読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

叡智の図書館と十の謎

叡智の図書館と十の謎
電子書籍版
価格 858円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 384
販売開始日 2019/03/29
紙書籍版 取り扱い中

どこまでも続く巨大な砂漠の果て、そこには古今東西の知識のすべてが収められ、至りし者が神に等しい力を手に入れる図書館があるという――長い旅路の末、たどり着いた旅人がひとり。鎖に縛められたその扉を開かんとする彼に守人は謎をかける。鎖は十本、謎も十問。旅人は万智の殿堂へたどり着けるのか!? 知の冒険へ誘う傑作長篇!

多崎礼関連作品

中公文庫関連作品

  • 新着!
    愛してるよ、愛してるぜ 902円
    作家 山田詠美 安部譲二
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/29

    解説・宇垣美里さん大推薦! アウトロー街道を突っ走る安部譲二と山田詠美の二人が、読者のお悩みに答えながら、自らの山あり谷ありの人生模様を語り尽くす爆笑対談。あらゆる年代の恋愛相談(結婚・不倫)、...

  • 新着!
    鴎外先生 荷風随筆集 1100円
    作家 永井荷風
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/29

    森鴎外を生涯師と仰いだ荷風。「森先生の伊沢蘭軒を読む」「鴎外記念館のこと」などの随筆、大正十一年~昭和三十三年の鴎外忌の日録を収める。そのほか向島・浅草をめぐる文章と、自伝的作品を併せた文庫オリ...

  • 新着!
    私の濹東綺譚 増補新版 990円
    作家 安岡章太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/29

    若き日に荷風の文学世界に引き込まれた著者が、戦争へと向かう昭和初期の時代と名作の舞台とを合わせて読み解く。旧版に評論「水の流れ――永井荷風文学紀行」を増補し、巻末に荷風『濹東綺譚』全編を収載。随...

  • 新着!
    刑事・鳴沢了 (1~4巻) 902円935円
    作家 堂場瞬一
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/29

    祖父・父を継いで新潟県警捜査一課の刑事となった鳴沢了は、晩秋の湯沢で殺された老女が、かつて宗教教団の教祖で、五十年前に殺人事件に関わったことを突き止めた。了は二つの事件の関連を確信するが、捜査本...

  • 新着!
    イエス伝 マルコ伝による 990円
    作家 矢内原忠雄
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/29

    イエスが神の子であるのは、奇跡や神秘性ではなく真実と愛に基づくものである。四福音書の中で、最も古く、事実に即して、人としてのイエスの伝道の生涯を中心に記した「マルコの福音書」によるイエス伝を、作...

  • 北条早雲 (2~4巻) 858円902円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/05/21

    後に「北条早雲」と呼ばれることになる伊勢新九郎。父の任地・備中荏原郷で過ごした幼少期から、都で室町幕府の役人となり、駿河でのある役目に乗り出すまで――稀代の悪人にして、一代で伊豆・相模を領する大...

「日本」カテゴリ