読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

対話師(スピルチュアル・メッセンジャー)として伝えたい 全てのものに宿る魂の声 ダイジェスト・コミック版

対話師(スピルチュアル・メッセンジャー)として伝えたい 全てのものに宿る魂の声 ダイジェスト・コミック版
電子書籍版
価格 1296円(税込)
ポイント還元 12ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 128
販売開始日 2019/03/29
紙書籍版 取り扱い中

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

対話とは「目に見えるものと見えないもの」双方を感じ取り、お話しすること。
どんな生命ともやりとりが出来る、本来私たちがもっている力です。

ことばだけでなく顔や声の表情、視線、ジェスチャー、直感、インスピレーションも使って
意思、感情、思考を感じ、お互いを尊重して、やり取りすることです。

本書は対話師として赤ちゃんや老人、ペット、食べ物などと対話したエピソードが具体的に書かれています。
一見自分とはあまり関係のない話のように見えるものもあるかも知れませんが、
読んでいるうちに、自分の中の何かが反応する場面にきっと出会うはずです。
なぜなら、全てのものはその内に魂という共通のものを持っているからです。


■目次

・妊婦さんの依頼(ある逆子の場合)

・妊婦さんの依頼(切迫早産の恐れがある場合)

・不妊の話

・中絶について

・認知症

・ペットの癒し

・睡眠

・土筆

・対話の基本

■原作:山内 ちえこ(やまうち・ちえこ)
スポーツクラブ業界で乳幼児プログラム開発を経験後に起業。
水・陸で行う様々な五感と感性に働きかけるセラピーやワークを国内外で学ぶ。
その中で、たましい、心、身体に気持ちを向ける「対話」が、健康状態や妊娠出産、
生き方改善などに効果を期待できることに着目、実践研究を重ねて「対話ワーク」として確立した。
「池川クリニック」にておなかの中の赤ちゃんと母親のヒーリングセッションの実践経験を積み、
その後、おなかの赤ちゃんとの対話ワークを中心として活動。
助産院やNPO法人で、おなかの中から子育て、
愛でつながる親子の絆づくりを提唱する「対話ワーク」や「子育てレッスン」なども行われている。

■絵:小林 麻美(こばやし・あさみ)
彫刻学科卒のイラストレーター。
会社員としてマネキン・トルソーの原型師をしながらイラストレーターとして活動を始め、
最近やっとフリーランスになる。主に雑誌や教材の挿絵を制作。黒猫を飼っている。
好きな食べ物はかまぼこ。最近買って良かったものはブルーライトをカットするメガネ。

※本書は2019年1月28日に発刊した「対話師として伝えたい全てのものに宿る魂の声」のダイジェスト・コミック版です。

マガジンランド関連作品

「精神世界」カテゴリ