読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

エッセイの書き方 読んでもらえる文章のコツ

エッセイの書き方 読んでもらえる文章のコツ
電子書籍版
価格 858円(税込)
ポイント還元 8ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 232
販売開始日 2019/04/26
紙書籍版 取り扱い中

言葉の選び方、書き出しの心得、起承転結の「転」を利かし、書き手の「ええーっ」を読み手の「へえーっ」に換える極意とは? しなやかに感じて、したたかに描く奥義を伝授。エッセイ道30年の岸本んが、スマホ時代の文章術を明かします。単行本『エッセイ脳 800字から始まる文章読本』を改題。待望の文庫化。
第一章 テーマは連想の始動装置―「私」と「公共」の往復運動
第二章 頭にはたらきかける文、感覚にはたらきかける文―無意識を意識する
第三章 リスク回避と情報開示―「自分は他者でない」宿命を超えて
第四章 文を制御するマインド―「筆に随う」はエッセイにあらず
終章 ひとたび脳を離れたら

岸本葉子関連作品

  • 新着!
    人生の夕凪 古民家再生ツアー 539円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/11/22

    人気エッセイストの小説処女作が待望の文庫化!「僕に何かお役に立てることがあったら、いつでも言ってください。仕事のことでも、それ以外でも」「今、ひとつあるんですけれど......十数える間、よりか...

  • 二人の親を見送って 792円
    作家 岸本葉子
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    老いの途上で、親の死は必ず訪れる。介護や看取りの日々を経て、カラダとココロの構えや交友や旅、食事に対する趣も変わる。また、どう見送っても、自分を責める気持ちや後悔を抱えていくのではあるが、親亡き...

  • 「捨てなきゃ」と言いながら買っている 1232円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    販売開始日 2019/10/18

    「ちょっと早めの老い支度」を気にしつつも、小さいものでは引き出しのつまみからドラム式洗濯機などの大型家電まで、やっぱり購買欲は健在なり。お上品な毒舌が冴え渡る、大好評お買い物エッセイ第5弾。いよ...

  • ひとり老後、賢く楽しむ 1485円
    作家 岸本葉子
    出版社 文響社
    販売開始日 2019/07/19

    子どもがいても、夫婦でも、最後はひとり・・・? ちょっと早めに考えたい、 未来が明るくなる老後準備

  • 買い物の九割は失敗です 572円
    作家 岸本葉子
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/06/28

    ますます便利になった通販。時間をかけて吟味してポチったものの果たして結果は......!? かといってリアル店舗で購入すれば必ず成功というわけでもなく。失敗しても得しても、やっぱりお買い物は楽し...

  • NHK俳句 岸本葉子の「俳句の学び方」 1100円
    作家 岸本葉子
    出版社 NHK出版
    販売開始日 2019/06/14

    『NHK俳句』の人気司会者が、歴代選者俳人から学んだ作句に役立つ「役得メモ」を、10の格言と57の技、7つの心得に整理して大公開! 人気俳人・夏井いつき氏をはじめ番組選者たちが太鼓判を押した、「...

中公文庫関連作品

  • 新着!
    出張料亭おりおり堂 月下美人とホイコーロー 770円
    作家 安田依央
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/21

    「おりおり堂」に仁が戻り、山田澄香はまさかの「喪女」卒業か――と思われたが、今度はおじゃま虫が現れた。仁の弟で橘グループ総帥候補・孝だ。会社へ戻るよう仁を説得するため「料理を教えてほしい」と店に...

  • 新着!
    洋菓子店アルセーヌ (1~2巻) 748円792円
    作家 九条菜月
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/21

    恋人の浮気発覚でボロボロの陽咲は、傷を癒してくれたケーキの美味しさに感動し洋菓子店「アルセーヌ」で働くことに。だがこの店には怪しい裏稼業があって? その秘密を知ってしまった陽咲の運命は――?

  • 日本の民俗学 1320円
    作家 柳田國男
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/08

    民俗学とは何か。表題作ほか「国史と民俗学」「実験の史学」など学問実践の体系化を目指した論考によって「方法としての民俗学」を浮き彫りにする文庫オリジナル論集。折口信夫との対談、生涯と学問について語...

  • 合本版 魂の沃野(上・下) 1518円
    作家 北方謙三
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    雪が降る。加賀の雪は、赤い雪だ。<br>雪中に翻るは、「風」の旗――。<br><br>戦国の乱世に、加賀の地において百年にわたって独立国家を成した「百姓ノ持チタル国」――その誕生前夜に、北方文学...

  • アンダスタンド・メイビー (1~2巻) 776円796円
    作家 島本理生
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    少女は踏み込んだ、愛と破壊の世界へ――。著者デビュー10周年記念書き下ろし作品。恋愛小説の枠を超えた恋愛小説の誕生。

  • 果てしなき追跡 (1~2巻) 836円858円
    作家 逢坂剛
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/10/31

    元新撰組副長・土方歳三は新政府軍の銃弾に斃れた――はずだった。頭部に被弾した土方を救った時枝ゆらは、敵軍の目をかいくぐり、米国へと密航する。だが意識を取り戻した土方は、記憶を失っていたのだった。...

「日本」カテゴリ