読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

絶望の金融市場 株よりも債券崩れが怖ろしい

絶望の金融市場 株よりも債券崩れが怖ろしい
電子書籍版
価格 1584円(税込)
ポイント還元 15ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 280
販売開始日 2019/04/26
紙書籍版 取り扱い中

本当に怖ろしいのは株ではなく債券だ!


ジャンク債が暴落したら恐慌に突入。だから金(ゴールド)を買い増せ!

2019年年初にはドル円の為替相場でフラッシュクラッシュが起きた。
コンピュータによる高速取引がからんだ一瞬の暴落である。
これから世界の金融市場が急速に流動化していく。
その中心は株ではなく、債券になるだろう。とりわけジャンク債の暴落が大恐慌への導火線となる。

米中貿易戦争を含む経済の激変を副島隆彦が予測する。

副島隆彦関連作品

徳間書店関連作品

「エッセイ・雑学」カテゴリ