読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

遺臣 百万石の留守居役(四)

遺臣 百万石の留守居役(四)
電子書籍版
価格 726円(税込)
ポイント還元 7ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 352
販売開始日 2019/07/17
紙書籍版 取り扱い中

四代将軍家綱の死去。宮家擁立に失敗した家綱の寵臣大老酒井忠清は権力の座から滑り落ちる。代わって台頭したのが、館林公綱吉を擁立した堀田正俊。加賀前田家には頭の痛い問題があった。不祥事で放逐した留守居役の小沢が事もあろうに堀田家に抱えられている。繋ぎのできるのは、新米留守居役の数馬だけ。藩の命運を懸けた高度な交渉に数馬が挑む。そして、失意の大老酒井は再逆転を狙い伊賀者に秘策を命ずる。百万石、危うし。

シリーズ作品

  • 波乱 百万石の留守居役(一) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    四代将軍家綱の後継になんと加賀藩主前田綱紀を担ぎ出そうとする動きが。外様取り潰しの策略か。藩論二分する中で瀬能数馬は江戸へ。

  • 思惑 百万石の留守居役(二) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    藩主綱紀の次期将軍推挙に揺れる加賀藩。国元で孤立し反対派に狙われる重臣前田直作を護衛し、江戸に急ぐ数馬を待ち受けていたのは?

  • 新参 百万石の留守居役(三) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    留守居役は藩の顔。若すぎる数馬に、先達たちの手厳しい通過儀礼が。初仕事は、加賀を裏切り、老中堀田家に走った前任者との対決!

  • 密約 百万石の留守居役(五) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    陪臣でありながら徳川の秘密を握る本多家は、百万石加賀前田家にとっては両刃の剣。加賀潰しを狙う堀田正俊の罠が留守居役数馬に迫る

  • 使者 百万石の留守居役(六) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    跡継ぎのいない藩主綱紀の継室をめぐり、各藩留守居役が動く。数馬は保科家の会津へ。だが数馬を恨む浪人たちに会津の地で襲われ!?

  • 貸借 百万石の留守居役(七) 上田秀人/著 726円(税込) 7ポイント(1%)
    販売開始日: 2019/07/17

    藩の顔である留守居役の貸し借りは大事。会津に貸しをつくった瀬能数馬に、新たな役目が。参勤交代で国元に帰る藩主一行のお膳立て。

上田秀人関連作品

  • 勘定侍 715円
    作家 上田秀人
    出版社 小学館
    レーベル 小学館文庫
    販売開始日 2020/02/06

    大坂商人、柳生一族の陰謀に巻き込まれる!

  • 本意に非ず 1500円
    作家 上田秀人
    出版社 文藝春秋
    レーベル 文春e-book
    販売開始日 2019/11/11

    光秀はなぜ信長を討ったのか――。 文庫書き下ろしの人気作家による本格歴史小説集! 明智光秀――一番愚かなのは余よな。気づかぬうちに愚挙の旗印にされていた。 松永久秀――極悪の者という評判は三好...

  • 禁裏付雅帳 (1~9巻) 715円726円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/10/09

    幕府の密命で京に向かう若き使番東城鷹矢。警戒心をあらわにする朝廷。鷹矢は巨大な陰謀に身を投じる。待望の新シリーズ、開幕!

  • 流葉断の太刀 裏用心棒譚二 1683円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    販売開始日 2019/09/10

    松平家の家宝を盗んでほしい――。 田沼意次が盗賊たちに下した密命は驚くべきものだった。 徳川家を祟るとして東照宮に秘蔵されていた流葉断の太刀を、 松平定信が秘密裏に持ち出した形跡がある。 それを...

  • 裏用心棒譚一 茜の茶碗 748円
    作家 上田秀人
    出版社 徳間書店
    レーベル 徳間文庫
    販売開始日 2019/08/06

    当て身一発で追っ手を黙らす。浪人の小宮山は凄腕の見張り役だ。盗賊からの信頼も篤く、仕事は引きもきらない。しかし彼には、裏の顔があった――。相馬中村藩に下賜された茜の茶碗が盗まれた。事が露見すれば...

  • 奥右筆秘帳 (1~13巻) 550円744円
    作家 上田秀人
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2019/07/18

    立花併右衛門は権勢を誇った田沼意次の孫意明の死亡届を見て、12年前の田沼意知刃傷事件に疑念をはさむ。

講談社文庫関連作品

「歴史・戦記」カテゴリ

  • 新着!
    山本周五郎 作品集 合本版 一巻~十巻 1100円
    作家 山本周五郎 こひやまあきひこ
    出版社 オリオンブックス
    販売開始日 2020/03/27

    山本周五郎作品集の一巻から十巻までを一気に読める合本。さまざまな事情を抱え、必死で生きていく人々に思わず胸が熱くなる。

  • 新着!
    中大兄皇子伝 (1~2巻) 715円
    作家 黒岩重吾
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/03/27

    若き皇子は、蘇我入鹿の首に刀を突き刺した。数々の禁忌を打ち破り、大化の改新の立役者となった中大兄皇子。その常人離れした野望。

  • 新着!
    三国志英雄ここにあり (1~3巻) 880円935円
    作家 柴田錬三郎
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/03/27

    後漢霊帝の皇基衰えて天下は乱れ、劉備玄徳は、関羽、張飛と義を結んで黄巾賊討滅に起上った。治乱興亡を描く、興趣横溢の長編小説。

  • 新着!
    江戸城の宮廷政治 熊本藩細川忠興・忠利父子の往復書状 770円
    作家 山本博文
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/03/27

    現代の政治風土をつくった江戸時代初期の権力抗争を、熊本藩細川忠興・忠利父子の膨大な往復書簡から解読する歴史ノンフィクション。

  • 新着!
    天風の彩王 (1~2巻) 825円
    作家 黒岩重吾
    出版社 講談社
    レーベル 講談社文庫
    販売開始日 2020/03/27

    不遇から甦った男の知謀と野望! 天皇に疎(うと)まれながらも不屈に生きる、中臣鎌足の子・不比等の凄烈な生涯。凄烈な男の実像。

  • 左近 浪華の事件帳 (1~4巻) 561円671円
    作家 築山桂
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    千年の時を超え、古の帝からの密命を守り続けてきた〈在天別流〉。その闇の組織に属し、大坂の町と人を守るその使命に命を賭ける、若き美剣士・東儀左近の活躍を描く、書き下ろし長編時代小説の新シリーズ。舞...

  • 風の歌よ、大地の慈しみよ 990円
    作家 神能秀臣 さいとみ
    出版社 いるかネットブックス
    レーベル AINE
    販売開始日 2020/03/20

    ネイティブアメリカンの少女とイギリス人の青年の恋愛と苦悩を描いた物語です

  • うき世櫛 748円
    作家 中島要
    出版社 双葉社
    レーベル 双葉文庫
    販売開始日 2020/03/20

    十五にして両親を失った結は、長屋で首を括ろうとしたところを元芸者の女髪結い・お夕に救われた。ほかに生きる道のない結は、自分の不器用さを恨みながら、お夕のもとで修業に励む。だが、贅沢を戒めるお上は...

  • 武商諜人 902円
    作家 宮本昌孝
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    明智光秀、本能寺にて織田信長を討つ! 明智軍に追われ、絶体絶命の徳川家康を無事、領国へ脱出させ、後の飛躍へと導いた商人・茶屋四郎次郎。その生涯を爽やかに描いた表題作「武商諜人」を始め、特別書き下...

  • 裏切り涼山 814円
    作家 中路啓太
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    信長より、中国攻めを命じられた羽柴秀吉は、敵対する播磨の別所氏の居城を包囲した。無益な血を流すこと嫌う秀吉は、竹中半兵衛の献策で、ひとりの男を敵城内へ送り込むことにする。主家を裏切って滅亡させ、...

  • 比ぶ者なき 946円
    作家 馳星周
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    彼の名は藤原不比等。自らの野望のために一三〇〇年の間、日本人を欺き続けた男――。ノワール小説の旗手が放つ、衝撃の古代歴史巨編 万世一系、天孫降臨、聖徳太子――すべてはこの男がつくり出した。藤原...

  • 北条早雲 (2~2巻) 902円
    作家 富樫倫太郎
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2020/03/19

    後に「北条早雲」と呼ばれることになる伊勢新九郎。父の任地・備中荏原郷で過ごした幼少期から、都で室町幕府の役人となり、駿河でのある役目に乗り出すまで――稀代の悪人にして、一代で伊豆・相模を領する大...