読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史

新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史
電子書籍版
価格 1166円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 276
販売開始日 2019/04/26
紙書籍版 取り扱い中

新感覚! 衝撃!


248の元号を追っていくと、

新たな日本史が見えてくる!


元号は日本の歴史を語るうえで欠かすことのできない存在であり、「歴史の一大事には必ずといっていいほど元号が添いる。
2019年5月から改元を控え、新元号に込められた意味、
また元号とは何か?、
なぜ元号が使われるのか?、
元号は漢字2文字でなければならないのか?、
元号はどのように決まるのか?、
元号は誰が決めるのか?といった元号に関する解説していく。
さらには飛鳥・奈良時代の「大化」から始まる248の元号の歴史を追っていく。


元号から日本史を見ると、まずは「改元をする時の権力者」がわかる。
元号は最終的には天皇が決めるが、改元を進言するものが権力を掌握しているのだ。
関白、将軍、執権など権力誇示として改元が使われてきた足跡も垣間見える。

また、「なぜ、改元する必要があったのか」では、
地震や水害などの天変地異による改元、
はしかや天然痘の流行による祈祷を込めた改元、
または金や銅が発見されたことに対する喜びによる改元、
天皇の代替わりによる代始の改元など、
改元理由だけを見ても、各時代での「元号に込められた意味や願い」がわかる。
さらには元号に使われた文字からは、どのような国家を求めていたか、何を理想としていたのかが見えてくる。


改元にまつわる各エピソードも楽しい。
1239年に改元された「暦仁」は、「略人」(人々が死んでいなくなること)に通じるということから公卿の間で評判が悪かったり、
1489年に改元された「延徳」の際には、応仁の乱の戦乱中だったこともあり、朝廷内で改元奉行を辞退する者が相次ぎ、改元の時期がずれこんだなどの逸話に触れることができる。

安藤優一郎関連作品

  • 江戸文化から見る 男娼と男色の歴史 1652円
    作家 安藤優一郎
    出版社 カンゼン
    販売開始日 2019/08/21

    江戸時代、男も女も虜にした 美少年との性の世界 かつての日本で「男色」は特別なことではなく日常だった。 江戸の町には「陰間茶屋」と呼ばれる店があった。 「陰間」とは、金品と引き換えに身体を売る...

  • 幕臣たちの明治維新 702円
    作家 安藤優一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/14

    御家人の日常生活から徳川家でなされた大リストラの実態まで、歴史の闇に埋もれた「もう一つの明治維新」を描き出す。

  • 明治維新 隠された真実 1944円
    作家 安藤優一郎
    出版社 日本経済新聞出版社
    販売開始日 2019/05/24

    朝敵とされた雄藩の処置の裏側で凄まじい権力闘争が続いていた! 維新直後の新政府は、瓦解の危機に瀕していたのだ! 藩閥政治という言葉に象徴されるように、明治政府は薩摩・長州藩が牛耳っていたという...

  • 江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史 1652円
    作家 安藤優一郎
    出版社 カンゼン
    販売開始日 2019/04/05

    各地にあった色町の歴史をひも解き、 当時の色町の繁栄ぶりに思いをはせる―― 江戸時代には公認・非公認にかかわらず、多くの遊里があった。 江戸吉原をはじめ、品川や新宿などの宿場町、深川や上野など...

  • 江戸の不動産 880円
    作家 安藤優一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/03/20

    花のお江戸では不動産ビジネスが花ざかり。武士も、町人も、農家も、こぞって土地取引に精をだしていた‐‐! 江戸を世界一の大都市に押し上げた原動力は、活発な不動産取引だった。大名や旗本は郊外の土地...

  • 大名屋敷「謎」の生活 730円
    作家 安藤優一郎
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP文庫
    販売開始日 2019/03/01

    「大名屋敷」の存在なくして、江戸の繁栄はなかった! その圧倒的な面積、巨大な経済効果、全国から集まる殿様たちの生活の秘密に迫る。

徳間書店関連作品

「日本史 一般」カテゴリ

  • 新着!
    京都見廻組 1300円
    作家 黒鉄ヒロシ
    出版社 PHP研究所
    販売開始日 2019/09/13

    坂本龍馬暗殺の実行犯とされる見廻組。この幕臣で組織された京都警備部隊の知られざる景色を、新選組との対比により鬼才が鮮やかに描く。

  • 敗軍の将、輝く 1296円
    作家 望田武司
    出版社 中西出版
    販売開始日 2019/08/02

    明治41年10月26日永眠。享年73。東京の新聞は、榎本武揚の葬儀を盛大な“江戸っ子葬”と報じた。旧幕府軍で蝦夷国総裁として新政府と対立し、箱館戦争で“敗軍の将”となった榎本武揚。しかし敗将の“...

  • 流れがわかる! 年表でおさらい日本史 1080円
    作家 田崎俊明
    出版社 ベレ出版
    販売開始日 2019/08/02

    小中高で習う日本史を、前後関係をつかみながら効率的に総ざらい!

  • 琉球王国 東アジアのコーナーストーン 1458円
    作家 赤嶺守
    出版社 講談社
    レーベル 講談社選書メチエ
    販売開始日 2019/07/15

    東アジアの中軸として、中世の大航海時代をリードした通商王国。華僑の活躍・倭冦との関係・明との進貢貿易の実際など、新史料を駆使し新たな琉球像を提示する。

  • 花の忠臣蔵 1944円
    作家 野口武彦
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/15

    事実と虚構、倫理と経済の間で醸成される日本人の心性。元禄から平成へ、時空を超えて紡がれつづける物語の中に歴史の魂を呼び返す。

  • 白虎隊士飯沼貞吉の回生 1296円
    作家 飯沼一元
    出版社 ブイツーソリューション
    販売開始日 2019/06/28

    会津飯盛山で集団自刃した白虎隊。隊士はなせ自刃したのか? 奇跡的にただ一人生き残った隊士飯沼貞吉が手記を残していた! 貞吉直系の孫が新たに発掘した資料に基づき克明に跡付ける。 NHK大河ドラマ「...

  • 諡 天皇の呼び名 1728円
    作家 野村朋弘
    出版社 中央公論新社
    販売開始日 2019/06/28

    天皇の死後の呼び名を「諡号」という。しかし、その諡号のあり方も時代によって大きく変遷してきた。明治以降は、一世一元の制のもと、在位中の元号をもって呼ばれることになる。本書では、中国の周代に始まる...

  • 図説 一冊で学び直せる日本史の本 700円
    作家 後藤武士
    出版社 学研
    販売開始日 2019/05/31

    古代から現代まで、日本史を一気に学び直せる一冊。監修には後藤武士氏を迎え、歴史の本質的なポイントをわかりやすく提示する。

  • 図解 面白いほどよくわかる!日本史 950円
    作家 橋場日月
    出版社 西東社
    販売開始日 2019/04/26

    ★★縄文時代から昭和時代までの日本史の流れを、オールカラーでわかりやすくまとめました。★★ 600点を超える細密CGイラストと写真・絵図を掲載しています。 ※本書は、当社ロングセラー「大判ビジ...

  • 日本二千六百年史 2468円
    作家 大川周明
    出版社 土曜社
    販売開始日 2019/04/12

    大川史観の集大成

  • 日本の名城写真図鑑103 788円
    作家 双葉社
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉社スーパームック
    販売開始日 2019/03/30

    ※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 ...

  • いっきにわかる! 日本史のミカタ 1188円
    作家 河合敦
    出版社 辰巳出版
    販売開始日 2019/03/29

    7つの新しい「見方」が、日本史学習の最強の「味方」になる! 重要7テーマで「タテの流れ」をつかむと日本の歴史がここまで理解できる! 為政者、政治、経済、文化、外交、戦乱、衣食住7つのテーマで歴史...