読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

病院が消える―週刊東洋経済eビジネス新書No.296

病院が消える―週刊東洋経済eビジネス新書No.296
電子書籍版
価格 324円(税込)
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/05/10

日本は人口当たりの病院数がOECD加盟国中2位の「病院過剰」国である。しかも患者数(人口)は減少していく。
最近、赤字病院が増えているというのも、医療費を抑制する政策によって収入が増えないのに、人手不足や働き方改革で人件費が膨らんでいることが理由に挙げられている。
通っていた病院が突然なくなる。そんなことが不思議ではない時代がやってくるかもしれない。経営が安定しないと医療の質は保てない。人口減少、コスト上昇で病院の大再編が迫っている。

本誌は『週刊東洋経済』2019年2月9日号掲載の20ページ分を電子化したものです。

週刊東洋経済編集部関連作品

週刊東洋経済eビジネス新書関連作品

週刊東洋経済関連作品