読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史

新元号「令和」に秘められた暗号 元号で見る日本の歴史
電子書籍版
価格 1188円(税込)
ポイント還元 11ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 276
販売開始日 2019/04/26
紙書籍版 取り扱い中

新感覚! 衝撃!


248の元号を追っていくと、

新たな日本史が見えてくる!


元号は日本の歴史を語るうえで欠かすことのできない存在であり、「歴史の一大事には必ずといっていいほど元号が添いる。
2019年5月から改元を控え、新元号に込められた意味、
また元号とは何か?、
なぜ元号が使われるのか?、
元号は漢字2文字でなければならないのか?、
元号はどのように決まるのか?、
元号は誰が決めるのか?といった元号に関する解説していく。
さらには飛鳥・奈良時代の「大化」から始まる248の元号の歴史を追っていく。


元号から日本史を見ると、まずは「改元をする時の権力者」がわかる。
元号は最終的には天皇が決めるが、改元を進言するものが権力を掌握しているのだ。
関白、将軍、執権など権力誇示として改元が使われてきた足跡も垣間見える。

また、「なぜ、改元する必要があったのか」では、
地震や水害などの天変地異による改元、
はしかや天然痘の流行による祈祷を込めた改元、
または金や銅が発見されたことに対する喜びによる改元、
天皇の代替わりによる代始の改元など、
改元理由だけを見ても、各時代での「元号に込められた意味や願い」がわかる。
さらには元号に使われた文字からは、どのような国家を求めていたか、何を理想としていたのかが見えてくる。


改元にまつわる各エピソードも楽しい。
1239年に改元された「暦仁」は、「略人」(人々が死んでいなくなること)に通じるということから公卿の間で評判が悪かったり、
1489年に改元された「延徳」の際には、応仁の乱の戦乱中だったこともあり、朝廷内で改元奉行を辞退する者が相次ぎ、改元の時期がずれこんだなどの逸話に触れることができる。

安藤優一郎関連作品

  • 大江戸の飯と酒と女 660円
    作家 安藤優一郎
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2019/10/11

    泰平の世を謳歌する江戸は、飲食文化が花盛り! 田舎者の武士や、急増した町人たちが大いに楽しんだ。武士の食べ歩き、大食い大会の様子、ブランド酒、居酒屋の誕生、出会い茶屋での男女の密会‐‐。日記や記...

  • 江戸文化から見る 男娼と男色の歴史 1683円
    作家 安藤優一郎
    出版社 カンゼン
    販売開始日 2019/08/21

    江戸時代、男も女も虜にした 美少年との性の世界 かつての日本で「男色」は特別なことではなく日常だった。 江戸の町には「陰間茶屋」と呼ばれる店があった。 「陰間」とは、金品と引き換えに身体を売る...

  • 幕臣たちの明治維新 715円
    作家 安藤優一郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社現代新書
    販売開始日 2019/07/14

    御家人の日常生活から徳川家でなされた大リストラの実態まで、歴史の闇に埋もれた「もう一つの明治維新」を描き出す。

  • 明治維新 隠された真実 1980円
    作家 安藤優一郎
    出版社 日本経済新聞出版社
    販売開始日 2019/05/24

    朝敵とされた雄藩の処置の裏側で凄まじい権力闘争が続いていた! 維新直後の新政府は、瓦解の危機に瀕していたのだ! 藩閥政治という言葉に象徴されるように、明治政府は薩摩・長州藩が牛耳っていたという...

  • 江戸を賑わした 色街文化と遊女の歴史 1683円
    作家 安藤優一郎
    出版社 カンゼン
    販売開始日 2019/04/05

    各地にあった色町の歴史をひも解き、 当時の色町の繁栄ぶりに思いをはせる―― 江戸時代には公認・非公認にかかわらず、多くの遊里があった。 江戸吉原をはじめ、品川や新宿などの宿場町、深川や上野など...

  • 江戸の不動産 897円
    作家 安藤優一郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春新書
    販売開始日 2019/03/20

    花のお江戸では不動産ビジネスが花ざかり。武士も、町人も、農家も、こぞって土地取引に精をだしていた‐‐! 江戸を世界一の大都市に押し上げた原動力は、活発な不動産取引だった。大名や旗本は郊外の土地...

徳間書店関連作品

  • 警視庁浅草東署Strio トゥモロー 781円
    作家 鈴峯紅也
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/12/06

    腕は確かだが難物ばかりが揃う浅草東署。その署で任に当たる新海悟には、二人の親友がいる。テキ屋・瀬川藤太と政治家秘書・坂崎和馬だ。ある日、新海が「三度目の、正直」の言葉と共に撃たれた。犯人を追って...

  • 『スター☆トゥインクルプリキュア』特別増刊号 アニメー... 1351円
    作家 アニメージュ編集部
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/12/06

    【ご購入の前に】 読者プレゼント及び応募者全員サービス応募用紙は、電子書籍版には付属しておりません。これらのサービスをお求めの方は、紙版をご購入ください。 本書は『映画スター☆トゥインクルプリ...

  • 死にたがる女 726円
    作家 笹沢左保
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/12/06

    井戸警部の夢の中に、六年前に自殺した身元不明の女性が現れた。その直後に起きた殺人事件の被害者は、夢に出てきた女性にそっくりだった(「死者は瓜二つ」)。 直美は、何度も自殺を繰り返すが、偶然に救わ...

  • ゼロ・アワー 814円
    作家 中山可穂
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/12/06

    殺し屋に家族を殺され、独り生き残った少女は復讐を誓う。犯人にたどり着く手がかりはタンゴとシェイクスピア。東京とブエノスアイレスを舞台に、“ロミオ”と“ハムレット”の壮絶な闘いが幕を開ける。アルゼ...

  • 忌品<新装版> 550円
    作家 太田忠司
    出版社 徳間書店
    レーベル トクマノベルズ
    販売開始日 2019/12/02

    「道具」に秘められた魔の力と、 それに引き寄せられてしまったひとびとを描くホラー短編集。 ★眼鏡 亡父の仕事場で見つけた円縁眼鏡をかけると、白紙の本に奇妙な活字が現れた。 それは自分に向けて...

  • 福音の少年 時の神に抗いて 550円
    作家 加地尚武
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間デュアル文庫
    販売開始日 2019/12/02

    書き下ろしで贈る待望の新作! 予言通り、最終(ハルマゲドン)戦争に突入か? 神( アポストロス)の御使いを名乗る憑かれし者と魔法使いの戦い。本作品は「福音の少年 時の神に抗いて」を加筆修正した新...

「日本史 一般」カテゴリ