読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

渋沢栄一 下 論語篇

渋沢栄一 下 論語篇
電子書籍版
価格 968円(税込)
ポイント還元 9ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 560
販売開始日 2019/05/24
紙書籍版 取り扱い中

新1万円札の肖像画に選ばれた、「日本資本主義の育ての親」渋沢栄一。幕末から明治、大正、昭和へと至る91年の激動の生涯を、博覧強記の才人・鹿島茂が描いた傑作評伝、ついに電子書籍化!

「どうしたら、永く儲けられるのか?」。欲望を肯定しつつ、一定の歯止めをかける。‐‐出した答えは、「論語と算盤」だった。大蔵省を退官し、銀行、海運、鉄鋼、電力、ガス、大学、病院など500を超える事業に関わり、近代日本経済の礎をつくった渋沢。事業から引退した後半生では、格差社会、福祉問題、諸外国との軋轢など、現在にも通じる社会問題に真っ向から立ち向かった......。波瀾万丈の評伝、その下巻・論語篇。

「最初の企画から考えるとじつに十八年近くを経過している。年数だけからいえば『大菩薩峠』級である。この間、私はなんと百冊以上の本を出版したが、しかし、渋沢伝はライフワークのひとつとして位置づけ、なんとかこれだけは世に出したいと念じてきた」
(本文より)

シリーズ作品

  • 渋沢栄一 上 算盤篇 鹿島茂/著 968円(税込) 9ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/05/24

    新1万円札の肖像画に選ばれた、「日本資本主義の育ての親」渋沢栄一。幕末から明治、大正、昭和へと至る91年の激動の生涯を、博覧強記の才人・鹿島茂が描いた傑作...

鹿島茂関連作品

文春文庫関連作品

  • 主君 井伊の赤鬼・直政伝 880円
    作家 高殿円
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    その男は、たった一人の井伊家再興の希望だった‐‐。 お前の“主君”はだれだ? 人は何のために人に仕えるのか。 家康に寵愛され、その苛烈さから「赤鬼」と呼ばれた井伊家第17代当主・井伊直政の生涯...

  • 赤川次郎クラシックス 幽霊湖畔 791円
    作家 赤川次郎
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    〈赤川次郎クラシックス〉 第5弾。 宇野警部と永井夕子が、休暇で湖畔のホテルに滞在中、アルバイト学生がナイフを胸に突きたてられた死体で発見される。 この人造湖の湖底には、かつて強盗殺人事件で奪...

  • つながらない勇気 ネット断食3日間のススメ 701円
    作家 藤原智美
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    気がつくと、一日中スマホを見ていませんか? ネットが生活に欠かせない現代。 人間本来の思考力と想像力を取り戻すために「書きことば」の力を今一度信じたい。人生を変える一冊! 電車の中で、乗客全員...

  • 不穏な眠り 711円
    作家 若竹七海
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    仕事はできるが不運すぎる女探偵・葉村晶。 NHKドラマ化で話題の人気シリーズ! ミステリ専門書店でアルバイトとしながら、〈白熊探偵社〉の調査員として働いている葉村晶に今日も事件の依頼が......

  • 悲しみの秘義 801円
    作家 若松英輔
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    もしあなたが今、このうえなく大切な何かを失って、 暗闇のなかにいるとしたら、この本をおすすめしたい――(解説・俵万智) 宮沢賢治、須賀敦子、神谷美恵子、リルケ、プラトン、小林英雄、ユングらの、...

  • 私の「紅白歌合戦」物語 791円
    作家 山川静夫
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/12/05

    令和元年暮れに七十回目を迎えた紅白歌合戦。 昭和49年より9年連続で白組司会を務めた元NHKアナウンサーだから書ける舞台の裏側と、とっておきの話。 誌上での再現放送や、当時の著者の日記も公開。 ...

「人物評伝」カテゴリ