えてくれたこと 1458円
    作家 上野正彦
    出版社 河出書房新社
    レーベル 14歳の世渡り術
    販売開始日 2018/10/26

    2万体の検死解剖を行った法医学の第一人者が初めて若者に向けた一冊を出版。声なき者の声をきくということ、どんな境遇でも生き抜くべき命の大切さを89年の生涯を振り返りながら説く。

  • ザ・モルグ (1~8巻) 486円
    作家 寺館和子 上野正彦
    出版社 ビーグリー
    レーベル まんがフリーク
    販売開始日 2018/08/31

    保険金殺人、医療事故、安楽死...。「遺体は死者のメッセージを必ず遺している」と信じる東京都監察医の蘇芳まゆこは、現代社会が抱える病理に挑んでいく。

  • 男と女の悲しい死体 670円
    作家 上野正彦
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/08/17

    ダイナマイトをふたりで抱えて爆死した男女。 セックスをしたまま心中をしてしまった男女。 奥さんの下着をつけたまま自慰の途中で心臓発作で亡くなった夫...... 。

  • 死体の祈り 648円
    作家 上野正彦
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/07/20

    東京都の監察医として30年以上、2万体もの死体と向き合ってきた著者、さまざまな原因で死んでいった人たちの最後の祈りを汲み取るは何だったのか。

  • 死体論 756円
    作家 上野正彦
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/06/29

    「法医学者は死体の専門医だ」と自負する東京都監察医務院院長を務めた著者が、死体から社会や世相を見る。 二万体を超える死体と対面し、死体の発する声を聞く「逆の発想」で現代日本の抱える病理まで探って...

シティブックス関連作品

  • 観念的生活 756円
    作家 中島義道
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/28

    カント哲学の専門家であり、闘う哲学者と言われる著者の日々、ひたすら思考する。 「私が存在するとはいかなることなのか」「善悪とは何であるのか」「私は死後どうなるのか」と自らに問う。 デカルトの「こ...

  • 北海道・神威岬の殺人 670円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/28

    人里離れた北アルプス烏川渓谷の発電所で、少女がひとりでいるところを発見された。 なぜ、この少女はここにいたのか。 体が冷え切った少女は何も語らない。それは話したくないのか、精神的なショックを受け...

  • 紅の殺人海溝 用心棒弁護士 宗像光生の旅情事件簿 670円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/28

    北海道の東の果ての霧多布。 その海岸の昆布を乾燥させる小屋で、持ち主がひからびた姿となって発見された。 殺人を犯して服役した父の冤罪を晴らすために奔走していた息子だった。 無念の想いを継いだのは...

  • 騒音文化論 864円
    作家 中島義道
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/07

    駅の構内放送、電車や新幹線内の放送、デパートやスーパーマーケットをはじめとする商業施設、商店街、個人商店、行政のスピーカーから流れる放送、そして車からの警告音などなど。街には機械音、肉声を問わず...

  • 岳人隊イェローリボン 北アルプス高峰救助長編 670円
    作家 梓林太郎
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/12/07

    山で遭難した人を助けたい、素早い救助ができれば助けられる命が増えるはずだ‐‐。 純粋な想いに衝かれて動き出した、北アルプスでの私設の遭難救助隊・岳人隊。 数人の規模ながら、着実に実績を積み上げて...

  • 西行伝説殺人事件 670円
    作家 木谷恭介
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2018/11/23

    阪神淡路大震災から2カ月半ほどたった頃、愛媛県松山市のホテルで絞殺死体が見つかった。 その背中一面に桜の刺青があった。 暴力団同士の抗争かと思われたが、殺されたのは退官した高級官僚だった。。

「ノンフィクション・ドキュメンタリー」カテゴリ