読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

P+D BOOKS 時代屋の女房

P+D BOOKS 時代屋の女房
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 540円(税込)
ポイント還元 5ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2019/04/12
紙書籍版 取り扱い中

骨董屋を舞台に愛と人情を描いた直木賞作品。

銀色の日傘をくるくる回しながら子猫のアブサンと夏の盛りにふらっとやってきた真弓が、「時代屋」の女房として居着いたのは5年前のことだった。

東京は大井町の一隅にある骨董屋を舞台に、男女の淡く切ない恋情と、市井の人々との心温まる日常を味わい深く描いて第87回直木賞を受賞した「時代屋の女房」。

後に映画化もされ話題を呼んだ秀作と、追われた男と不思議な2人の老人、匿われていた女の“仮名の男女”が演じ合う夢幻劇のようなひと夏の出来事を描いた「泪橋」、著者による新たなあとがきも併せて収録。

村松友視関連作品

  • 北の富士流 741円
    作家 村松友視
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/06

    いまや「日本一着物が似合う男」としてNHKの大相撲解説で人気の北の富士勝昭。第52代横綱であり、親方として千代の富士、北勝海の二人の横綱を育て上げた名伯楽であります。そんな北の富士の男としての魅...

  • 猪木流 「過激なプロレス」の生命力 1728円
    作家 アントニオ猪木 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/11/30

    プロレスを表現にまで高めたアントニオ猪木と、猪木を論じることで作家になった村松友視が、猪木流人生の全軌跡を振り返り、いまだに鮮烈な生命力を放つ過激な名勝負の数々を語り尽くす!

  • 老人のライセンス 842円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/08/31

    「老人のライセンス?そんなもんあるんですか」「あるんですよ」。類まれなる観察眼で、味わい深い老人を見つめてきた著者が、老成を極めた達人たちを描き、満開の人間力にせまるエッセイ。

  • 極上の流転 堀文子への旅 799円
    作家 村松友視
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    九五歳を超えてなお描き続ける画家、堀文子。その毅然とした生き方と独特のユーモアに魅了された著者が描く評伝。

  • 金沢の不思議 734円
    作家 村松友視
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2018/03/09

    歴史と文化、伝統と変容が溶け合う町、金沢。三十年に亘り通ってきた著者が、ガイドブックでは知り得ない魅力を綴る。

  • アリと猪木のものがたり 1512円
    作家 村松友視
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2018/02/16

    世紀の一戦、モハメド・アリ×アントニオ猪木戦に隠された驚くべき真実をあらためて見つめ直し、アリと猪木それぞれが辿った波瀾万丈の人生、その稀有なる人間力を描く渾身の書き下ろし!

P+D BOOKS関連作品

「日本」カテゴリ