読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

P+D BOOKS 時代屋の女房

P+D BOOKS 時代屋の女房
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 540円270円(税込)
2019/08/31 23:59まで
ポイント還元 2ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 192
販売開始日 2019/04/12
紙書籍版 取り扱い中

骨董屋を舞台に愛と人情を描いた直木賞作品。

銀色の日傘をくるくる回しながら子猫のアブサンと夏の盛りにふらっとやってきた真弓が、「時代屋」の女房として居着いたのは5年前のことだった。

東京は大井町の一隅にある骨董屋を舞台に、男女の淡く切ない恋情と、市井の人々との心温まる日常を味わい深く描いて第87回直木賞を受賞した「時代屋の女房」。

後に映画化もされ話題を呼んだ秀作と、追われた男と不思議な2人の老人、匿われていた女の“仮名の男女”が演じ合う夢幻劇のようなひと夏の出来事を描いた「泪橋」、著者による新たなあとがきも併せて収録。

村松友視関連作品

P+D BOOKS関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    狼の吐息/愛憎一念 藤澤清造 負の小説集 1566円
    作家 藤澤清造 西村賢太
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/08/21

    貧苦と怨嗟を戯作精神で彩った作品群から歿後弟子西村賢太が精選。新発見原稿を併せ不屈を貫いた私小説家の負の意地の真髄を照射する

  • 新着!
    別冊文藝春秋 (1~27巻) 201円800円
    作家 文藝春秋
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/08/20

    1946年に創刊以来、井伏鱒二、川端康成、坂口安吾、三島由紀夫......と綺羅星の如き作家が登場してきた「別冊文藝春秋」が、電子版へと大リニューアル。記念すべき電子化第一号は、道尾秀介と綾野剛...

  • アンダー・ヘイヴン (1~20巻) 216円
    作家 八杉将司 nemnem
    出版社 小学館
    レーベル 夢幻∞シリーズ
    販売開始日 2019/08/16

    法の秩序が届かぬ島を舞台に、親の仇を探す青年と殺人マシーン少女が活躍するアクション・ファンタジー新連載。

  • 福永武彦 電子全集 (1~11巻) 2700円
    作家 福永武彦
    出版社 小学館
    レーベル 福永武彦 電子全集
    販売開始日 2019/08/16

    福永の出世作『草の花』を中心に、初めて単行本化された短篇集『塔』、学生時代に書かれた貴重な初期作品を完全収録。

  • 密室の狩人 670円
    作家 勝目梓
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/08/16

    銀座高級クラブのバーテンダー、稲瀬谷健太郎にはもう一つの顔がある。裏の仕事は〝いかせや健太郎〟と呼ばれるコールボーイ。 健太郎は特異な体質で、腋の下のあたりから発する独特のフェロモン〝牡の匂い〟...

  • ラストレター 648円
    作家 さだまさし
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日文庫
    販売開始日 2019/08/15

    ラジオ局に入社して4年目の新米アナウンサーの寺島尚人は、 ある日、聴取率0%台、誰も聴いていない深夜放送の≪大改革≫に名乗りをあげてしまう。 「みんな小さな人生を生きている。それを伝えたいと...

  • 縁切り神社のふしぎなご縁 626円
    作家 石田空 汐街コナ
    出版社 一迅社
    レーベル メゾン文庫
    販売開始日 2019/08/10

    縁切りで有名な鍋底神社で祈祷を見学したら、勤務先との縁を切られてしまった渡辺琴子。幸いにも、宮司の敷島に、悩みでもあった人の縁が見える目を買われて、神社に再就職することに。物腰柔らかで穏やかそう...

  • 猫神社のみかがみ様 (1~2巻) 626円
    作家 かいとーこ いずみ椎乃
    出版社 一迅社
    レーベル メゾン文庫
    販売開始日 2019/08/10

    両親を亡くし、就職するはずの会社は倒産。妹を養うため、割のいい仕事を求めていた鈴原朱巳は、とある神社のアルバイトの面接を受けることに。得意な家事と神社の手伝いをするだけならと朱巳が向かうと、そこ...

  • 小屋 540円
    作家 井上光晴
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    妻のモノローグを通じ、戦後25年経ったいまも、戦争の傷を癒せぬ夫婦の戦慄的生活が現われる。暗い時代の深暗部を照し出した力作。

  • 銀行淘汰 972円
    作家 山田智彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    北海道拓殖銀行、山一證券の破綻を迎え、金融危機は極まった。これから銀行証券界に淘汰の嵐が吹き荒れるのか。迫力満点、話題の書。

  • 銀行人事抗争 1080円
    作家 山田智彦
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/08/09

    会長が倒れた! 派閥抗争の嵐が激化する! メンツと建前に縛られいたずらに手をこまねく銀行と、そこに巣食う人々を活写した傑作。

  • 少年たちの戦場 1026円
    作家 高井有一
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/08/09

    敗戦の色濃くなった昭和20年、農村に学童疎開した少年たちの不安と飢えの日。少年らの裡に生まれる孤独を見据えて描く鮮烈な秀作。