読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

もしも土方歳三が検事だったら 処刑殺人事件 連続殺人事件の真相を、検事生命を懸けて究明する。

もしも土方歳三が検事だったら 処刑殺人事件 連続殺人事件の真相を、検事生命を懸けて究明する。
電子書籍版
価格 647円(税込)
ポイント還元 6ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
販売開始日 2019/06/14

【書籍説明】

土方歳三は東京地検の公判部検事である。

刑事部の捜査検事が起訴した連続殺人事件の裁判を担当することになった。


夫が我が子を虐待死させるのを手伝った女、融資先を窮地に追い込んで自殺させた銀行員、
轢逃げ事件をもみ消した大病院の院長、同級生をリンチして殺してしまった女子高校生が、次々と殺された。

ネット上で、「正義の執行者」と名乗る人間が「処刑した」と宣言した。

警察と捜査検事は、「正義の執行者」が野口健司であることを突き止め、逮捕、起訴した。


だが、歳三の鋭い勘は野口の自白に嘘を感じた。

真犯人は他にいる!

歳三は、刑事部に再捜査を求めたが、刑事部長伊東甲子太郎は頑として撥ねつけた。

公判部長の清河八郎も起訴取消しを許可しない。

野口の弁護士山南敬助は情状酌量を求めるばかりで、野口の無罪を主張しない。


歳三は検事生命を懸けて、法廷において真相を明らかにする決意を固めた。


弁護士近藤勇、犯罪心理学者沖田総司らの協力を得て、歳三は検事の使命を果たそうとする。



【目次】
四件の殺人
連続殺人
正義の執行者
サイコパス
ネットのヒーロー
再捜査拒否
殺人の動機
処刑宣言
無罪の主張
検察側の証人
プロファイリング
真相究明
秋霜烈日

潮美瑶関連作品

MBビジネス研究班関連作品

「日本」カテゴリ

  • 新着!
    スワロウテイルの消失点 法医昆虫学捜査官 1296円
    作家 川瀬七緒
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/23

    腐乱死体の解剖に立ち会った岩楯らに感染症の疑いが! だが法医昆虫学者の赤堀は動じなかった。騒ぎの原因を解説し死亡推定月日を!

  • 棟居刑事の証明 583円
    作家 森村誠一
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    政財界に大きな影響力を誇っていた大物総会屋・税所重信の変死体が雑木林で発見された。捜査の過程で棟居刑事は、夏の終わりに海で偶然出会った六人の男女と、思いがけない再会を果たす――。人間の本質に鋭く...

  • みやこさわぎ 690円
    作家 西條奈加
    出版社 東京創元社
    レーベル 創元推理文庫
    販売開始日 2019/07/19

    情緒と歴史が残る街・神楽坂を騒がす事件を元芸者のお蔦さんが痛快に解決していく! 人情と粋、そして望が作る美味しい料理がたっぷり味わえる、大好評シリーズ第3弾。

  • ニュートンの密室 504円
    作家 吉村達也
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    箱根の美術館の円筒形オブジェの中で女性彫刻家が殺された。現場は完全密室で犯人の姿はない。万有引力に逆らったトリックとは?

  • 左遷捜査 (1~2巻) 551円562円
    作家 翔田寛
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2019/07/19

    「そんなことは自分の頭で考えろ!」警視庁捜査一課に配属された目崎敦史は、コンビを組むベテラン刑事・棟方国雄警部補からどやされてばかりいる。目崎の経験のなさのせいでもあるが、“辞めさせ屋”の異名を...

  • 大江戸科学捜査 八丁堀のおゆう (1~5巻) 583円661円
    作家 山本巧次
    出版社 宝島社
    レーベル 宝島社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    江戸の両国橋近くに住むおゆうは、老舗の薬種問屋から殺された息子の汚名をそそいでほしいと依頼を受け、同心の伝三郎とともに調査に乗り出す......が彼女の正体はアラサー元OL・関口優佳。家の扉をく...

  • ピタゴラスの時刻表 702円
    作家 吉村達也
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    クラス会の最中に、老舗旅館の跡取り息子が首を吊った! そのポケットには架空の時刻表が。犯人の巧妙なトリック。傑作ミステリー。

  • 十津川警部 スーパー北斗殺人事件 767円
    作家 西村京太郎
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉ノベルス
    販売開始日 2019/07/19

    特急スーパー北斗で札幌に通う関口透は、車内で出会った鎌谷理佐子に興味をいだき、彼女を尾行した。その後、理佐子は行方不明になった。上京した関口は、浅草の祭りで理佐子にそっくりの娘、松平かえでにめぐ...

  • 孤独なアスファルト 648円
    作家 藤村正太
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    玉川上水で日東グラスウール常務・郷司の死体が発見された。容疑者に東北出身の田代少年が浮かび上がるが......。江戸川乱歩賞受賞作。

  • 湖底の光芒 594円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    レンズ製造会社を経営している遠沢加須子。加須子の妹の情熱が一つの悲劇を呼ぶ......諏訪湖に沈む謎はとは?

  • 黒い樹海 648円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    新聞社へ勤めた笠原祥子の姉の事故死が、相次ぐ殺人事件に――。マスコミに潜む人間悪を抉る推理の傑作。

  • 草の陰刻 864円
    作家 松本清張
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/19

    怪火で焼死した事務官、死亡した元検事の娘からの手紙――。青年検事が真相追跡を始めた!!