読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった

風をつかまえた少年 14歳だったぼくはたったひとりで風力発電をつくった
電子書籍版
価格 1000円(税込)
ポイント還元 10ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 480
販売開始日 2019/05/31
紙書籍版 取り扱い中

アフリカの最貧国・マラウイを食糧危機が襲い、ウィリアム少年は食べていくために中学校を退学せざるをえなくなる。。
しかし、知的好奇心にあふれた彼はNPOがつくった図書館に通い、そこで風力発電について書かれた一冊の本と出会います。
電気があれば暗闇と空腹から解放される――ウィリアム少年は発電の仕組みを独学し、廃品を集めて作った風車で発電に成功、そこから大きなチャンスをつかみます。

池上彰さんも「学ぶということが、これほどまでに人生を豊かにしてくれるとは」「私たち日本人が忘れていたことを、この本は教えてくれます」と解説で太鼓判を押す、感動の実話。

田口俊樹関連作品

文春文庫関連作品

  • 新着!
    昭和十七年の夏 幻の甲子園 戦時下の球児たち 720円
    作家 早坂隆
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/07/19

    正史から抹殺された甲子園大会の「謎」に迫る! 昭和十七年夏の甲子園大会は、朝日新聞主催から文部省主催に変更。さらに、戦意高揚のため特異な戦時ルールが適用され、「選手」としてではなく「選士」とし...

  • ペット・セマタリー (1~2巻) 570円631円
    作家 スティーヴン・キング 深町眞理子
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/28

    2019年、リメイク版映画が公開! 競争社会を逃れてメイン州の田舎に越してきた医師一家を襲う怪異。モダン・ホラーの第一人者が“死者のよみがえり”のテーマに真っ向から挑んだ、恐ろしくも哀切な家族愛...

  • 裁く眼 800円
    作家 我孫子武丸
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/06

    法廷画家が描いたその絵は危険すぎる――。 美人被告人は残忍な殺人鬼か、それとも聖女なのか? 漫画家になりそこね、路上で似顔絵を描いて生計をたてていた袴田鉄雄。 ある日、テレビ局からの急な依頼を...

  • アンバランス 730円
    作家 加藤千恵
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/06

    「彼女とセックスできる理由を話して」 性的不能だと信じていた夫の愛人は、醜く太った中年の女だった。 専業主婦の日奈子のもとへ、ある日、夫の愛人と名乗る、太った中年女性がやってくる。 夫のユキは...

  • 紅雲町珈琲屋こよみ (1~6巻) 581円631円
    作家 吉永南央
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/06

    おばあちゃんは名探偵? 街の噂や事件の先にみた人生の真実とは...オール讀物推理小説新人賞受賞作を含む連作ミステリ

  • 静かな雨 600円
    作家 宮下奈都
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春文庫
    販売開始日 2019/06/06

    忘れても忘れても、ふたりの世界は失われない。 映画化決定(主演・太賀、衛藤美彩)、本屋大賞受賞作家の瑞々しいデビュー作。 行助は美味しいたいやき屋を一人で経営するこよみと出会い、親しくなる。 ...

「選書・双書シリーズ」カテゴリ