読み込み中... loading....
本日配信開始の新刊

ぼけせん川柳一〇〇〇句

ぼけせん川柳一〇〇〇句
電子書籍版
価格 605円303円(税込)
2019/12/12 23:59まで
ポイント還元 3ポイント(1%)
対応端末
  • PCPC
  • iOSiOS
  • AndroidAndroid
ページ数
  • 320
販売開始日 2019/07/17
紙書籍版 取り扱い中

イヤな世相に腹を立てるより、ちょっとひねったり、達観して眺めるのが川柳のココロ。その点、わが<ぼけせん町内会>の柳人は多士済々。粋なブラック川柳やナンセンス川柳、公正中立の大新聞にはけっして載らない激辛川柳、どこか哲学の趣ある含蓄川柳も続々登場します。「月刊現代」の人気連載を待望の文庫化。※本書は2004年3月、小社より刊行された『ぼけせん川柳三〇〇〇句』を、文庫化にあたり再編集しました。

山藤章二関連作品

  • ぼけせん川柳 喜怒哀ら句 330円
    作家 山藤章二
    出版社 講談社
    レーベル 講談社+α文庫
    販売開始日 2019/07/17

    「現代」の人気連載から1995年以後の激辛川柳&含蓄川柳約1000句をよりぬき。巻頭で14年間のベスト100句を発表!

  • 駄句だくさん 1100円
    作家 山藤章二 駄句駄句会
    出版社 講談社
    販売開始日 2019/07/17

    山藤宗匠率いる雑俳句会「駄句駄句会」の奇才・珍才たち。選りすぐりの名駄句に、突っ込み・やっかみ・こき下ろしを満載した傑作選!

  • 山藤章二の四行大学 660円
    作家 山藤章二
    出版社 朝日新聞出版
    レーベル 朝日新書
    販売開始日 2019/06/13

    自問自答こそ老後の楽しみである‐‐たった4行で道理がわかり、4行で合点がいき、4行で愉快になる。現代の戯絵師が人間と社会を「めくり絵」のようにわずか4行の文章で縦から横から読み解いていく。人生の...

  • 新東海道五十三次 825円
    作家 井上ひさし 山藤章二
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2016/08/13

    奇才・井上ひさしと山藤章二がコンビを組んで挑むは『東海道中膝栗毛』。古今東西の資料をひもときながら、歴史はもちろん、日本語から外国語、果ては下の話まで、縦横無尽な思考で東海道を駆け巡る!

  • 巷談辞典 1045円
    作家 井上ひさし 山藤章二
    出版社 河出書房新社
    レーベル 河出文庫
    販売開始日 2014/05/02

    漢字四字の成句をお題に、井上ひさしが縦横無尽、自由自在に世の中を考察した爆笑必至のエッセイ。「夕刊フジ」の「百回連載」として毎日生み出された110編と、山藤章二の傑作イラストをたっぷり収録。

講談社+α文庫関連作品

「日本」カテゴリ

  • 天使が見たもの 少年小景集 946円
    作家 阿部昭
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    病死した母親の後を追う少年の姿を端正な文体で描いた表題作ほか、デビュー作「子供部屋」、教科書の定番作品「あこがれ」「自転車」など全十四編を収める。短篇小説の名手による〈少年〉を主題としたオリジナ...

  • 葛飾土産 1100円
    作家 永井荷風
    出版社 中央公論新社
    レーベル 中公文庫
    販売開始日 2019/11/29

    麻布・偏奇館から終の棲家となる市川へ。「戦後はただこの一篇」と石川淳が評した表題作ほか、「東京風俗ばなし」などの随筆、短篇小説「にぎり飯」「畦道」、戯曲「停電の夜の出来事」など十九編を収めた戦後...

  • 漱石の「不愉快」 英文学研究と文明開化 640円
    作家 小林章夫
    出版社 PHP研究所
    レーベル PHP新書
    販売開始日 2019/11/29

    近代化の期待を一身に担って留学した英文学者・漱石の「不愉快」なロンドン体験から、明治日本が抱えていたジレンマの本質に迫る。

  • 笑いのシャワー 1100円
    作家 江口正子
    出版社 論創社
    販売開始日 2019/11/29

    「鬼女房と/うっかり口を滑らせる/女房の耳の故障で命拾い」ーーすべて実話をもとにしたユニーク詩集です。思わずどっきり、大笑い。辛口なのに、読むと不思議と心が軽くなる、よりすぐりの48編。

  • 夜長姫と耳男(乙女の本棚) 1980円
    作家 坂口安吾 夜汽車
    出版社 リットーミュージック
    レーベル 立東舎
    販売開始日 2019/11/22

    人気シリーズ「乙女の本棚」第12弾は坂口安吾×イラストレーター・夜汽車のコラボレーション! 小説としても画集としても楽しめる、魅惑の1冊。全イラスト描き下ろし。 好きなものは呪うか殺すか争うか...

  • 「松本清張」で読む昭和史 836円
    作家 原武史
    出版社 NHK出版
    レーベル NHK出版新書
    販売開始日 2019/11/15

    時代を超えて、闇は残る 「社会派推理小説」というジャンルを確立した国民的作家・松本清張。格差、差別といったタブーを恐れずテーマとして取り上げる姿勢、地方から中央を相対化する視線により、その作品...

  • P+D BOOKS 女誡扇綺譚・田園の憂鬱 605円
    作家 佐藤春夫
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2019/11/07

    台南を舞台にした表題作等、珠玉の短編5編。

  • 月夜とめがね(乙女の本棚) 1980円
    作家 小川未明 げみ
    出版社 リットーミュージック
    レーベル 立東舎
    販売開始日 2019/10/25

    人気シリーズ「乙女の本棚」第11弾は小川未明×イラストレーター・げみのコラボレーション! 小説としても画集としても楽しめる、魅惑の1冊。全イラスト描き下ろし。 月の光は、うす青く、この世界を照...

  • 匂いと香りの文学誌 1980円
    作家 真銅正宏
    出版社 春陽堂書店
    販売開始日 2019/10/18

    香り立つ文章の楽しみ方を伝える、ブックガイドとしても楽しめる一冊。

  • 銀の匙 1980円
    作家 中勘助 安野光雅
    出版社 朝日出版社
    販売開始日 2019/10/18

    安野光雅が描く、自らの幼少期の思い出と、少年の目でとらえた美しい世界。 漱石が絶賛した日本文学の不朽の名作が、心に残る情景とともによみがえる。 「本だけは子どものころの続きだった。はるかむかし...

  • 川柳句集 風の残り香 880円
    作家 辻岡真紀子
    出版社 新葉館出版
    販売開始日 2019/10/11

    何気ない日常が輝いて見える作品群――命を吹き込まれた川柳は、今日も鼓動する。川柳、詩、エッセイ等と韻文・散文のどちらかに偏ることなく、幅広い文芸活動でマルチな才能を発揮する著者待望の第一句集。中...

  • P+D BOOKS 津田梅子 605円
    作家 大庭みな子
    出版社 小学館
    レーベル P+D BOOKS
    販売開始日 2019/10/10

    新五千円札「津田梅子」の傑作評伝。