読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

色川武大・阿佐田哲也 電子全集2 麻雀放浪記 完全版『麻雀放浪記』(青春篇・風雲篇・激闘篇・番外篇)

色川武大・阿佐田哲也 電子全集2 麻雀放浪記 完全版『麻雀放浪記』(青春篇・風雲篇・激闘篇・番外篇)
電子書籍版
試し読み 試し読み
※試し読みにはNeowing eBook Readerが必要です。
価格 2200円(税込)
ポイント還元 22ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/05/24

阿佐田哲也のピカレスクロマンの最高傑作『麻雀放浪記』。映画化された「青春篇」以下、全4篇を完全収録!

色川武大の別ペンネーム「阿佐田哲也」の名を一躍有名にしたピカレスクロマン(悪漢小説)の傑作『麻雀放浪記』。
その嚆矢となった「青春篇」は、1969年1月から「週刊大衆」に連載開始された。終戦直後の上野のドヤ街で、ドサ健と出会い、博打にのめりこんでいく主人公・坊や哲が、出目徳、女衒の達、上州虎ら仕事師と渡り合い、生き残りをかけて激闘する様は評判を呼び、阿佐田哲也は[麻雀小説]の世界を確立させた。1984年には、イラストレーター和田誠の初監督作品として映画化もされ、大ヒットを記録したことでも知られる。
さらに関西での死闘を記した「風雲篇」や新しいタイプの麻雀打ちに苦戦する「激闘篇」、サラリーマンとなった坊や哲を描く「番外篇」の続篇3作品を加え、全4篇を収録し、麻雀放浪記ワールドを1巻で完全再現する、電子全集ならではの理想的な構成となった。解説は、ピカレスクロマンに造詣の深い、作家・北上次郎氏。解題は、アンソロジストとして阿佐田哲也作品に関わった結城信孝氏が担当。
付録として「麻雀放浪記 風雲篇」の生原稿、映画「麻雀放浪記」のシナリオ(一部)のほか、和田誠氏の色川武大回想記等を収録する。

シリーズ作品

色川武大関連作品

阿佐田哲也関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    改良 1430円
    作家 遠野遥
    出版社 河出書房新社
    販売開始日 2019/12/13

    女になりたいのではない、「私」でありたい ゆるやかな絶望を生きる男が唯一求めたのは、 美しくなることだった 選考委員・磯崎憲一郎、斎藤美奈子、村田沙耶香、困惑、そして驚愕。 物議を醸すニヒリズ...

  • 新着!
    黙阿弥 1320円
    作家 河竹登志夫
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文芸文庫
    販売開始日 2019/12/13

    坪内逍遙に“明治の近松、我国のシェークスピア”と称された河竹黙阿弥。黙阿弥の真の姿と心の奥の風景を描く曾孫からの鎮魂の評伝。

  • 新着!
    忘れ蝶のメモリー 660円
    作家 新井千裕
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    記憶を1日に2日分ずつ忘れ蝶に食べられてしまった彼女は、20歳の誕生日には、すべての記憶を失なってしまう。しかもそれは明日!

  • 新着!
    ウォーク in チャコールグレイ 770円
    作家 干刈あがた
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    早大に入学し学生新聞の創刊にかける男女の愛と苦悩の日々。60年代の青春群像を描いて今に甦る、早世した作家の自伝的長編小説。

  • 新着!
    蔦燃 660円
    作家 高樹のぶ子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    真砂子の前に、突然現れた、夫・光司の異母弟・末次郎。垣根に絡みつく蔦のように、友江の家にひび割れを作ろうとしているのか。

  • 新着!
    忍法甲州路 1210円
    作家 山田風太郎
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/12/13

    「風太郎忍法帖」の中で、現在入手不可能の、驚天動地・抱腹絶倒の忍法で読者を魅了すること請け合いの作品を集めた、傑作短編集。

  • 新着!
    追放と自由 660円
    作家 李恢成
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    おれは生きる場所があるのか......朝鮮人でもなく、日本人でもない石時雄。力強く再生の道を踏み出す帰化朝鮮人青年の心の軌跡を描く。

  • 新着!
    これは懺悔ではなく 660円
    作家 高樹のぶ子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    誰もが羨む、大学助教授同士の夫婦。知的で経済的にも恵まれて。愛情のたぎる季節が過ぎた時、妻は偶然幼なじみの女性と再会した。

  • 新着!
    牡丹の庭 660円
    作家 芝木好子
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    後妻は、色濃く残る先妻の幻影に怯え、彼女が丹精した牡丹の庭に憎悪すら覚えるようになる。女性の微妙な心のゆらめきと翳りを描く。

  • 新着!
    海鳴りの街 660円
    作家 夏堀正元
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    30年近く「兄妹」として暮してきた義兄への愛が、日ましに深まっていく。運河の街・小樽を舞台に男女を描いた本格恋愛小説。

  • 新着!
    虫たちの墓 660円
    作家 結城昌治
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    米軍将校を処刑した村井をタテ糸とするこの長編小説は、、戦中・戦後の時代精神と風俗をあざやかに浮き彫りにする。国家とは何か。

  • 新着!
    大雪物語 726円
    作家 藤田宜永
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/12/13

    想定外の事態に右往左往する人々の悲喜こもごもを直木賞作家が綿密にかつ温かく活写したオムニバス短編作品集。吉川英治文学賞受賞