読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト

14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。 ダウンロードはこちら
価格 918円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 368
販売開始日 2019/04/19
紙書籍版 取り扱い中

「なんで人殺しはいけないの?」。厨二全開の斜に構えた「極端で幼稚な発想」。だが、この十四歳の頃に迎える感性で偉大な哲学者たちの論を見直せば、難解な思想の本質が見えてくる!

飲茶関連作品

  • 新着!
    新世紀食糧記 ムシグルメン マイマイと人類虫食計画 1000円
    作家 飲茶 古本ゆうや
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/06/21

    来たる食料危機の解決策として注目されている「昆虫食」を漫画とイラストで解説する! ある日転校してきた美少女のお弁当は「虫」!!

  • 正義の教室 1458円
    作家 飲茶
    出版社 ダイヤモンド社
    販売開始日 2019/06/20

    ストーリーで学ぶ「正義」の本質。異なる「正義」を持つ3人の女子高生のかけ合いが曖昧模糊な正義の輪郭を浮かび上がらせる!

  • 哲学的な何か、あと数学とか 756円
    作家 飲茶
    出版社 二見書房
    販売開始日 2019/01/01

    数学にだって熱い血が通っている! フェルマーの最終定理という難攻不落な難問。 それに取り組む学徒たちの姿を通して人間が生きる意味を探るテキスト。 数学という学問の真に驚くべき「美しさ」「面白...

  • 哲学的な何か、あと科学とか 756円
    作家 飲茶
    出版社 二見書房
    販売開始日 2018/12/01

    未知の世界へようこそ! 哲学なんて面白くないと思っているアナタのためのテツガク入門、改訂版! 哲学というものは、実生活において、まったく役に立ちません。 いや、それどころか邪魔になるとすら...

  • てつがくフレンズ 1101円
    作家 飲茶 MAKO.
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2017/10/13

    「少女化した哲学者たち」=「てつがくフレンズ」が主役のコミック! 読み終わると古代哲学が分かる!! かつてない哲学入門コミック!

  • 14歳からの哲学入門 「今」を生きるためのテキスト 972円
    作家 飲茶
    出版社 二見書房
    販売開始日 2016/11/04

    14歳の頃に訪れる「常識の崩壊」。 それを乗り越えるとき、哲学が始まる―― 200年先の未来を考えるための教科書 永劫回帰 我思う、ゆえに我あり 経験する機械 モノ自体 真理とは全体である ...

河出文庫関連作品

「哲学・思想」カテゴリ

  • 新着!
    無責任の新体系 1620円
    作家 荒木優太
    出版社 晶文社
    販売開始日 2019/06/21

    海外に出かけテロリストの人質になると「自己責任」論が叫ばれる一方、甲子園球児の不祥事が発覚するとそのチームが不出場となるように「連帯責任」の縛りも強い。若者は、社会から同時に押しつけられる「責任...

  • 大前研一 稼ぐ力をつける「リカレント教育」――誰にも頼... 1512円
    作家 大前研一
    出版社 プレジデント社
    販売開始日 2019/06/13

    【内容紹介】 令和の時代を迎え、大前研一氏がもっとも訴えたいテーマの1つがこの「リカレント教育」です。 リカレント教育とは、社会に出てから10年おきに「学び直す」ことを意味しますが、大前氏が強調...

  • 怖い凡人 864円
    作家 片田珠美
    出版社 ワニブックス
    レーベル ワニブックス【PLUS】新書
    販売開始日 2019/06/08

    独裁的な権力者には、「平凡な人」だった過去がある―― 企業、官公庁、学校などの組織を見渡すと、時折「なんでこんな平凡な人が?」という人物がトップを務めていることがあります。 そして、そのような...

  • 西洋の哲学・東洋の思想 1674円
    作家 小坂国継
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/06/07

    比較思想から見る東西思想の軌跡と思惟様式。心と自然、有と無、肯定の論理と否定の論理などのテーマで東西思想の根幹をなす本質とその思惟様式を解析。人類の知的財産の比較思想的観点からの体系的な総決算。

  • 「論語」の人間問答 650円
    作家 狩野直禎
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2019/05/31

    不朽の古典『論語』は、孔子と対話した人々の人間味あふれる逸話の宝庫でもある。顔回らの高弟から諸侯まで、人物ごとに味読する一冊。

  • 偶像の黄昏 864円
    作家 フリードリヒ・ニーチェ 村井則夫
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出i文庫
    販売開始日 2019/05/31

    ニーチェの最後の著作が流麗で明晰な新訳でよみがえる。近代の偶像を破壊しながら、その思考を決算したニーチェ哲学の究極的な到達であると同時に自身によるニーチェ入門でもある名著。

  • 未来をつくる成功法則 1210円
    作家 ヨグマタ相川圭子
    出版社 大和書房
    販売開始日 2019/05/31

    成長のために創意工夫をかさね、粘り強く努力しながら、目標を達成して願いをかなえながら「自分も他人も幸せにする」ことが最高の自己実現。

  • アメリカ紀行 1300円
    作家 千葉雅也
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/05/29

    哲学の中心はいま、アメリカにあるのか? ベストセラー『勉強の哲学』の直後、 サバティカル(学外研究)で訪れたアメリカの地で、 次なる哲学の萌芽は生まれるのか。 聖なるもの、信頼、警報、無関係、...

  • 生きながらえる術 1512円
    作家 鷲田清一
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/05/29

    生存、表現、探求――人間の営みの本質とは何か。その果実としての形はどんな味わいなのか。今を良く生きるための哲学エッセイ。モノの形の味わい、生きることの難儀さ、芸術の偉力、考えることの深さ。多面体...

  • なぜ人は恐ろしいことをするのか 648円
    作家 曽野綾子
    出版社 シティブックス
    販売開始日 2019/05/24

    このエッセイは、(中略)私の贅沢な時間の報告として続いてきた。贅沢というと、おいしくていいものばかりと思われそうだが、およそ世間に存在するすべてのものはおもしろい。浅ましさ、狡さ、でたらめ、それ...

  • 図解 論語‐正直者がバカをみない生き方 1296円
    作家 齋藤孝
    出版社 ウェッジ
    販売開始日 2019/05/24

    ■大好評、齋藤先生の図解シリーズ第1弾! 2500年もの間、読み継がれ、多くの人の心の支えとなってきた『論語』。いまでは、この『論語』を必須にする小学校が増え、ビジネスでも論語に学ぶ動きが出てき...

  • 意味がない無意味 1944円
    作家 千葉雅也
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/05/10

    頭を空っぽにしなければ、行為できない......ベストセラー『動きすぎてはいけない』『勉強の哲学』で注目の哲学者が、「身体と行為」の本質へ迫る、待望の論集!千葉雅也十年の成果。